2017年12月27日

Japanese Curry Awards! 2017<4>審査こぼれ話&雑感


さて、このアワードの審査員の末席を汚すようになり早4年目。
審査会にも毎年参加させていただいていますが、本当に数時間にわたってほぼカレーの話のみ。
興味のない人にはどうでもいいかもしれませんが、興味のある人には是非その場の雰囲気を共有させていただければ。

続き

2017年12月26日

タカリバンチャ[10]/大森

何度も通うタカリバンチャ

【過去の訪問】
  タカリバンチャ[1]/大森「タカリランチセット(14年7月)」
  タカリバンチャ[2]/大森「夜のタカリ料理(14年12月)」
  タカリバンチャ[3]/大森「再びのタカリランチ(15年1月)」
  タカリバンチャ[4]/大森「新ランチ トゥクパ&ビリヤニ(15年12月)」
  タカリバンチャ[5]/大森「期間限定・アルンクー&マラクー等(16年1月)」
  タカリバンチャ[6]/大森「トゥクパ再び(16年5月)」<
  タカリバンチャ[7]/大森「トゥクパ再び(17年1月)」
  タカリバンチャ[8]/大森「タカリランチ=ダルバート(17年7月)」
  タカリバンチャ[9]/大森「シーフードビリヤニ(17年10月)」


本日は7月以来のダルバート

オーナーがフロアにいる時は、前は問答無用でマトンだったんですが、「マトンとチキンとどちらにしますか」としっかりした日本語で聞かれ、想定してなかったのでちょっと戸惑いました
結局はマトンなんですが

味は変わらず旨いです


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

しゃけスタンド/代田橋

クリスマスに相方と

立ち飲みですが何か?
隣にある人気店「しゃけ小島」の二号店として代田橋の沖縄タウン内で営業する立ち飲み店

しゃけとおでんが売りなの、寒い季節、まずはおでんから入ります

鮭団子が旨いです

おでんのいくら豆腐

出しの染みた豆腐にコクと塩気のいくら、うまいです

すじこクリームチーズ

でもいくらより圧倒的にすじこの方が好きです

しゃけスパイス焼き

見た目以上にスパイシー
しっかりしたしゃけにスパイスはあいますよ

かまぼこバター

こういうの好き

ひよこまめの素あげ

食卓塩が出てきてちょっとふって食べますが、これはちょっとしたつまみに最適です

この間、基本は日本酒飲んでますよ

右の「穏」ラベルもいいし味も好き
左の「SnowDrop」は日本酒ベースのヨーグルト酒

めふん

インスタ映えしないつまみですが、私は大好き

最後に「カレー(辛口)」+いくらヨーグルト

旨いです

しゃけがしっかりしていてカレーを受け止めて旨いです
いくらヨーグルトがまたいいんですよ
更に鮭皮をぱりっと揚げたものがパパドがわり
南インド料理にしゃけを押し込んだ形のカレー、よかったです

クリスマスに立ち飲みも悪くないですよ
すじこクリームチーズなんか大葉の緑もあってややクリスマスカラーだし


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

ダルバート/大塚

行きたいと思っていた大塚のダルバートに初訪問

店名にもなっているネパールの定食ダルバート
マトンでお願いしました

骨つきのマトンがしっかりマトン味で旨いです
そして本日のスペシャルタルカリは「アルカレラ」
ジャガイモと干しカラスウリの炒め
カラスウリの歯応えがなんともいえないです

ダルの豆は日替わりらしく、本日はマスール
これがシャバシャバで滋味あふれる味で好み

冬のメニュー「カレースープチャウミン」

これが絶品でした
ネパールから取り寄せた麺(シンケチャウチャウ)も旨いし、山椒ががっつり効いたスープもめちゃくちゃ好みの味でした

これはまた来なきゃいけないです


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

Kalpasi(カルパシ)[10]/千歳船橋

毎週違うメニューで楽しませてくれるカルパシ

【過去の訪問】
  カルパシ[1]/千歳船橋「初訪問はスリランカプレート(16年11月)」
  カルパシ[2]/千歳船橋「ベンガル・ターリ(16年12月)」
  カルパシ[3]/千歳船橋「驚きのジャパニーズ・ターリ(16年12月)」
  カルパシ[4]/千歳船橋「ノンベジ・ケララ・ミールス(17年1月)」
  カルパシ[5]/千歳船橋「West−Indian−Thali(17年3月)」
  カルパシ[6]/千歳船橋「Tamil Nadu Veg Meals(17年5月)」
  カルパシ[7]/千歳船橋「初ランチはスリランカ(17年7月)」
  カルパシ[8]/千歳船橋「秋のJapanese Thali(17年9月)」
  カルパシ[9]/千歳船橋「Andhara Pradesh Non-Veg Meals(17年12月)」


スターターはパニールバターマサラ

パニール好きなので最初からたまらん一品

今週はHome style North Indian Thaali
北インドの素朴な家庭料理

・フィッシュドピアザ フライドとスライスの2種の玉ねぎを使ったフィッシュカレー
・ヤクニ 羊肉をヨーグルトで煮込んだカシミール料理
・アルーベイガン ジャガイモと揚げ茄子の炒め蒸し
・ダールショルバ 豆と野菜のスープ
・チャナマサラ ひよこ豆のドライマサラ
・サブジ(青菜) 青菜の炒め蒸し
・アチャール 人参と赤カブのお漬物 
・プーリー 全粒粉の生地を使った揚げパン
・ボイルドライス 湯取りで炊いたバスマティライス

kalpasiでプーリというか、パン的なもの食べるの初めて

好きなんすよ、プーリ

全て旨かったですが、中でもヤクニはどストライク

ヒツジスキーにはたまらないカレーです

それにしても尖ったスパイス使いを見せながら、こういう優しい家庭料理という引き出しもある店主の懐の深さときたら!

最後の苺のジェラート

苺の粒に見えるのが黒胡椒で、これがピリッと味を引き締める傑作

もうたまらんです
今年、何度も通ったお店ですが、来年も通いますのでよろしくお願いします


posted by 三吉 at 00:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

二毛作でジビエとカレー

喜多見のbeet eatが立石のおでんの名店・二毛作でのイベント
喜多見のほうが近いのに何故立石まで行くのか!と思いつつ立石へ

まずは前菜
柿とクリームチーズの和え物


猪と桜海老の炒め

これが絶品でした
ピリ辛で桜海老の香が強烈なジビエ
まさか猪も桜海老と出会うとは思った無かったと思う

前菜、牡蠣もありましたが写真は取り忘れました

こういった前菜と二毛作厳選のお酒でいただきます


日本酒もワインもうまかったですが、一番驚いたのが京都の舟屋で有名な伊根のお酒「伊根満開」

赤米で作った赤いお酒で酸味があるんですが、ロックでもいけるし、予想外の燗がかなりいいんですよ
自分でも入手しようかと思いました

メインは熊鍋

ベースは日本酒と玉ねぎのみで、他のダシは取りません

そこに熊肉を投入

味付は少々の醤油、さらに芹をのせていただきます
醤油も「井上 古式じょうゆ」という旨そうなやつでした

熊は脂身が旨くて、他のダシなんてなくても素朴に旨いっす
ジビエの力強さをタマネギの甘みが受け止める絶品鍋

〆は当然カレーが出ます
鹿とりんごのキーマカレー

これはbeet eatで食べる鹿キーマにさわやかさがプラスされた感じ

スルメイカのカレー

これが絶品
イカワタの旨みがしっかりして、するする食べられちゃう

本当はこの後に二毛作のおでんを食べたかったんだけど、おなか一杯で無理でしたね
でも大満足でした


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | イベントカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

サンラサー/新宿三丁目

ゴールデン街での間借り営業からご卒業

サンラサーに実店舗化後の初訪問です

お昼前に到着してするっと入れましたが、予約してはいなかったので週替わりのサグチキンは品切れ
次回は予約していこう!

レギュラーメニューのブラックペッパーキーマカレーに砂肝とヤングコーンのウールガイ盛り合わせをつけて
サラダのドレッシング、本日はラズベリー

このキーマカレー、優しいようでペッパーが効いてる 好きだなあ

砂肝とヤングコーンのウールガイもうまいです
どちらも歯応えがあるタイプでキーマカレーとの相性も抜群

ちなみに砂肝、最近使っているお店多くて、流行っているのか?という問いに対し
「クリスマスで鶏の需要があって内臓が余ってて安いからじゃないですか?」と店主
なるほど

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

かるあ/相模大野

相模大野にある不思議なラーメン屋に行きました

プレハブの一階の作業場?駐車場?みたいな場所にビニールシートをはっている中がお店

中にはフードトラック的なものが持ち込まれてそこで調理をしています
謎の営業形態

イチオシのメニューが「豚骨クリーミーカレーラーメン」

コーンがどっさりのって旨そうです

スープはカレーうどんの古奈屋てきなクリーミーさで旨いです
こんなところで旨いカレーラーメンが食べられて大満足です


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:麺カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

サクティ[5]/大森

大森に現存するインド料理店では最古参ではないだろうか?

【過去の訪問】
  サクティ[1]/大森「ランチバイキング(09年1月)」
  「2010年定点観測その2・品川区のインド料理(10年1月)」
  サクティ[2]/大森「ランチバイキング(16年1月)」
  サクティ[3]/大森「ランチバイキング(17年1月)」
  サクティ[4]/大森「ランチバイキング(17年7月)」


ランチのブッフェは安定感があります

カレーは左から野菜カレー、キーマカレー、かぼちゃチキン(激辛)、玉子カレー

私にとってカレーブッフェのスタンダードです

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

ダオタイヤムヤム アジアンテーブルウダガワ/渋谷

毎年恒例のJapaneseCurryAwardsの審査会が渋谷で行われました
こんな渋谷の町を見下ろす一等地に無化調のタイ料理屋があるなんて

本格的に飲み食いする前にまずメニューを見て最初の驚きが

5時間飲み放題1500円!
マジか!?

まあこの日は飲み放題ではありませんが、生ビールから

シンハーの生ビールがアルミのジョッキで登場

ガイホーバイトゥーイ

ランペの葉で包み揚げした若鶏
こんな感じで一品一品にちゃんと手をかけてる感、本格感が漂います

いろいろ食べたんですが、もう写真も撮ってなかったり
中間はとばして、最後の3種類のゲーンを紹介しましょう

ゲーンパーガイ

ゲーンパーといえばココナツミルクを使わないタイカレーの代表選手で、普通のタイ料理やでは一番辛いカレーだったりするんですが、こちらでは辛さは控えめなほう
野菜たっぷりに鶏肉も入ってしっかりした旨さ

ゲーンラオ

こちらもココナツミルクを使わないタイプ
タイ東北部の素朴な見た目ですが、旨みがすごくて、いつまでも飲んでいたい

ゲーンペッイーサン

イーサン地方のレッドカレー

ということで、何を食べても旨くて、場所もいいし、飲み放題の時間は長いし、また来ることになるお店だと思います


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする