2017年07月16日

Air Spice 15 オニオンチキンカレー

毎月、楽しみAirSpice

今月はオニオンチキンカレー

ベースとして炒める玉葱と、くし切りにして具にする玉葱のダブル使い
玉葱の旨みや甘さが堪能できる一皿
旨し

【今までのAirSpice】
  AirSpice00 基本のチキンカレー
  AirSpice06 真鯛のカレー
  AirSpice08 マトンカレー
  AirSpice09 サグカレー
  AirSpice10 バターチキンカレー
  AirSpice11 カリフラワーとポテトのカレー
  AirSpice12 あさりのカレー
  AirSpice13 ドライキーマカレー
  AirSpice14 ミックスベジタブルカレー
  AirSpice SPECIAL EDITION 2 ターメリック香るフィッシュカレー
  AirSpice SPECIAL EDITION 3 ファイナルポークカレー

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

登戸・まちなか遊縁地

再開発の進む登戸・向ヶ丘遊園付近
登戸駅前なんかどんどん更地化が進んでます

そんな区画整理で空き地になったスペースに本物のメリーゴーラウンドを呼ぼうというプロジェクト

小さいけれど屋台あり、ライブステージあり、実験コーナーあり

目玉はこちら

「肉の伊勢屋」は登戸で愛されたお肉屋さんですが、区画整理を機に新百合ヶ丘に移転してしまいました
ここのハム、ソーセージ類は全国メディアで紹介されこともある絶品
2か月前のこのイベントでは用意したメンチカツがあっという間に完売
新百合ヶ丘まで戻って追加を揚げてきたとのこと
今回はハムカツ、レバーフライ、コロッケの3本立て
この炎天下でも大行列

我々はハムカツとレバーフライをいただきました
しっかりした厚いハムを揚げたハムカツはジューシーで、レバーフライはカリッと揚がっていてビールが進みます

良くいくイタリアンCHAOは生パスタを

火力の弱い中で苦戦していましたが、ここのポロネーゼは旨いっす

稲田堤のタコ焼き「ふわっと」

ソースと塩が選べて塩にしました
小さめのタコ焼きなので軽く食べられて好みのタイプ
お店のサイトを見たら、7月の月替わりは「エビとチキンのラクサ風たこやき」
ちょっと行ってみたいですね

さてカレーです
カレーを出しているのは「おにぎりBar Cookie」

夜に店の前を通ると、いつも狭い店から溢れるほどのお客さんがいて気になっていてお店

ほうれん草チキンカレー
ちゃんとしてます
なぜおにぎりバーがカレーなのかは謎ですが

ということで、遊園地のなくなった川崎市多摩区を盛り上げようという活動は応援していきたいものです

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベントカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

ニューキャッスル/銀座

銀座のニューキャッスル

1946年創業、震災の影響、建物の老朽化などの理由で2012年にいったん閉店
しかし、その味にほれ込んだ常連の一人が志願し、2代目店主の指導の下、三代目として復活を遂げる

ってのが2013年のことなので4年も前のことなんですね
すぐに行けばよかったのですが、新生ニューキャッスル・初訪問です

【旧店舗の訪問】
  ニューキャッスル/銀座「辛来飯 大森(09年10月)」


味はもちろん、メニューも量も旧店舗と同じにしているそうで、基本の「大井」は「喫茶店の軽食」としても軽めのミニサイズ
それより少ないのが「品川」、大盛が「大森」、その先が「蒲田」という京浜東北線を基にした洒落メニュー
蒲田より先はメニューにはないけど「つん蒲(つんのめった蒲田)」「川崎」というメニューもありました

新生ニューキャッスルではメニュー名と量は変わってないけど、時代に合わせて表示が変わってます
レギュラーを「つん蒲」と置いていて、「蒲田(普通よりやや少な目)」「大森(小盛)」となっています

大森を頼むと「小盛の大森でよろしいですか?」とややこしいことを聞かれます

大森
お皿に店名が入っているのは前と違いますが、味は同じ気がします

銀座に来ればこのカレーがまた食べられるという安心感
良い復活だと思います


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

ディデアン[3]/蒲田

蒲田のホテル1階でスリランカ料理のブッフェを提供しているディデアン

8月から「アーユルヴェーダキッチン」から「アーユルヴェーダカフェ」と名前を変えて、昼はアフタヌーンティーとコラキャンダ(スリランカの青菜お粥)の提供になるそうです。

【過去の訪問】
  ディデアン[1]/蒲田「ランチブッフェ(15年5月)」
  ディデアン[2]/蒲田「ランチブッフェ(15年6月)」


ということでたぶん食べ収めになるランチブッフェ

以前良より値上がりしているようですが、その分内容もパワーアップした印象

なかなかきれいに盛り付けられました

白っぽいレバーのカレーは今日イチ気に入りました

豆のカレーが保護色になってますが、マグロのカトゥレットゥも何個でも食べられる旨さ

野菜系の副菜も充実しているのが嬉しいです

そしてデザートは別皿で

非常に美味しいランチブッフェ、大変気に入っていたお店なので、業態変更はちょっと残念です


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

レ・フレール(Les Freres)[7]/大森

女性を中心に安定した人気のお店

大森ではランチタイムに行列のできる店はそんなに多くないですよ

【過去の訪問】
  レ・フレール(Les Freres)[1]/大森「トマトとマッシュルーム(12年9月)」
  レ・フレール(Les Freres)[2]/大森「クリームシチュー風チキンソテー+ちょいがけカレー(13年1月)」
  レ・フレール(Les Freres)[3]/大森「コンビーフカレー(13年6月)」
  レ・フレール(Les Freres)[4]/大森「ハンバーグ&ちょいがけカレー(15年2月)」
  レ・フレール(Les Freres)[5]/大森「トマトとアボカドのグリル(16年2月)」

  レ・フレール(Les Freres)[6]/大森「チーズハンバーグ&ちょいがけカレー(17年3月)」

もう何回も紹介していますが、ランチタイムのメニューは3つ
・ハンバーグ−このお店のイチオシ デミグラスかソース無しの柚子胡椒添えが選べる
・日替わり−これも凝ってます この日は「豚バラ肉ときのこのブランシェ フレッシュトマトソース」
・カレー−具材が日替わりで2種類 この日は「ラタティユのせ焼きカレー」「夏野菜のグリル」

ということで「ラタティユのせ焼きカレー」にしました

これも毎回書いている気がしますが、セットがちゃんとしているのも人気の理由の一つじゃないかと

特にスープ 旨いんですよ

焼きカレーは見た目はオーソドックス

ベースとなるカレーは同じだと思いますが、チーズをのせて焼くとまた違ったコクが加わり、これはこれで旨いです
元々玉葱たっぷりで粉の感じが少ない軽めのカレーなのに加え、ラタティユにはトマトの酸味もあり、重たくなくさっぱり食べられるのも夏らしくて嬉しいです

いつも日替わりもハンバーグもカレーも食べたくなっちゃうのですが、焼きカレーも良いのでこまっちゃうなあ
posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

サクティ[4]/大森

大森の西友は少し外観をリニューアル
なかのレストラン街は変わらないですが

【過去の訪問】
  サクティ[1]/大森「ランチバイキング(09年1月)」
  「2010年定点観測その2・品川区のインド料理(10年1月)」
  サクティ[2]/大森「ランチバイキング(16年1月)」
  サクティ[3]/大森「ランチバイキング(17年1月)」


ランチバイキングのシステムは変わりません

4種類のカレーとナン、ライス、チキン、アチャール、マカロニサラダ、生野菜、デザートとチャイ・コーヒー

時代なのか4種類のカレーから「激辛」がなくなって「辛口」になってました
その辛口は「茄子チキン」だったんですが、最初のセットでは茄子がもう入ってなかったのでおかわり

ここのカレーは野菜系が美味しいので、これも良いです

できては消える大森のカレー屋の中の最古参(だと思う)
このまま頑張ってほしいです

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

タカリバンチャ[8]/大森

久々にタカリバンチャ

もう一つのタカリバンチャこと「NATA」が営業をやめてしまいましたが、こちらは安定感があります

【過去の訪問】
  タカリバンチャ[1]/大森「タカリランチセット(14年7月)」
  タカリバンチャ[2]/大森「夜のタカリ料理(14年12月)」
  タカリバンチャ[3]/大森「再びのタカリランチ(15年1月)」
  タカリバンチャ[4]/大森「新ランチ トゥクパ&ビリヤニ(15年12月)」
  タカリバンチャ[5]/大森「期間限定・アルンクー&マラクー等(16年1月)」
  タカリバンチャ[6]/大森「トゥクパ再び(16年5月)」<
  タカリバンチャ[7]/大森「トゥクパ再び(17年1月)」


本日はダルバートです

盆が大きいので寂し気ですが、量も充分ですよ

ダルは豆感が適度に残っていますが、溶けて粘度もあります

マトンの方はサラサラのカレー
マトンは以前の骨付きに戻ったようで、私はこっちの方が好きー

ホウレンソウ、ムラコアチャール、チャトニも当然のように旨いっす
出入りの激しい大森のカレー屋ですが、がんばってほしいものです

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

ル パン ドゥ ジョエル・ロブション/新宿

新宿のNEWoMan まだ新しい商業施設です

その中にあるパン屋
ロブションのパン専門店はここと渋谷ヒカリエにしかないのだとか

そんなロブションのカレーパンを食べてみました

まずはその名も「ロブションのカレーパン」
ROBCHONcurry
オーソドックスなカレーパンのスタイル
中辛でコクのあるフィリングにはコーンとチーズが入ってます

もう一つは「ハーブソーセージとカレーのパニエ」
ROBUCHONpanir
カレー粉をまとって、しっかりハーブの香りがするソーセージがちゃんと旨いです
それを受け止める生地もソーセージに負けないリッチなクロワッサン生地

さすがロブション、という貫禄というか王道のカレーパンでした


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カレーパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

虎子食堂/渋谷

最近東京でも間借り系のお店が増えています
まあこちらは店の名前は同じなので、違う料理人が昼営業でカレーを出しているというイメージ

東急ハンズ裏、マンハッタンレコードの2階
夜はDJブースも完備してイベントもできるカリビアンなレストランバー

ということで、ウッディな入口から階段に入るとストリート感が強くなります

入ろうとすると「初めての方へ」という黒板があってランチタイムの注意書きが書いてあります
要約するとこんな感じ
・セルフサービス・前金制の学食方式
・カウンターの注文票に記入し、食後は食器を下げる
・10品以上を盛るので6〜40分時間がかかる
・だから時間のない人はまたの機会に

この日はカレーは4種類あり、3種類までを選んでワンプレートに
せっかくなので3種類にしましたよ

これを一人で盛り付けるんだから、そりゃ多少時間もかかるし、客側も協力しなきゃだね

3種のカレーは左上がベイガンクルマ、右上が冷やしカレー、下がベジタブルカレー
それぞれが個性があって旨いですね

おかずもたっぷり で、「混ぜると残念な味になります」とのこと

左から オクラの素揚げ・トマトチャツネ揚げ、チキンピクルス、卵のアチャール、紫キャベツの酢漬け

カチュンバルサラダ、人参のラぺ、茄子の花山椒ソース和え、さつまいものココナツ煮、パコラ

チャイもついていて大満足
ちなみに「とらこしょくどう」かと思っていたら「とらのこしょくどう」でした
まあどっちでもいいんですけどね


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

エピタフカレー/新宿

新宿ゴールデン街の間借りカレー
夜は「Kangaroo Court Decision」というバーです
二階の位置に窓があり、天窓のように上から明かりが入るので、狭いけど狭さを感じない感じ

本日のカレーはチキンペッパーフライとポークビンダルー
ケララフィッシュカレーもあったようですが売り切れていたので、残りの2種をあいがけで

美しい盛り付け
ライスはバスマティと日本米のブレンドだそうです

チキンペッパーライス

ポークビンダルー

ゴールデン街の間借りカレー、サンラサー銀河系カレーと個性的な店主と個性的なカレーの店がそろっていて、すごく良いですね

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする