2017年12月31日

バガワーンカレー/大阪

ここのところ恒例の大晦日の大阪訪問
前から行きたくて大晦日に開いている店をチェックしていきます

土日のみ営業のバガワーンカレー

12/30・31のメニューは「総集編プレート2017」のみ

皿が強烈に個性的ですが、カレー屋付け合わせも個性的

メインとなるのが3つ
・永遠の牛すじアフリカンライス
・炙り万願寺唐辛子とほうれん草カレー
・二日酔い海老とノンオイル但馬鶏キーマカレー

さらに今週のフリートッピングが
・アフリカンママ直伝perineriソース
・炙りチーズ小海老ルヌミリス
・クルクル青ネギ
・年末にスクランブルされた卵たち
・キャロッツン
・ダイエットし過ぎたアーリーレッド
・オリジナル紅葉おろし
・ミドレンジャー(葉っぱ)
・特製辛みペースト

豪華ですねえ

アフリカンライスはちょっと酸味とコクがあって旨いです
これと紅葉おろしが絶妙に合うのにびっくり

ホウレンソウとキーマ
海老旨し

個性的なトッピングたち

ということで、初めて食べるのが総集編ってのもなんですが、皿の形と同じくらい個性的なプレートに大満足です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

インデアンカレー[5]/有楽町

大阪のカレーといえば、今や「大阪スパイスカレー」な訳ですが、少し前までは「甘くて辛い」のが大阪のカレーのイメージでした
その「甘くて辛い」を代表するインデアン
私は関東生まれ関東育ちの人間ですが時々、無性に食べたくなる味です

【過去の訪問】
  インデアンカレー[1]/有楽町「大阪を代表するカレーには卵の黄身を乗せて(08年10月)」
  インデアンカレー[2]/有楽町「初挑戦のインデアンスパゲティ(09年9月)」
  インデアンカレー[3]/有楽町「いつものカレー(12年12月)」
  インデアンカレー[3]/有楽町「いつものカレー(13年10月)」


といいつつ本日はカレーライスではなく、インデアンスパゲッティ

このカレーはパスタにも合うですよ
インデアン5ピクルス.jpg
そしてインデアンに行くと私はだいたいピクルスは大盛にします

クセになる味なんよなあ


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:麺カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

Japanese Curry Awards! 2017<1>発表!


「Japanese Curry Awards」発表の季節がやってきました。
今年4年目を迎えるこのアワードは、カレー好きたちが集まって、勝手に日本のカレー文化に貢献したお店を表彰しちゃおうという取り組み
公式サイトの方でも発表していますが、各審査員も同時に掲載することになってます

能書きは良いとして、さっそく2017年の表彰店を発表していきましょう!

[Japanese Curry Awards! 2017 10店](五十音順)
 Aarti(アールティ)(東京・秋葉原)
 CURRY 草枕(東京・新宿)
 カレーのチャンピオン(石川・野々市 他)
 旧ヤム邸(大阪/東京)
 Columbia8(大阪・北浜 他)
 佐藤養助(秋田/東京 他)
 SONA RUPA(ショナルパ)(兵庫・神戸)
 beet eat(東京・喜多見)
 野菜を食べるカレーcamp(東京・代々木)
 吉田カレー(東京・荻窪)
[新人賞]
 SPICY CURRY 魯珈(東京・大久保)
[名誉賞]
 ボンディ(東京・神保町)

いずれおとらぬ素晴らしいお店ばかり
是非是非いってみてください

選考メンバーは相変わらずそうそうたる面々。
私が入っていることに違和感を覚えます。

[選考メンバー]
たあぼうさん(お気に入りのカレー屋さん700
エスニカンさん(◆毎日カレー◆と★タイ料理★
ノリさん(うまいものは宵に食え
しまじろさん(カレー401
H.Matsuさん(カレー細胞
ノムコさん(NOMCO CURRY MAP
K1郎さん(うまから手帖◆旨辛エスニックで行こう!)←[WEST]
TAKさん(かれおた -curry maniacx-)←[WEST]
みつおさん(Bicycle & Ethnic 2)←[WEST]
三嶋達也さん(『口癖はカレー』主催)←[WEST]
私、三吉
[取り纏め役]
水野仁輔さん

ということで、お店の紹介や審査過程なんかは、この後の記事に書きますよ。

Japanese Curry Awards! 2017<2>受賞店紹介


では、厳選なる審査の上、決定された2017年のアワード店を詳しく紹介してまいりますよ。
審査会での他の選考委員のコメントや、選考会での意見を参考に書いています。

受賞店の紹介

Japanese Curry Awards! 2017<3>私の推薦店

JCAlogo2017s.png
続いて私の推薦したお店もご紹介します。
本当はこれは事前に公開するはずだったんですが、ブログ更新作業が追い付かず遅れてしまいました。(毎年のことですが)
大変申し訳ありません。


ノミネート店紹介

Japanese Curry Awards! 2017<4>審査こぼれ話&雑感


さて、このアワードの審査員の末席を汚すようになり早4年目。
審査会にも毎年参加させていただいていますが、本当に数時間にわたってほぼカレーの話のみ。
興味のない人にはどうでもいいかもしれませんが、興味のある人には是非その場の雰囲気を共有させていただければ。

続き

2017年12月26日

タカリバンチャ[10]/大森

何度も通うタカリバンチャ

【過去の訪問】
  タカリバンチャ[1]/大森「タカリランチセット(14年7月)」
  タカリバンチャ[2]/大森「夜のタカリ料理(14年12月)」
  タカリバンチャ[3]/大森「再びのタカリランチ(15年1月)」
  タカリバンチャ[4]/大森「新ランチ トゥクパ&ビリヤニ(15年12月)」
  タカリバンチャ[5]/大森「期間限定・アルンクー&マラクー等(16年1月)」
  タカリバンチャ[6]/大森「トゥクパ再び(16年5月)」<
  タカリバンチャ[7]/大森「トゥクパ再び(17年1月)」
  タカリバンチャ[8]/大森「タカリランチ=ダルバート(17年7月)」
  タカリバンチャ[9]/大森「シーフードビリヤニ(17年10月)」


本日は7月以来のダルバート

オーナーがフロアにいる時は、前は問答無用でマトンだったんですが、「マトンとチキンとどちらにしますか」としっかりした日本語で聞かれ、想定してなかったのでちょっと戸惑いました
結局はマトンなんですが

味は変わらず旨いです


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

ダルバート/大塚

行きたいと思っていた大塚のダルバートに初訪問

店名にもなっているネパールの定食ダルバート
マトンでお願いしました

骨つきのマトンがしっかりマトン味で旨いです
そして本日のスペシャルタルカリは「アルカレラ」
ジャガイモと干しカラスウリの炒め
カラスウリの歯応えがなんともいえないです

ダルの豆は日替わりらしく、本日はマスール
これがシャバシャバで滋味あふれる味で好み

冬のメニュー「カレースープチャウミン」

これが絶品でした
ネパールから取り寄せた麺(シンケチャウチャウ)も旨いし、山椒ががっつり効いたスープもめちゃくちゃ好みの味でした

これはまた来なきゃいけないです


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

Kalpasi(カルパシ)[10]/千歳船橋

毎週違うメニューで楽しませてくれるカルパシ

【過去の訪問】
  カルパシ[1]/千歳船橋「初訪問はスリランカプレート(16年11月)」
  カルパシ[2]/千歳船橋「ベンガル・ターリ(16年12月)」
  カルパシ[3]/千歳船橋「驚きのジャパニーズ・ターリ(16年12月)」
  カルパシ[4]/千歳船橋「ノンベジ・ケララ・ミールス(17年1月)」
  カルパシ[5]/千歳船橋「West−Indian−Thali(17年3月)」
  カルパシ[6]/千歳船橋「Tamil Nadu Veg Meals(17年5月)」
  カルパシ[7]/千歳船橋「初ランチはスリランカ(17年7月)」
  カルパシ[8]/千歳船橋「秋のJapanese Thali(17年9月)」
  カルパシ[9]/千歳船橋「Andhara Pradesh Non-Veg Meals(17年12月)」


スターターはパニールバターマサラ

パニール好きなので最初からたまらん一品

今週はHome style North Indian Thaali
北インドの素朴な家庭料理

・フィッシュドピアザ フライドとスライスの2種の玉ねぎを使ったフィッシュカレー
・ヤクニ 羊肉をヨーグルトで煮込んだカシミール料理
・アルーベイガン ジャガイモと揚げ茄子の炒め蒸し
・ダールショルバ 豆と野菜のスープ
・チャナマサラ ひよこ豆のドライマサラ
・サブジ(青菜) 青菜の炒め蒸し
・アチャール 人参と赤カブのお漬物 
・プーリー 全粒粉の生地を使った揚げパン
・ボイルドライス 湯取りで炊いたバスマティライス

kalpasiでプーリというか、パン的なもの食べるの初めて

好きなんすよ、プーリ

全て旨かったですが、中でもヤクニはどストライク

ヒツジスキーにはたまらないカレーです

それにしても尖ったスパイス使いを見せながら、こういう優しい家庭料理という引き出しもある店主の懐の深さときたら!

最後の苺のジェラート

苺の粒に見えるのが黒胡椒で、これがピリッと味を引き締める傑作

もうたまらんです
今年、何度も通ったお店ですが、来年も通いますのでよろしくお願いします


posted by 三吉 at 00:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

二毛作でジビエとカレー

喜多見のbeet eatが立石のおでんの名店・二毛作でのイベント
喜多見のほうが近いのに何故立石まで行くのか!と思いつつ立石へ

まずは前菜
柿とクリームチーズの和え物


猪と桜海老の炒め

これが絶品でした
ピリ辛で桜海老の香が強烈なジビエ
まさか猪も桜海老と出会うとは思った無かったと思う

前菜、牡蠣もありましたが写真は取り忘れました

こういった前菜と二毛作厳選のお酒でいただきます


日本酒もワインもうまかったですが、一番驚いたのが京都の舟屋で有名な伊根のお酒「伊根満開」

赤米で作った赤いお酒で酸味があるんですが、ロックでもいけるし、予想外の燗がかなりいいんですよ
自分でも入手しようかと思いました

メインは熊鍋

ベースは日本酒と玉ねぎのみで、他のダシは取りません

そこに熊肉を投入

味付は少々の醤油、さらに芹をのせていただきます
醤油も「井上 古式じょうゆ」という旨そうなやつでした

熊は脂身が旨くて、他のダシなんてなくても素朴に旨いっす
ジビエの力強さをタマネギの甘みが受け止める絶品鍋

〆は当然カレーが出ます
鹿とりんごのキーマカレー

これはbeet eatで食べる鹿キーマにさわやかさがプラスされた感じ

スルメイカのカレー

これが絶品
イカワタの旨みがしっかりして、するする食べられちゃう

本当はこの後に二毛作のおでんを食べたかったんだけど、おなか一杯で無理でしたね
でも大満足でした


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | イベントカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする