2018年11月25日

ラーメン ル・デッサン/静岡県島田市

新宿の人気フレンチが静岡県島田市に移転してはじめたラーメン屋

とりがらかもがら、岩手ほろほろ鳥、函館ホタテ、藤枝一黒しゃも、かつお昆布(冷)とダシだけで5種類あり、それぞれにトッピングなんかが加わるのでメニューが超豊富

「しゃもだし特製カレーラーメン」

カレーラーメンはしゃもだしの醤油スープの上に牛すじカレーと温玉がのります

洋食よりのコクのあるカレーですがクローブなどのスパイス感もあり、脂の少ないさっぱりのスープになじんで、じんわり旨いです
スパイスの香るビーフシチューって感じもします

今回は「さくらめしバターライス(小)」とトッピングの「唐辛子バター」も一緒にオーダー

途中でトッピングの「自家製赤唐辛子バター」を入れると、辛みとコクが増してパンチのある味に

ちなみにこのバタートッピング、他にも「青ねぎバター」「しょうがバター」「あめ色玉ねぎバター」「きつね色にんにくバター」があって、気分によって色々な味変が楽しめそう

国道沿いの住宅地に似合わぬしゃれた外観といい、頭に白タオルよりシェフハットが似合いそうなダンディな店主といい、個性的なお店で、また行きたいけど、行くのは大変だなぁ


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:麺カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

クスム本場家庭料理/神戸

神戸にある一度行きたいときになっていたお店に初訪問

私も選考委員として参加させていただいているJapaneseCurryAwardsにおいて、関西のメンバーから毎年推薦されるお店
曰く「料理から接客、雰囲気に至るまで現地そのまま」
店名も「本場」でありつつの「家庭料理」
こんな店、行ってみたいに決まってるじゃないですか

店内に入ると客席で3歳くらいの女の子が無邪気に遊んでます
大人の陰はありません
ちょっと待つとお母さんと思しき店員さんが出てきます
このお店はほぼメニューがなく、夜は基本はディナーセットのみという感じなのですが、特に説明もなく始まります

まず結構な大きさのサモサが2つ運ばれてきます
揚げたてあつあつ

プラスチックのドレッシング容器みたいなので2種類のソースがついてきたのでかけてみます

手前の赤いのが甘いの、奥の緑野が辛いのです

そしてターリが運ばれてきます

上からダル、ミックス、アルベイガン(たぶん)

ミックスはいろいろ野菜に加えて味の濃いパニールかも入っていて嬉しい驚き
アルベイガンの茄子が大ぶりでジューシー
水茄子っぽい

ちなみにチャパティはこの後焼きたて二枚追加ありです(チャパティ?うん みたいなやり取りあり)

シンプルにしてスパイシー、そしてヘルシー
大満足&大満腹です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

QUIET VILLAGE[2]/岡山

最近、新しい店も増えている岡山ですが、ベテランも行列ができるほどの人気

数年ぶりなのに変わらない雰囲気が嬉しい

【過去の訪問】
  QUIET VILLAGE[2]/岡山「半々(チキン・ダル)+魚と野菜(09年8月)」


私は「3種盛り(フィッシュ+チキン+ダル)」

酸味と旨みのフィッシュ、スパイスがバッチリ決まったチキン、そして優しいダル
どれも旨いです

相方は「魚と野菜のカレー」

こちらはスープ状のカレーでこれも旨いんですよ

ちなみにトッピングのスパイス揚げ玉子
本来は1個分つくのですが、ラス1ということで、私のと相方の二半分ずつのせてもらいました

食後にはミニチャイ付

やっぱりこの店はいいなあ
新しい店にも行きたいんだけど、東京以外にも行きつけの店も作りたい
そう思わせるお店です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

LION SHARE(ライオンシェア)[5]/南新宿

相方と夜のライオンシェア

【過去の訪問】
  LION SHARE[1]/南新宿「茸カレー&牡蠣カレー(08年12月)」
  LION SHARE[2]/南新宿「ドライキーマ+チキンカレー(12年11月)」
  LION SHARE[3]/南新宿「キーマカレー丼+酢タマゴ(15年1月)」
  LION SHARE[4]/南新宿「ドライキーマ+トマトチキン(09年9月)」


最初に「チキンとアチャールのマヨネーズ和え」

これはビールが進むやつ
玉葱のアチャールをさらにこういう風にアレンジする料理ってあんまり見ない気がする

私も相方も「特製キーマカリーディナーセット」に酢たまごをトッピング

選んだカレー一品にドライキーマカレー、スープ、刻み野菜がついてます

なんといってもパラパラのドライキーマがうまいんですよ

ポイントは刻み野菜
別盛りにもできますがライスオンでキーマとライスの間にしいてくれます
写真でわかりますか? これが良い感じに効いてるんですよ

カレーの方は私は牡蠣カリー

プリプリの大ぶりの牡蠣が5〜6粒はいっていて満足度高いです
もちろんベースとなるカレーソースにも牡蠣の旨みが出てます

相方はほうれん草とトマトとチキンのカリー

こちらも辛味のびしっときまったカレーで旨いです

壁に飾られたライオンのバッグが可愛いです

大好きなお店

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

香妃園[2]/六本木

久々に六本木の名店


【過去の訪問】
  香妃園[1]/六本木「伽哩肉飯(10年5月)」


名物の「伽哩肉飯(ポークカレー)」をいただきます
ビーフもありますが、人気があるのはポークのようです

しっかりした中華スープをベースにしたカレーソースが絶品です
そして中華の技術で下処理されたに肉も旨いです

最近、中華系のカレーを出すお店が増えてますが、私にとって中華カレーといえばやっぱりここだなあ

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

ケララの風U[27]/大森

来週から年末にかけてミールスイベントが行われるケララの風
毎週異なるミールス野郎(全国のミールスにこだわるお店のシェフ)がミールスを提供するという超楽しみなイベントです


イベント前に「私にとってのミールスの基本」であるケララ風U=沼尻シェフのミールスを食べないわけにはいかないです

本日のミールス

・トマトのカーラン
・ニンジンのトーレン
・白菜のクートゥ
・ラッサム
・カード
・アチャール
・ココナッツチャトニー
・ダール
・サンバル
・パパダム

おかわりの時には2種のチャトニも追加してもらいました
みかん風味のチャトニ爽やかで良いです

さて、このミールを食べ終わって本日の営業終了後に衝撃的な発表がありました
「ケララの風U」はこの日をもってミールスとビリヤニの提供を終了するとのこと
私にとって初めて意識して食べたミールスがUになる前の「ケララの風」であり、そのころから通算するとざっと数えると100回くらいここでミールスを食べているようです
「体力の限界」と語るシェフは7万食以上提供しているとのことなので、そこから見るとわずかですけどね

ただこれで閉店するわけではなく、1月からは「ケララの風モーニング」となって朝6:46からティファンとサンドイッチを提供するお店になるそうです
大好きなミールスは食べ収めになりましたが、来年からの展開も楽しみです

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

飄逸/金沢

「飄逸」
世俗のわずらわしさを気にしないでのびのびしていること。またそのさま。
飄逸意味.jpg
そんな名前のスパイス食堂が金沢にあります
飄逸g.jpg
以前は東京の曙橋で営業していたのだとか

カレーと日本酒のセットが頼める個性的なお店

夜の日本酒セット
厳選された日本酒の中から外国人杜氏が手掛けたICE BREAKERを
飄逸日本酒.jpg
一品としてでてきた厚揚げ南蛮が日本酒にあいます

この日のカレーは定番の豆乳カレー3種類

ペパーミント
飄逸ミント.jpg

豆乳ホワイト
飄逸ホワイト.jpg

レモングラス
飄逸レモングラス.jpg

いずれも想像よりスパイシー
特にペパーミント、ここまでミントが効いてるとは!

各地に個性的なお店が増えるのは旅の楽しみが広がって嬉しい限り
posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

海月が雲になる日/金沢

金沢に来たので行きたかったお店にいってきました

武家屋敷の続く街並みの古民家

判じ物のような看板があります

門をくぐり右の赤い引き戸の席にお店があります

「海月が雲になる日」

おしゃれなアプローチ

古民家とは合わないアジアンな扉

ギャラリーも併設されたモダンタイ料理店です

ランチはタイカレーかタイヌードルが数種類ずつ

最初にセットドリンクで選んだほうじ茶が出てきました

これ同じ建物の二階で展示会をやっている陶芸家・清水善行さんの手になるもの
器はもちろんほうじ茶も自ら焙煎されたものだそうです

「特製タイヌードル海」

トムヤムクンをベースに能登の魚醤いしるを使ったスープでいただくたっぷりの野菜が入ったライスヌードル

スープがしっかりタイハーブが効いてるけど優しい味

ドリンクとジャスミンライスが付いているので、最後にジャスミンライスにスープをかけてリゾットのようにするのがオススメ

これは単に場所や雰囲気だけではなく、味もしっかり旨いです
能登のいしるや加賀野菜を使った地元密着スタイルも良いです
11月は夜営業のない月でしたが、普段は予約制
今度は夜に来てみたいお店です


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

カレーのチャンピオン野々市本店/石川

ブログの更新が少し滞っておりますが、これだけは書いておかないと。

金沢(野々市は正しくは別の市ですが)まで行ってきました。
JapaneseCurryAwards2017受賞店「カレーのチャンピオン」へ

カレーをいただくだけでなく、社長から色々とお話を伺うという貴重な体験をさせてもらいました
もうチャンカレのファンになっちゃいましたね

まずはいただいたカレー
Mカツカレー+ウィンナーのミニサイズ

金沢カレーには漠然としたイメージしかなかったのですが、思ったよりスパイシーかつ旨みがしっかりあるのがチャンカレの特徴
カツが旨いのはもちろんなんですが、社長オススメトッピングのウィンナーが抜群に旨いです
世の中に揚げるためのウィンナーはないので特注で、味の濃いカレーに合わせるために鶏ひき肉がはいっているのだとか
一つ一つがしっかり考えられた完成度の高いカレーだと痛感しました

さて、本当に色々なお話を聞くことができたんですが、ここには書きにくい話もあり、特に心に残ったことを書き留めておきます

洋食屋の延長としてのカレー専門店
元々は洋食屋としてスタートしたお店
この辺の歴史はチャンカレのサイトに詳しいですが、厨房の中の感じがカレー専門店というよりも洋食屋という感じなんですよね

10年以上使い続けているとは思えない思えないピカピカに磨かれた厨房と調理器具はさすがの一言

合理化と職人技の両立
メニューを絞って安く手早く提供できる専門店にする という合理化
一方で働く人はやることが少ない分、練度が高まり職人技が極まっていくという両方の動きがあるんです

しかもメダルをお渡した本店店長や工場長といった主力は30代半ばという若手にして業歴20年近いベテランでもある
さらに金沢カレー黎明期から働く本物のベテランもいらっしゃっるんですけどね

レシピの公開も
カレーに限らずですが、私がすごいと思う料理人はレシピを隠さず公開しちゃう人が多いんです
それは過去からつながれてきたレシピを将来につなげていこうという大局的な視点と、レシピを真似しても同じ味は作れないという矜持があると思うんです
チャンカレの社長もレシピはオープンにしても良いとおしゃってました
金沢カレーといわれるものの元祖として、その発祥やレシピの流れをはっきさせたいという大局的な話と、「レシピを公開したとしても同じ味は作れない」という企業努力や優秀な従業員に対する自信を感じました

ということで、チャンカレは本当にJapaneseCurryAwardsにふさわしいお店だと痛感しました
なかなか行くのが難し場所ですが、機会があれば是非本店にいってみてください
素敵なお店です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

カレーは飲み物。[4]/秋葉原

カレーは飲み物。秋葉原店


【過去の訪問】
  カレーは飲み物。[1]/池袋「赤い鶏カレー(13年4月)」
  カレーは飲み物。[2]/池袋「黒い肉カレー(13年7月)」
  カレーは飲み物。[2]/池袋「限定・麻婆カレー(18年2月)」


夜限定のカレーナポリタン

カレー風味のナポリタンに、味変用の赤カレー、さらに追い飯のついたセットです

もちもちの生麺の食感が良くて面白いです
個人的にはナポリタンには乾麺の方が好きですが、これはこれでありです


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:麺カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする