2017年03月25日

spicy curry 魯珈[2]/大久保

各所で取り上げられ瞬く間に人気店になったかんのある魯珈
魯珈
今日は相方と二人で行ってきました

【過去の訪問】
  spicy curry 魯珈[1]/大久保「ろかプレート(2017年2月)」


相方は基本の「ろかプレート」を魯珈チキンカレーで
プレート
チキンは初めてですが、かなりスパイシーで好みの味
八角の効いた魯肉飯はやっぱり旨いです

私は「選べる2種カレー」
ダブル
食べたことのないカレーと限定カレーを選びました
右の「クリーミー野菜コルマ」はこのお店のレギュラーメニューで一番マイルドなメニューのようですが、それでもスパイス感がしっかりあってクリーミー
これ好きだなあ
パナーン
今の限定は「ゲーン・パナーン」
牛肉と筍の辛いタイカレー
写真真ん中に写ってる生胡椒の鮮烈な辛味がアクセントになっていて旨いです

レギュラーのカレーはインド系、魯肉飯も作り、タイカレーもしっかり作る
やっぱりこのお店はセンスがいいなあ


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

香川/北新地(大阪)

2軒続けてJapaneseCurryAwards2016表彰店
北新地で飲んだら「〆には香川のカレーうどん」が定番というお店
赤提灯
店頭には赤提灯
香川
ビルの奥まった入口には同じ柄の白い提灯

普通に手打ちうどんのお店なので、カレーうどん以外のメニューも沢山あるのですが、カレーうどんを頼む人が多いのか、大きめの寸胴に湯煎でカレー出汁がスタンバイ状態
カレーうどんを頼むとお揚げとネギを湯がいて、茹でたうどんにのせて、そこにカレー出汁

私は直前にカツカレーを食べていたので、〆に嬉しい「うどん半分」でカレーうどんをオーダー
カレーうどん
ザ・カレーうどん といういで立ちが嬉しいですね
関西らしく牛肉が入ったカレーダシは、とろみがちょうどよく、ダシとカレーのバランスも良いです
うどん
うどんは讃岐系でコシはあるけど、たわんと柔らかくて飲んだ後に良い感じ

うどん半分にもできますし、もっと食べたければおでんから牛すじなり玉子なりじゃがいもなりを頼んで、カレーうどんにのせて食べることも可能
そんな風に腹具合や気分に合わせることもできるのも、絶大な人気を持つ要因なんでしょうね

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:麺カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

渡邊咖喱/大阪

大阪へ行く以上、昨年のJapaneseCurryAwards表彰店は行かなきゃですよね
渡邊
ということで、待望の渡邊咖喱です

恵比寿で「まはから」というバーをやっていた渡邊さんのお店
松尾貴史さんが下北沢に「般゚若」を立ち上げるときのメニュー作りも担当し、「般゚若」関西進出にあたって大阪店の立ち上げを担当した後にこのお店を開店したんだそうです

で、メニューを見て悩んでいると、店員さんが
「今日のプレミアムとんかつカレーは特別に鹿児島県の銘柄豚『霧島さんないポーク(聞き取りに自信無し)』を使っていますが、値段はいつもと同じです」と
そんなこと言われたら頼んじゃいますよね

平日夜と日祝日限定の「プレミアムとんかつカレー」
カレー
これがプレミアムだっ!!
カツ
この肉厚さ!豚の旨みががっつり
そして般゚若同様の薄い頃もにはスパイスと粉チーズが入っていてカリっとクリスピー
カツだけでも旨いし、カレーにも合うし、添えられたほうれん草のペーストをつけても旨いです
キーマ
ベースのカレーはしゃばしゃばでダシが効いたタイプ
そこにプレミアムは豆と羊のキーマカレーが合掛けされています
これが羊の旨みというかクセはあるけど嫌な感じがしないという

これは旨いなあ
余裕があれば「マサラよだれ鶏」も食べたかったなあ
また来なきゃいかんな
外観
大阪は行きたい店多くなっちゃうなあ


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

カオススパイスダイナー/大阪

久々に大阪出張!
これはスパイスカレーを食べないわけにはいかないじゃないですか!
CAOS
ということで駅でいえば四ツ橋、北堀江のカオススパイスダイナー

本日のメニューはあいがけも可能なカレーが3種類。
トッピングにはスパイス玉子、ラクレットチーズ、ガイヤーンの3種類

たまにしかない大阪ですから、カレーは3種類あいがけ+スパイス玉子&ガイヤーンのsmallで
curry
色々なものがのって楽しいプレートです
これぞ大阪スパイスカレーって感じがありますね
keema
右側がたぶん定番だと思われる「カオスポークキーマ」
スパイスの効いたグリンピース入りのキーマカレーに、カスリメティ、青ネギ、ごまがかかったまさにカオス
これが案外調和してますね
ika
左側が「イカのサンバーマサラ」
こんなにイカのワタの味が強く出たカレーは初めて食べましたよ
topping
真ん中にはトッピング
ガイヤーンは味は控えめだけど、焼き目が香ばしくて旨いです
chicken
そのトッピングの下に3つ目のカレー「チキンアナナス」
アナナス=パイナップルですね
酸味と甘みのある爽やかなカレー

色々食べられて大満足ですよ

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

ガネー舎[2]/新橋

東京におけるスープカレーの元祖的なお店
(23区内で初の札幌スープカレーの店であり、東京都内でも現存する一番古い店だと思う)
ガネー舎
超久々に来ましたが、相変わらずの繁盛ぶり

【過去の訪問】
  ガネー舎[1]/新橋「茄子フランク&ラムミンチ(2008年9月)」


ランチ5食限定の「メンチカツスープカレー」
セット
そういえばライスの真ん中にらっきょがのってるんだったなあ、と思い出しました
スープはスパイシーで札幌のガネーシャ直系という味です
カレー
メンチカツはビッグ
そして肉も衣もしっかりしていて、スープが染みてもさっくりしてるし、スパイスに負けない味

入口にはインドのガネーシャ神と日本のお札
ガネーシャ
まさに日印融合
さすが!としかいいようのない名店でした
大満足

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:スープカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

Air Spice 08 マトンカレー

今回も在庫を取り寄せたマトンカレー

【今までのAirSpice】
  AirSpice09 サグカレー
  AirSpice10 バターチキンカレー
  AirSpice11 カリフラワーとポテトのカレー
  AirSpice08 真鯛のカレー


このために骨付きぶつ切りマトンを買ってきましたよ
mutton
そしてスパイスライスを作って合わせました
ちょっと玉葱・マトンの炒めが足りなかったか、思ったより白っぽく仕上がりましたが、味は良いと思う
カルダモンの香りとカシューナッツのペーストのコク、マトンの旨み
今回も大満足です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カレー周辺商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

アーガン/新大久保

新大久保がネパール料理店が増えていたのは知っていましたが
AANGAN一階
まだ韓流の勢いも強く、このお店の一階は韓国系のお店の大行列
AANGAN
人をかき分け奥のエレベータに乗り、4階におりるとガラスの自動ドアの向こうに仏塔(ストゥーパ)

今やワンコインでダルバートの食べられるお店もあるようですが、こちらは高級店
しかも「ネワリ族」「タカリ族」の2種類の料理が食べられるんですね

ということでネワリボジセット
main
まずメインの皿が運ばれてきます
mutton
目をひくのは皮付き骨付きのマトンカレー(Kashi ko masu)
ワイルドで好きですよ
chicken
こちらも骨付きのチキンカレー(Kukura ko masu)
日本のチキンカレーではみない部位、これはケンタッキーの「一番食べにくいやつ」のところですね
tomato
トマトアチャール(Tomato acher)は具がしっかり入ったちゃんとしたおかず
他のお店では良くピューレ状のものを見るのですが、こんなしっかりしたのは初めてかな
bean
青豆(Bodi)
acher
ミックスアチャール(Mix acher)

そしてさらに乗り切らないものも運ばれてきます
set
全容
大変豪華なことになってます
tama
メニューとの対応が難しいけど表記はタケノコ(Tama)と書いてあったアルタマ
タケノコの発酵スープで独特のクセがあって、これ私大好きなんですよ
nani
木の実の漬物(Paukuwa)とシサプサ(Sisapusa)
たぶん左のねっとりしたのが木の実なのかな、と思います
右のたぶんシサプサは生の豆
rakshi
左が香草スープ(Meti soup)
「これは飲むのです」って言われた。酸味ととろみのある口直し的な感じでしょうか?
右はラクシー(Rakshi)
このセットはネパールのお酒がセットで蒸留酒ラクシーかどぶろくチャーンかが選べるので、チャーンを選ぼうと思ったんですが「チャーンはないですので」とのこと
lalmon
最後のデザート(Lalmon)
インドでいうところのクラブジャムーン
小さなドーナツのシロップ漬けって感じのもの
死ぬほど甘いっす

ということで、おなか一杯で大満足!


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

ライジン[4]/喜多見

久々に喜多見のライジン
ライジン
でかく「営業中」と書かれているところより奥は隣のラーメン屋
細い階段を上がっていきます

【過去の訪問】
  雷神[1]/喜多見「チキンとポークのミックス(15年6月)」
  ライジン[2]/喜多見「ライジンカレー(15年12月)」
  ライジン[3]/喜多見「黒ポーク(16年2月)」


ここのカレーは全部で5種類なのですが、壁にしっかりまとめてあって選びやすいです
メニュー
しいて言うと元のチキンとポークも特徴があるので、解説してくれるとより選びやすいかと。
チキンはカルダモンが強めに聞いたシャープな味、ポークがシナモンが強めでよりマイルドという印象

本日は店名をつけた「ライジンカレー」+ゆで卵トッピングで
ライジン
ライスにじゃがいも・千切りキャベツ・自家製福神漬けがついてます
カレー
ゆで卵はちょうどいい半熟
カレーは生姜が効いていて、チキンカレーをよりシャープにした感じで好きな味

目立たない場所ですが、着実に定着しているのを感じます
頑張ってほしいお店


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

BISTRO 波ノ上食堂/大森

大森ランチ定点観測2017・17軒目はいつの間にか居酒屋になった「晴れ晴れ
と思ったら、どうやらランチ営業をしていないようです。

ということで隣のビルのビストロでカレーランチをやっているようなので、そちらへ

入ったフロアには店主と奥さまと小さな子が。
上のフロアに上がると、昼時ですが誰もいないっす
波ノ上
このお店、大森の名店「SANNO」の支店だったはずですが、今はどうなのかよくわかりません

ランチメニューは「波ノ上カリーランチ」一本勝負
カレーは「豆と野菜」と「チキン」の2種類から選べるとのこと
チキンの方は豆と野菜のカレーをベースに、よりスパイシーにしたもの とのことなのでチキンに
カリー
ワンプレートにおしゃれに盛られています
粉抑え目の欧風カレーで、豆でとろみがついてます
欧風ですが、しっかりスパイス感があって、なかなか旨いっす

まあ、今日がたまたまかもしれませんが、ちょっとお客さんに来てほしいお店です


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

とんかつ まさむね/赤坂

赤坂の人気とんかつ店
まさむね
開店前から、そして昼過ぎまで、行列ができるお店です

各種とんかつやカキフライの定食に加えて日替わ利があるんですね
本日の日替わりは新潟のタレカツどん それも魅力的

でも、頼むものは来る前から決まっていて「カツカレー」
セット
自家製ポテサラ付き
並んでいるときにご飯とキャベツの盛りを聞かれ、これはご飯普通のキャベツ大盛
かつカレー
これはまたカツとカレーのバランスが他に見ないタイプ
カレーはスパイシーで粉の入っていないタイプで、カレーとして旨いです
カツは衣がしっかりついたタイプで、ガツンと来るタイプ
クセの強いどおしでありながら合うんですね

これはなかなかのお店でした


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする