2018年11月12日

カレーのチャンピオン野々市本店/石川

ブログの更新が少し滞っておりますが、これだけは書いておかないと。

金沢(野々市は正しくは別の市ですが)まで行ってきました。
JapaneseCurryAwards2017受賞店「カレーのチャンピオン」へ

カレーをいただくだけでなく、社長から色々とお話を伺うという貴重な体験をさせてもらいました
もうチャンカレのファンになっちゃいましたね

まずはいただいたカレー
Mカツカレー+ウィンナーのミニサイズ

金沢カレーには漠然としたイメージしかなかったのですが、思ったよりスパイシーかつ旨みがしっかりあるのがチャンカレの特徴
カツが旨いのはもちろんなんですが、社長オススメトッピングのウィンナーが抜群に旨いです
世の中に揚げるためのウィンナーはないので特注で、味の濃いカレーに合わせるために鶏ひき肉がはいっているのだとか
一つ一つがしっかり考えられた完成度の高いカレーだと痛感しました

さて、本当に色々なお話を聞くことができたんですが、ここには書きにくい話もあり、特に心に残ったことを書き留めておきます

洋食屋の延長としてのカレー専門店
元々は洋食屋としてスタートしたお店
この辺の歴史はチャンカレのサイトに詳しいですが、厨房の中の感じがカレー専門店というよりも洋食屋という感じなんですよね

10年以上使い続けているとは思えない思えないピカピカに磨かれた厨房と調理器具はさすがの一言

合理化と職人技の両立
メニューを絞って安く手早く提供できる専門店にする という合理化
一方で働く人はやることが少ない分、練度が高まり職人技が極まっていくという両方の動きがあるんです

しかもメダルをお渡した本店店長や工場長といった主力は30代半ばという若手にして業歴20年近いベテランでもある
さらに金沢カレー黎明期から働く本物のベテランもいらっしゃっるんですけどね

レシピの公開も
カレーに限らずですが、私がすごいと思う料理人はレシピを隠さず公開しちゃう人が多いんです
それは過去からつながれてきたレシピを将来につなげていこうという大局的な視点と、レシピを真似しても同じ味は作れないという矜持があると思うんです
チャンカレの社長もレシピはオープンにしても良いとおしゃってました
金沢カレーといわれるものの元祖として、その発祥やレシピの流れをはっきさせたいという大局的な話と、「レシピを公開したとしても同じ味は作れない」という企業努力や優秀な従業員に対する自信を感じました

ということで、チャンカレは本当にJapaneseCurryAwardsにふさわしいお店だと痛感しました
なかなか行くのが難し場所ですが、機会があれば是非本店にいってみてください
素敵なお店です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

VIVA GOA INDIAN CAFE/原宿

単なるインド料理屋さんではなく、ゴア料理をうたうお店

今回はランチタイムの訪問

ランチメニューは普通のインド料理屋と同じような(ナンとバターチキンとか)メニューがほとんど

唯一「ゴア」とあったメニューを頼んでみました

VIVA GOA SPECIAL THALI SET
・ゴアスペシャルカレー
・ドライグラヴァー
・魚ターバフライ
・ライス
・パパド
・ソルカディ
・サラダ

エビのカレーと魚のフライが旨いです
でもやっぱり夜に来たいお店ですね


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

Beef Bank/川崎

川崎駅から京急川崎駅に乗り換えのために歩く途中に行列のできる店があって気になっていました

赤身の塊肉を低温調理で焼き上げるステーキのお店のようです

ランチメニューは「ビーフバンク丼」というお店の名前を冠したステーキ丼がウリです
ビーフバンク丼は肉の量が100g(XS)〜700g(KING)まで選べます
それに自慢のビーフを長時間煮込んだ特製カレーを合わせることもできて、こちらも肉の量は100g〜300gまで選べます

「牛カレー&ビーフバンク丼(150g)」+牛の旨いやつ激辛

カレーもうまそうですが、やっぱり肉に目が行きますよね

低温調理でしっとりしていて食べ応えがあります
味は控えめなので、卓上のソースや、トッピングの激辛とか、カレーとかと合わせてまた旨いです
カレーはいわゆるおうち系のトロトロのですが、牛肉は想像以上にたっぷり

どうやら川崎発で渋谷や新宿にも出店しているらしいですよ

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

ホンカトリー[6]/湯島

最近一番気に入っているお店

湯島のホンカトリー

【過去の訪問】
  ホンカトリー[1]/湯島「脱力のサンマカレー(17年9月)」
  ホンカトリー[2]/湯島「牡蠣(デカプリオ)のカレー(18年1月)」
  ホンカトリー[3]/湯島「鯖燻製のカレー(18年2月)」
  ホンカトリー[4]/湯島「うるめイワシタマリンドのカレー(18年6月)」
  ホンカトリー[5]/湯島「塩豚のカレー(18年7月)」


本日のメニューは「カツオ」と「塩豚」

カツオのカレーをいただきました

相変わらず美しい盛り付け

カツオは薄切りがたっぷり入ってます

店主とのお話も含めて楽しい時間の味わえるお店です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

旧ヤム邸シモキタ荘[4]/下北沢

東京進出から1年を過ぎ、もはや下北沢に定着した感のある旧ヤム邸

【過去の訪問】
  旧ヤム邸シモキタ荘[1]/下北沢「祝東京進出のぜんぶがけ(17年7月)」
  旧ヤム邸シモキタ荘[2]/下北沢「あいがけ×2(17年8月)」
  旧ヤム邸シモキタ荘[2]/下北沢「ぜんがけ(17年12月)」


関西に行ったときに買ったmeetsでも「大ちゃん、東京はどう?」って記事になってました

大阪でも駅ビルにも出店して好調ですが、東京も好調な感じで何よりです

そんなわけで8月のカレー「ぜんがけ」+赤辛

・キャベツの胡麻味噌ココナツ炒めのせ砂ズリとキュウリのマスタード鶏キーマ
・タコのアジアンマリネと食べるグリーンカレーな夏ポークキーマ
・モロヘイヤとオクラのさっぱりとろネバがけローズマリー香るトマトとカボチャの牛豚キーマ
(ヤムカレースーブ付き)

もう安定感のある3種類のキーマ、それぞれの上に異なるトッピングというスタイル
それぞれががっつりスパイシーでしっかりした味なのに、混ぜてもいける不思議

辛さは季節ごとに調整しているそうで、8月のカレーは東京進出後一番辛いらしいです
たしかにかなり辛かったので赤辛なくてもよかったかな

一度、平日夜のアラカルトメニューを、とは思っております

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

オカスバカレー[2]/お花茶屋

お花茶屋のテイクアウト専門店

前回の訪問時はもうほとんど売り切れた状態でしたが、今回は事前に電話で予約

こちらの一番人気「バナナの葉っぱ包カレー」をゲットしました

見た目は普通のお弁当屋さんだけど、スリランカ家庭の味を提供する不思議なお店
到着すると、中に招き入れられて、ご夫婦とお子さんのアットホームな雰囲気に癒されます

「じゃあ包む前に写真撮影しましょう」ということになってこれです

メインはチキンカレーでビーツやキャベツといった野菜のおかずもたっぷり
「これが評判良いんですよ」というパイナップルのサラダや、私の好物のポルサンボルも、「これで包み切れるの?」と思うほどたっぷりのせて、数枚のバナナの葉っぱでつつんでくれました
ずっしり重いカレーをもって帰り家でいただきます

最近はスリランカ料理のお店も増えたけどたいていはレストランの味で、こちらは完全に家庭の味だという説明
チキンカレー、かなり辛いですが旨いっす
パイナップルの酸味も合います

自宅からは遠いので行くのも大変だし、帰りも空腹なのにスパイシーな香りをかがされて我慢するのもつらいのですが、絶対にまた行くお店です


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

きんもち[4]/初台

平日昼のみの営業というハードルが高くて大好きなのに久々のきんもち

【過去の訪問】
  きんもち[1]/初台「野菜カレー+ベーコン(11年10月)」
  きんもち[2]/初台「野菜カレー+チキン(15年7月)」
  きんもち[2]/初台「エビ+トマト・キャベツ(17年3月)」


今回は初心に帰って野菜カレー+ベーコンに初めてのチーズもトッピング

シャバシャバのカレーにチーズが合わないわけはなく最高です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

Kalpasi(カルパシ)[16]/千歳船橋

毎週来たいカルパシ

今週はネパールということで、カルパシでは二度目のダルバート

今日のドリンク

梅スパイスソーダとカシスティンムールラッシー

本日のスターターはモモ

羊肉のしっかりした味と、爽やかでスパイシーなソースが絶妙
あと10個くらい食べたい
そんなに食べたらダルバート食べられないけど

そしてダルバート

・マスコダール ケツル小豆のスープ
・マチャ・コ・ジョール アジョワンを使った鮭のカリー
・アルタマ・コ・タルカリ 根菜と発酵タケノコのスパイス煮込み
・バフ・コ・タルカリ 牛肉と椎茸と大根のスパイス煮込み
・サグ・ブテコ 青菜の炒め物
・ミックス・アツァール 大根とゴーヤと枝豆のお漬物
・クルサニ・コ・アツァール 青唐辛子の漬物
・グンドゥルック・コ・アツァール 発酵干し野菜の和え物
・バート インディカ米とジャポニカ米のブランド

もうね、笑っちゃうくらい旨いのよ

ダルの塩梅がよく、アルタマの香りがしっかり、鮭はアジョワンとの相性が良く、牛肉椎茸大根ってとりあわせは和食というか今半っぽいのにネパール感
でもってダルバートなので混ぜて旨い

カルパシって華やかで感動的な味も多いですが、これは毎日でも食べられる飽きの来ない味

デザートはピンクソルティキャラメルアイス

塩味がかなりしっかりの甘じょっぱいアイス
「キャラメル」はあんまり得意じゃないんですが、これは甘み抑え目で香ばしい「カラメル」って感じで好きな味

カルパシは予約を取るとそこから楽しみにして期待を高めてうかがうのですが、高まった期待を決して裏切らないですよ
また来ます

【過去の訪問】
  カルパシ[1]/千歳船橋「初訪問はスリランカプレート(16年11月)」
  カルパシ[2]/千歳船橋「ベンガル・ターリ(16年12月)」
  カルパシ[3]/千歳船橋「驚きのジャパニーズ・ターリ(16年12月)」
  カルパシ[4]/千歳船橋「ノンベジ・ケララ・ミールス(17年1月)」
  カルパシ[5]/千歳船橋「West−Indian−Thali(17年3月)」
  カルパシ[6]/千歳船橋「Tamil Nadu Veg Meals(17年5月)」
  カルパシ[7]/千歳船橋「初ランチはスリランカ(17年7月)」
  カルパシ[8]/千歳船橋「秋のJapanese Thali(17年9月)」
  カルパシ[9]/千歳船橋「Andhara Pradesh Non-Veg Meals(17年12月)」
  カルパシ[10]/千歳船橋「Home style North Indian Thaali(17年12月)」
  カルパシ[11]/千歳船橋「3度目のJapanese Thali(18年1月)」
  カルパシ[12]/千歳船橋「Dal Bhat(18年2月)」
  カルパシ[13]/千歳船橋「Freestyle Banana Leaf Meals(18年3月)」
  カルパシ[14]/千歳船橋「Freestyle Non-Veg Thali(18年5月)」

  カルパシ[15]/千歳船橋「夏のJapanese Thali(18年7月)」

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

肉カレー千葉屋/大阪

大阪日帰り出張の仕事の合間を縫ってカレーを食べます

SNS等でこのお店の外観の写真をみた瞬間から行きたくて仕方のなかったお店

どうですか?こんなの行きたくなりますよね

メニューもシンプルかつ豪快

肉カレーの名に恥じないメニュー構成です

牛煮カレー+ナス+生玉子

カレーそのものは昔からある大阪カレーの系譜の最初甘くて後から辛いタイプのルウカレー
ここに上から山椒と唐辛子がたっぷりかかっているのがポイント

牛肉和柔らかい角切りがゴロゴロ
茄子は薄く衣がついていて表面カリッと中トロトロ

中毒性のある味です


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

幸丼 大森海岸店[2]/大森海岸

大森海岸駅前のお店
大井町のラーメン屋「幸龍」の系列店で、チャーシュー丼がウリのお店

【過去の訪問】
  幸丼 大森海岸店[1]/大森海岸「丼専門店のキーマカレー(17年4月)」


だったはずなんですが、久々に訪れたら謎のメニューが増えていました
・バターチキンカレー
・チキンティッカ丼
・マライケバブ丼
・ガパオ丼
・ティンブル豚焼(ネパール山椒味)ー夜のみ
・ミックスアチャール−夜のみ
謎のアジアン居酒屋的展開を見せています

そんなわけでマライケバブ丼の食券を購入
いつの間にか奥にタンドリーが設置され、注文が入ってから肉を焼いて作ります

ご飯は少しスパイスの入ったイエローライス
その上にマライケバブがたっぷり
上から青ネギを散らすのはラーメン屋経営の丼屋のアイデンティティか


一度夜に来てドリンクとおつまみのセットで一杯やりたい
ちなみにセットになるおつまみはティンブル豚焼、焼豚、アチャル、極太メンマという節操ないけどビールが進みそうな組み合わせ

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

San curry/鵠沼

行きたい行きたいと思っていたら、六会日大前からさらに遠くに移転してしまったお店に念願の初訪問

看板がなければわからない住宅街の中

というか看板の先も恐る恐る入って行って一般住宅に入っていきます

こちらのお店は日月火の営業でメニューは週替わり
本日のメニューはネパールでダルバートです

で、席に着くと最初に運ばれたのがスターアニス麦茶

これ旨いんですけど
スターアニスが前に出過ぎず、でもしっかり香る

基本はベジのダルバートになっていて、オプション(+250円)でチキンカレーを追加するとノンベジダルバートになる仕組み
普段はカレー1種類が基本で、2種類にすると+250円というシステムらしいです

ノンベジダルバート

・ダル(豆カレー)
・パート(ライス)
・じゃかいもとナスのタルカリ
・キネマカレー(納豆)
・サグ(青菜)
・バトマスサデコ(ネパールサラダ)
・カレラコアチャール(ゴーヤ)
・ネパールチキンカリー(南部鷄)

ダルとチキンカレーは別盛りになってます
納豆もうまくて他の野菜と合います
サグはつるむらさきかなあ、クセがあって旨い
一つ一つ丁寧に調理されているのが分かるんだけど、それをガーっと混ぜて食す快感

最後に追加でデザートもいただきました

ココナッツアイスにパッションフルーツとグルテンフリークッキーのせ

他のメニューの時にまた来たい

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

エリックサウスマサラダイナー[2]/渋谷

相方とコース料理を食べるべく2回目の訪問

【過去の訪問】
  エリックサウスマサラダイナー[1]/渋谷「ビリヤニセット&ニハリ(18年7月)」


季節のモダンインディアンコースは「2018年 夏のコース」

ドライトマトとパニールの小さなドーサ

ビールやスパークリングワインに合うクリスピーな一口ドーサ

万願寺唐辛子とその日の夏野菜、ラムキーマの温サラダ

茄子と万願寺唐辛子に粗挽きの羊肉のキーマがあいます
上にのせたた焼きレモンが絞りやすく皮のアロマも出やすくて良いです

チャパティ

この添えらたサワークリーム的なものがまた旨くて、後の料理の前にパクパク食べちゃいましたよ

ガスパチョ仕立ての冷製ラッサム

加熱しないトマトの感じはガスパチョなんだけど、がっつりスパイシーで後味が完全にラッサム

特別なビンダルー プレミアムポーク肩ロースのグリルとホホ肉のブレゼ

フレンチの技法を取り入れたまさにモダンインディアン
写真だけ見るとフレンチの一皿にも見えますが、このコースで一番辛くスパイシー
煙で満たされた器で運ばれてきた(瞬間燻製?)グリルがすげえ旨いっす
今はあまり使われていないフレンチの技法なのだとか

鯵ごはんとモール

南インドの魚のほぐし身料理・ミーンプットゥをヨーグルトドリンク・ニールモールと合わせる
今月号のdancyuでも紹介されていますいた食べ方(dancyuでは家庭用に鯖缶を使ったレシピですが)
この冷や汁風の食べ方は気に入りました

白桃のデザートスープ シュリカンドとスパイスクランブル

日川白鳳の白ワインコンポートとデザートスープにインド式のヨーグルトクリーム・シュリカンドなどをのせて
シュリカンドがめちゃめちゃ好きな味

チャイ


一品目からドライトマト、焼きレモン、サワークリーム、タマリンド、ビネガー、ヨーグルト、フルーツと異なる酸味を特徴的に打ち出したコース
一品一品が美味しいのはもちろんですが、コース全体としてのコンセプトが計算されたさすがのコース
インド料理の進化形ここにありっちゅう感じです

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

しゃけスタンド[2]/代田橋

代田橋の立ち飲みに再訪

【過去の訪問】
  しゃけスタンド[1]/代田橋「立ちのみ&鮭カレー(17年12月)」


「しゃけ小島」の立ち飲みですから、まずはしゃけ関連の肴

いくら


上しゃけ

これは隣の小島で焼いて持ってきてくれるようです

めふん


日本酒は夏限定のお酒をいただきます

鍋島「Summer Moon」、磐城壽「夏酒純米吟醸」

スパイシーなつまみもいっておきます

カシューナッツ揚げ


エビとマッシュルームのスパイス炒め


夏酒を追加

佐久の花「夏の大吟醸」、松の壽「ナツノコトブキ」

そしてお待ちかねのカレー

今日のカレーはココナツ強めの夏らしいカレー

今回はいくらヨーグルトと納豆をつけてみました

酒好きでカレー好きにはたまらないお店です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

negombo33[3]/西所沢

西所沢の名店

水曜日にしかない野菜カレーを食べられる機会なんて夏休みしかないかな、と思ってきました

そう思う人は多いようで、開店前からの行列でした

野菜カレーとラムキーマの合掛け

野菜は新鮮で歯応えが良いです
さらに旨味や甘味だけでなく、苦味やえぐみも残った野菜本来の味
野菜嫌いの子供なら泣き出しちゃうかもしれないけど、野菜の旨さに気づくかもしれない そんな味
ラムキーマは安定の旨さ
花椒と羊の相性は抜群です

帰りにはお隣の山田珈琲焙煎所で豆とアイスコーヒーを購入

西所沢は遠いけど、定期的に通いたい


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

Fuji−yama Kohta/大阪

最近、大阪でカレーといえばスパイスカレーですが、今日はスパイスカレーじゃなくてスープカレー

行きたいとずっと思っていたんですが、なかなか営業時間とタイミングが合わなくて、やっと行くことが出来ました

本日のメニューはチキン、シマチョウ、ファンタスティックフォー(挽肉とチーズと麺(フォー)だったかな?)の3種類
いきなり初訪問でフォーってのもトリッキーすぎるかと思いシマチョウにしました
スープはニボトマ

これは旨い
シマチョウのコクがしっかり出たスープ
細かめに切られた野菜はしっかり歯応えが残っていて、バランスも良いです

なかなかスケジュール合わないけどまた来たお店です


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

Curryplant(カレープラント)/京都

京都・四条あたりのカレー専門店

「orto」というイノベーティブイタリアンのお店の賄いから生まれたお店なんだとか

カレーはレギュラーメニューが2種類と季節替わりのメニューがあるようです
今回は2つのレギュラーメニューをいただきました

京鴨カレー

鴨一匹丸々を使ったカレー
骨から出汁を取り、ミンチ、内臓肉が入ってます
しっかりしたダシに、かなり辛味も強くてスパイシー

淡路産猪豚カレー

こちらはイノブタの脂の旨みが強くて、アニスやカシアが香ります

見た目に似たような2種類のカレーですが味わいが全然違って面白いです

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

SONGBIRD COFFEE /京都

京都・二条城近くのデザイン会社が手掛けるおしゃれカフェ

こちらのランチメニューはカレーとたまごサンドの2本勝負
相方と二人だったので両方行ってみましたよ

カレー

ライスの上にフライドオニオンをのせて鳥の巣に見立てた上に半熟卵
さすがはデザイン会社とうなる見た目の美しさ
粘度低めのグレイビーに柔らかチキンで見た目だけじゃなく味もイケる

たまごサンド

小さな角食パンにオムレツを挟んだもので、見た目以上にボリューミーで旨いっす

なかなかやるなあ、というカフェです


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

ヌーラーニ/京都

京都の北野天満宮の近くにずっと行きたいと思っていたお店があります

ちょうど山椒を前面に押し出した夏のメニューが出ていました
山椒大好きなんですよね

マッカイパコラ

トウモロコシのかき揚げ風パコラ
そのままでも美味しいのですが、添えられたチャトニが最高
山椒を前面に押し出したインディアン生七味ソース=サートチャトニが旨いんですよ

マチリ山椒ジョル

ウェストベンガルの魚カレーをアレンジ
川魚を使うところを鰹に変え、パンチフォロンに実山椒を加えてます
スープに山椒感は強くないですが、実山椒が口の中ではじけます

マトン山椒ペッパーフライ

マトンが柔らかくて旨いです

スペシャルナン

サートチャトニとマンゴーソースのナン
これが一番山椒が効いていてびりびり来ました
辛味、甘味、苦味、さらに痺れ
ゆさぶられます

クルフィ

びりびりした舌は自家製のクルフィで癒してあげました

ということで初訪問にして季節メニューづくしになってしまいました
次回はレギュラーメニューでと思いますが、その機会があるといいなあ



posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

Trippin’ Spice /名古屋

名古屋の夜はスパイスが満喫できるバーへ

「旅するスパイス」って名前が良いですよね

何の予備知識もなく行ったんですが、下っていく階段に見覚えあり。デジャヴ?
ここって知多半島に移転した「南洋の父」があったところですよね

お酒はビールとスパイス酒がメイン
ビールは世界各地のビールが冷蔵庫に入っているので自分で選びます
スパイス酒はジンやラム、ウィスキーなどの洋酒にスパイスが漬けこまれたものが10種類以上あって、ロック、水割り、ソーダ割等で飲みます

ビールと枝豆クミン和え

ビールはフィリピンのクラフトビール

ジン×レモングラスのソーダ割

ラム×フェンネルのロック(たぶん ラム×クローブのロックも飲んだのでどっちか写真ではわからず)

他にもウィスキー×花椒、紅茶リキュール×マサラなど魅力的なのが多数

スパイスおつまみも充実してます

前菜盛り合わせ

しびれる鶏の麻辣ソース

マグロのアジアンなめろう

全部お酒に合う味
酒飲みにはたまらんですよ

そして最後に〆カレー
これがカレーだけで7種類もあるんですよ
悩みに悩んだ挙句「豚バラポークコランブ」と「ダルと鶏ひき肉のネパール風カレー」のあいがけで

まあおつまみの時点というか店名から既に分かっていましたが、スパイス好きのマスターが作るカレー、文句なしですよ

ちなみにバーなのでランチ営業時を除いて、アルコール抜きでカレーだけの注文はできませんよ
というかドリンクもおつまみも超充実なので、夜にこの店に来てカレーだけなんてもったいないですよ


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

あかつ亭/名古屋

間借りから、名駅近くに実店舗を持ったスパイスカレーのお店
出張を利用して初訪問

本日のカレーはの3種類
せっかくなので3種盛りで
さらにトッピングで面白そうな「卵のピクルス」「お豆腐クリーム」を

全体的に大阪スパイスカレーに近い流れのカレーという感じです
まあ、スパイスカレーはdancyuで新国民食と書かれるくらいで、もはや地域を超えた広がりを感じますが

レモンポークカレー

酸味と辛味のバランスの良いタイプ

チキンマサラカレー

北インド風

大根とサバのカレー

これが一番特徴的(現時点の定番らしい)
和出汁を使ったカレーは今はそれなりに増えてると思うんですが、とにかく和出汁強いです
大根にしっかり染みてるので、大根を食べるとカレー以上に和出汁を感じます
おでんくらいダシ吸ってますよ

ということで、どちらかというとカレーは不毛の地というか、「地下街系」の昭和のカレーが多かった名古屋駅付近にもあたらしい風が吹いてきているきがします


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする