2018年01月20日

銀座 佐藤養助[3]/銀座

創業150年を誇る稲庭うどんの名店はJapaneseCurryAwards2017受賞店でもあります

本日は「タイカレー二味セット」

無骨な武蔵野うどんや、たわんとコシのある讃岐うどんとは異なり、つややかな稲庭、美しいです

なんといってもアワード受賞の決め手にもなったグリーンカレー

秋田に本店を持つ名店が銀座に出店する際にウリになるメニューとして考案されたもの
比内地鶏としょっつるという秋田色を出しながらタイカレーという大胆なメニューを考え付いたのはすごいですよね
その後、このオリジナリティあふれるグリーンカレーは人気メニューとなり、秋田の本店を含む各店舗に展開される逆輸入パターン
和によせすぎず、しっかりタイカレーとして成立してるのが人気の秘密だと思うんですよね

一方のレッドカレー

海鮮の旨みがしっかりしていて、辛味もより強い旨いカレーですが、グリーンに比べるとやや普通

とにかく、ここのグリーンカレーは必食メニューなのです


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

Kalpasi(カルパシ)[11]/千歳船橋

これだけ通ってもまだ底の見えないkalpasi

今日は「Japanese Thali」
日本の素材とスパイスを使って、日本とインド亜大陸を融合させた人気メニュー

スターター
「おでんアッチャーリー」 青唐辛子のアチャールが入ったスパイシーおでん

いつも頼んでしまう珈琲ラム酒が切れているとのことで、ドリンクに悩んでいると店員さん
「本日はジャパニーズなのでメニューにはないですが日本酒があります」とのこと

辛旨のおでんに日本酒、合わないわけはないんですよ

そしてターリの到着

もう一目で旨いのが分かります
インド米とジャポニカ米・雑穀米のブレンドの上に穂紫蘇がのったライスのターリ、まさに融合!

「ぶり大根と三つ葉と柑橘のカレー」 ジャバラ・シークワーサー・温州みかんを使った酸味のあるカレー

軟らかく煮られたブリの旨い事
そして旨味と酸味を吸った大根
この強すぎない酸味が今回の全体のベースになる優しい味

「牡蠣と酒粕とココナッツのカレー」 白味噌・酒粕・豆乳・ココナッツを使ったシチュー

宮城産の牡蠣が旨く、グレイビーにも牡蠣の旨みがしっかり
牡蠣の旨みと白味噌・酒粕・豆乳っていう和のイメージをココナツとカシア・黒胡椒がグーンとインド亜大陸に寄せていく
昨年も酒粕・白味噌のカレーを食べましたが、酒粕使いがさらに深化したんじゃないか?

「納豆ポークラムキーマカレー」 挽き割り納豆と豚と仔羊の合挽肉を使ったカレー

納豆感が出過ぎず引っ込み過ぎず、ちょうどよいです
真似して作ってみたい一品

「本ずわい蟹と緑豆のカレー」 蟹肉とムング豆のカレー

蟹は殻ごとかほぐし身がはいっていると想像していたら、蟹足のむき身がはいってます
蟹ダシのダル、旨いに決まってる

「紅人参と牛蒡のサブジ」 リコピン人参「京くれない」と牛蒡を使った炒め蒸し
「海老芋とヨーグルトのトガヤル」 海老芋をマッシュしてヨーグルトとアオサとスパイスで和えた薬味
「卵黄のマサラ醤油漬け」 卵黄をスパイス醤油に漬け込んだもの
「ヤーコンと柚子のアッチャール」 ヤーコンを柚子と酢とココナツで和えたお漬物

今日の意外性ナンバーワンはトガヤル
高級京野菜・海老芋に酸味とスパイスをテンパリングした香ばしさを合わせてこんな日本ばなれした味にする発想がすごい
一見ミニトマト風の卵黄は、キーマカレーと合わせると、納豆+卵で絶妙
きんぴら風サブジ、ガリっぽいアッチャールもバランス良し

最後にはデザート
「ミルクと芋焼酎とセロシードのアイスクリーム」

以前にも芋焼酎のアイスは食べたのですが、今回はセロリシードが入り、香りがプラス

毎回思うのだけど、今回もあっという間に食べ終わってしまう
まあ、食べささったよ

【過去の訪問】
  カルパシ[1]/千歳船橋「初訪問はスリランカプレート(16年11月)」
  カルパシ[2]/千歳船橋「ベンガル・ターリ(16年12月)」
  カルパシ[3]/千歳船橋「驚きのジャパニーズ・ターリ(16年12月)」
  カルパシ[4]/千歳船橋「ノンベジ・ケララ・ミールス(17年1月)」
  カルパシ[5]/千歳船橋「West−Indian−Thali(17年3月)」
  カルパシ[6]/千歳船橋「Tamil Nadu Veg Meals(17年5月)」
  カルパシ[7]/千歳船橋「初ランチはスリランカ(17年7月)」
  カルパシ[8]/千歳船橋「秋のJapanese Thali(17年9月)」
  カルパシ[9]/千歳船橋「Andhara Pradesh Non-Veg Meals(17年12月)」
  カルパシ[10]/千歳船橋「Home style North Indian Thaali(17年12月)」



posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

Hanaya/新宿

昨年3月にオープンしたという西武新宿駅近くの中華バー

最近ランチを始めたようで、「男の角煮カレー」という看板が出てます
最近、個人的にすごく気になっている中華カレーなので期待は高まります

ランチメニューは上海カレーのみで、コースターに書かれてます

・豚の角煮
・白油鶏(蒸し鶏)
・野菜(紹興酒風味)
・蟹(ソフトシェルクラブ)
どれも食べたいですが、外の看板で「男の角煮」を見ちゃったので角煮カレー(ライス少な目)

カレーは中華スープのダシがしっかり
そこに中華スパイス(たぶん五香粉じゃないかな)が特徴的
具としてネギと生姜が入るあんかけテイストのカレー
これ絶品です

そこにドカーンと角煮がのってます
角煮は日本風の脂身トロトロの甘じょっぱいヤツではなく、ほろほろに柔らかいけど肉感ばっちりで八角は効いてるけど味は薄めでカレーに合います

なかなか個性的でしっかり中華なカレー
他のメニューも食べたいなあ


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

Air Spice 21 ポテトのグリーンカレー

毎月購入で楽しみにしているAirSpice
今月はポテトのグリーンカレー

スパイスからチリ多めの辛いカレーの予感

グリーンの元はほうれん草・パクチー・ペパーミント・ディルです
ミキサーがないので、ハンディブレンダーで頑張りましたよ

ミントの爽やかさとディルの風味がいいです
そしてやはり辛口で、うまくできたんじゃないかと自画自賛

スパイスキットと丁寧なレシピ、さらに毎月の読み物までついていて、本当に毎月楽しみです

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

ハンディー/大森

今日もいつものタカリバンチャへ・・・と思っていたら

なんか違うお店になってますよ
年末に来た時はタカリバンチャだったのに

メニュー表もきれいに新しいものが準備されていましたが、内容はタカリバンチャ時代と違わない印象です
ランチメニューからトゥクパが消えたのは残念ですが、夜メニューには相変わらず羊の舌や脳みそもあります
インドカレーが少し増えた気もしますが、あんまりこの店のインドメニューを把握してなかったので、よくわかりません

ネパリターリセットという名のダルバート

味も変わりません
相変わらず旨いです

チキンとマトンが選べますが、マトンです

ちょっと面白いのはランチメニューに100円で頼めるサイドメニュー
チーズ、ゆで卵、に加えてチキンティッカ、ムラコアチャール、アルブデコが頼めます
次はダルバートにアルブテコプラスだな


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

コザブロ/本駒込

開店当初から噂になっていきたいと思っていたお店

やっと相方と行ってきました

寒い中たどりついたのでまずは温かいラムチャイとキンカンのアチャール

これはあたたまる
隣の常連さんは焼酎にキンカンアチャールを入れてソーダで割ってました
それも旨そう

シラスのアヒージョ

スパイシーで、酒がすすむ

鮫のスパイシーカルパッチョ

青鮫だそうです
スパイシーなオイルとベビーリーフと一緒に食べます

お酒は色々あるのですが、静岡県で作っているという日本産のマッコリ「きぬさら」に

発泡が強めで甘みは抑え目
日本人好みの味かも

砂肝のピックルと貝のピックル(牡蠣)にチウラをつけてもらいました

温かい焼きたて(?)のチウラ、初めて食べたけど、ピックルの汁と一緒に食べると旨いです

〆には当然カレー
2種盛り、スモールサイズもできるので、2人で4種類のカレーをいただきました

サメのカレーとラムキーマビンダルーの2種盛り(スモールサイズ)

食べた人の評判が超良いサメのカレー

食材の珍しさがポイントなのかと思ってましたが、レモングラスやコブミカンの葉が入るタイのテイストが入ったインドカレー
印泰融合で旨いんですよ
サメも柔らかくて旨いんですけどね

ラムキーマビンダルーはゴボウが入ってます

さらにむかごも添えられなんとなく和なイメージのビンダルー

もう一皿はチキンカレーと2種の鶏レバーのカレーチェティナード風のあいがけ(ミニサイズ)

チキンカレーはサラサラのスリランカ風

じんわりと旨いです

レバーの方はスペシャルメニュー

レバのねっとりしたうまみが良いです

店主は築地の中栄にいたとのことですが、作る料理にその面影はあまりないです
インド料理の要素を取り入れながら、オリジナルのスパイス料理というスタンスがすごく良い形に出ていて、近かったら通っちゃう店です


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

MIKAZUKI CURRY SAMURAI./下北沢

スープカレーのsamurai.の新店舗

札幌では既に展開しているらしいルウカレー?カレーライス?のお店です
ライスの周りに三日月状にカレーがよそわれるのでその名前なんでしょうね
良い名前ですよね

最近、東京近郊柄も出店の相次ぐsamuraiですが、下北沢ではスープカレー店、スパイスラーメン「点と線」に続く3軒目・3業態目となります

カレーは
・スパイシーチキンカリィ
・濃厚バターチキンカリィ
・赤ワイン仕立てのラムカリィ
の3種類

ラムカリィに「モリモリヤサイ」をトッピング

たぶん右上の紫キャベツ・ニンジン・ピーマンと下のじゃがいも・レンコン・ブロッコリー、中央の角切りのピクルスはデフォルトだと思う
その外の中央のキャベツ、玉葱、ニンジン、スナップエンドウ等がモリモリヤサイ

カレーは赤ワインがかなりしっかり味も香りもして、バターも香ります(バターはモリモリヤサイからかも)
ラムはかなりしっかりしていて好みの味
ルウカレーとはいっても粉っぽいもったり感は全くないので、さっくり食べられてます
この辺はスープカレーに近いところ
野菜の処理やトッピングの豊富さにもスープカレーのノウハウが活きている感じで、興味深いです

カレー激戦区の下北沢ですが、スープカレーの余技ではなく、Mikazuki Curryとして勝負できるカレーだと思います


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

ケララの風U[23]/大森

いつものケララの風

今年初めてです

そしていつものミールス

今週の日替わりは左からトマトのカーラン、キャベツのトーレン、アヴィヤル

今日のアヴィヤルはサツマイモが入っています

毎回同じことを書いてますが、毎日でも食べられるミールス
私にとってはミールスの基準になってます

【過去の訪問】
  ケララの風U[1]/大森「待ってましたの再オープン(11年6月)」
  ケララの風U[2]/大森「9月のミールス(11年9月)」
  ケララの風U[3]/大森「10月〜12月のミールス(11年12月)」
  ケララの風U[4]/大森「1月〜3月のミールス(12年3月)」

  タミル料理食事会@ケララの風U(12年6月)」
  ケララの風U[5]/大森「初夏のアチャールと9月のミールス(12年9月)」
  ケララの風U[6]/大森「10〜12月のミールス(12年12月)」
  ケララの風U[7]/大森「3月のミールス(13年3月)」
  山菜食事会@ケララの風U(13年4月)」
  ケララの風U[8]/大森「久々ミールス(14年11月)」
  ケララの風U[9]/大森「日曜日のチキンビリヤニ(14年12月)」
  ケララの風U[10]/大森「1〜3月のミールス(15年3月)」
  ケララの風U[11]/大森「ミールス(15年12月)」
  ケララの風U[12]/大森「ミールス(16年5月)」
  ケララの風U[13]/大森「ミールス(16年7月)」
  ケララの風U[14]/大森「ミールス(16年9月)」
  ケララの風U[15]/大森「ミールス(16年12月)」
  ケララの風U[16]/大森「ミールス(17年1月)」
  ケララの風U[17]/大森「ミールス(17年4月)」
  ケララの風U[18]/大森「ミールス(17年6月)」
  ケララの風U[19]/大森「ミールス(17年6月)」
  ケララの風U[20]/大森「ミールス(17年8月)」
  ケララの風U[21]/大森「ミールス(17年10月)」
  ケララの風U[22]/大森「ミールス(17年10月)」

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

インドタイカレーレストラン マサラ/大森

Luz大森の中に11月に開店したお店
イタリアンレストランDonna Cafeがあった場所です

同じ大森のベルポートにある「マサラ」とは別の店ですので要注意

「インドタイカレーレストラン」というだけあって、カレーのセットで普通のインドカレーの他にタイカレーのグリーンカレー、レッドカレーも選べるシステム
なので、頼もうとするとグリーンもレッドも品切れとの説明
ただタイメニューとしてパッタイやガパオライス、カオパット、トムヤムラーメンはあるとのこと

ということで、タイ料理はあきらめて、ベジタブルとバターチキンの2種類のカレーセット

サラダもドリンクもつかない代わりに、680円という価格設定は良いんじゃないでしょうか

帰りに見ると外の看板

インドタイカレーレストランを名乗りながら、インドの地図だなあ

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

Journey × Journey SPICE ROUND /秋葉原

秋葉原で平日昼のみ営業の間借りカレー

「ご近所バル一丁目」というお店を、同じ秋葉原にある「秋葉原旅食Journey × Journey」というお店が間借りしているということなのかな? たぶんそんな感じ

テイクアウトの弁当もありますが、店内メニューは「世界一周カレー」というメニューのみ
これは基本のカレー「インド」(チキンと豆のカレー)にトッピングすることでいろいろな国を表現してます

本日用意できますものは
・インド=基本のメニュー
・日本=削り節・梅ちりめん・わさび粉
・メキシコ=トマト・アボカド・チーズ
・ベトナム=大根と人参のベトナム風酢漬け・パクチー

ということで、世界一周カレー・日本

まず基本のカレーがしっかりしてて南インド風のさっぱり豆カレー
そこに梅ちりめんのカリカリ梅がかなり良いアクセント 豆カレーに酸味のある漬物は合う
わさび粉はほんのりピリッときて、削り節と青ネギが和を感じさせる
なかなか面白いなあ

ちなみ今日なかった他のメニューは
・イタリア=トマト・チーズ
・中国=卵・キクラゲ・花椒
・ミャンマー=ラペットゥ・パクチー

他のメニューも食べてみたいなあ と思うラインナップです

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

ブラザー[2]/高田馬場

2度目の訪問

狭いお店ですが寒い中外で待つ人も

【過去の訪問】
  ブラザー[1]/高田馬場「鯖キーマ(17年9月)」


チキン野菜カレー(大辛・コショウ)

チキンカレーすごく旨いです
大辛+コショウが私にジャストで合いました ちょうどいい
野菜カレーについては、個人的に野菜の食感にこだわりたいのですが、これもいい感じ
何度でも食べたいカレーだなあ



posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

スパイスカレー青藍/高円寺

dancyuの最新号にも取り上げられた話題の新店

趣味のカレー作りがプロにまで転じたお店

「スパイシーチキンカレー定食」+季節のポテトサラダ

カレーは和ダシをベースに、注文ごとに炒めたホールスパイスで仕上げる
コリアンダーシードや花椒がすごく個性的
さらに定食にするとついている野菜の惣菜がまた良いんですよ
本日はアンチョビキャベツ黒胡椒、ニンジンくるみラぺ、ゆず白菜切りこんぶ、紫キャベツ塩こんぶ、パクチーがのります
特にラぺと紫キャベツはすごく気に入りました

さらに季節のポテサラ、本日は春菊
これがまたなめらかなポテサラに春菊のクセが良い感じ

これは激戦区・高円寺でも人気店になるはずのがわかります
また来なきゃ


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

蜂鳥カリー/小川町

フードトラックでの移動販売を続けていたスープカレーの人気店が間借りで実店舗を持つことに

開店すぐとはいきませんでしたが、いってきましたよ

メニューは「頂点(地鶏旬野菜・2500円)」と「マボロシ(とり旬野菜・2000円)」の2種類
カウンターで注文して、店主が一杯ずつ仕上げていくのを待ちます

しばらくすると「もうすぐできますので、ご飯をよそってお待ちください」と声がかかります
ご飯は炊飯器から自分でよそうおかわり自由スタイル

頂点

うわ旨っ!と声が出る旨さ
シンプルに旨いです

鶏肉はほろほろに煮込まれて、スープが染みて絶品
セットのサラダ(白菜・鰹節にパスタ)も好きな味

ちょっとお高いですが、その価値のある旨さです

ちなみに店頭の花輪
生花は片付けたようですが、九州の番長からの花輪が

「永久に飾っておけるんですよね」とのこと


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

スパイスカリーて/大阪

大晦日の大阪はもう一皿カレーを食べていました

名前が強烈な「て」

本日のカレーは4種類
・スナズリ
・イカシオ
・かつおのタタキーマ
・ウメチキ
これを1〜3種盛りにできます

全部食べたいのに一つは食べられないじゃないですか?
悩んだ結果、カタカナ4文字で統一することにしました

3種盛り(スナズリ、イカシオ、ウメチキ)

スナズリ(中央)はコリコリしたドライタイプ
イカシオ(左)は大根も含めて和風なイメージもありイカワタの味がして好きなタイプ
ウメチキ(右)は梅の酸味が強烈 酸味のあるチキンカレーって多いけど、過去最高酸味かも

一品一品が旨く、かつバランスも良くて、さすがの人気店という印象でした


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

negombo33[2]/西所沢

新年2発目のカレーは相方と所沢へ

私は5年ぶり、相方はお店は初訪問ですが「みどりのクラフト」という埼玉・稲荷山公園でのイベントで2年続けてネゴンボのカレーを食べて気に入っていて、是非店舗にも行きたいということになったのでした

【過去の訪問】
  negombo33[1]/西所沢「ラムキーマ&チキン(12年5月)」


本日のカレーは3種類
ということで2種盛りを2つにしました

ラムキーマとサグチキン

やっぱりここのラムキーマは絶品ですね
私の生涯キーマランキングで確実にベスト5に入ってくる一品
サグチキンもマスタードシードが効いていて旨いです

フィッシュとラムキーマ

フィッシュは白身魚、イカ、あさりがたっぷり
これも絶品
イカのダシがうまいこと

食後にはコーヒーとカフェオレ
コーヒーもうまい

隣の焙煎所は休みですが、うまかったので豆を買って帰りました
さらにコーヒーのカップが私も相方も好きな戸田文浩さんのカップだと思う
こういうところのセンスも好きな感じ

そこそこ遠いんだけど、もっと頻繁に来たいお店だなあ


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

ホンカトリー[2]/湯島

今年のカレーはじめ

どこにしようか迷いましたが、昨年初訪問で一発で気に入ったお店へ

【過去の訪問】
  ホンカトリー[1]/湯島「脱力のサンマカレー(17年9月)」


本日のカレーは「チキン」と「カキ」の2種類
季節的に「カキ」を選ぶと店主から『カキ、冷凍なんですけど良いですかね?』と身も蓋もない一言

でも牡蠣にしましたよ

赤穂産の牡蠣で、大ぶりなものをその場で剥いて、特殊な方法で瞬間冷凍しているので、細胞を壊さないため実も縮まないし、煮込んでも身崩れしないというものらしい
商品名は「デカプリオオイスター」(『しょうもない名前なんですけど』by店主)
その大粒の牡蠣が2つ入ったカレー

店主談
『大ぶりのをそのまま入れているので、カレーの方に牡蠣の味を出すには器の中で牡蠣を割ってほしいんですけど、そうするとせっかく大ぶりな牡蠣が見えないし、このまま齧りたいって思いもあって、なんか葛藤するんですけど、どうするかはもうお任せしますんで、お好きにしてください』
とのこと
一つは齧り、一つは器の中で割りましたよ
というか割らなくても牡蠣の味出てたけどね

ライスは相変わらず美しく、独特のファラフェルがまた旨いんですよ
やっぱりここのカレーは好きだなあ

以下は今日の店主のお話の要約
・ずっと鮮魚のカレーをやってきたが、冬場に出回る魚が大きくなってきて、手が出しにくくなってきた
・ブリとか大きい魚の味がするじゃないですか、味にパワーがあり過ぎるんですよね
・だからといって魚の量を減らして調整しましたってのは許されないですよねえ
・もうちょっと色々やってみてからじゃないとお店で出せる感じにはならないんですよね
・そういう機会だから乾物がいいかと思って身欠きにしんでやってみたんですよ
・試作はうまくいったんだけど、本番は僕がびびっちゃったっていうか、たぶん圧力鍋の煮込みがたりなかったのかなあ
・一日でやめて持って帰って家で食べたんですけど、かなり旨いんですけどねえ これ以上は難しいなあって
・ホッケとか燻製にして身をくずしちゃっても美味しいんでやってみようと思ったんですけど、今まで買おうと思ったことがなかったけど、ホッケって予想以上に高いんですよ
・だからうちでも手が出るもうちょっとダメなホッケがないかと思って、ダメそうな魚屋とかもみてるんですけど、なかなかないんですよねえ

もうこういう話を聞くだけでも楽しいんですよ
定期的に通いたいお店


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

バガワーンカレー/大阪

ここのところ恒例の大晦日の大阪訪問
前から行きたくて大晦日に開いている店をチェックしていきます

土日のみ営業のバガワーンカレー

12/30・31のメニューは「総集編プレート2017」のみ

皿が強烈に個性的ですが、カレー屋付け合わせも個性的

メインとなるのが3つ
・永遠の牛すじアフリカンライス
・炙り万願寺唐辛子とほうれん草カレー
・二日酔い海老とノンオイル但馬鶏キーマカレー

さらに今週のフリートッピングが
・アフリカンママ直伝perineriソース
・炙りチーズ小海老ルヌミリス
・クルクル青ネギ
・年末にスクランブルされた卵たち
・キャロッツン
・ダイエットし過ぎたアーリーレッド
・オリジナル紅葉おろし
・ミドレンジャー(葉っぱ)
・特製辛みペースト

豪華ですねえ

アフリカンライスはちょっと酸味とコクがあって旨いです
これと紅葉おろしが絶妙に合うのにびっくり

ホウレンソウとキーマ
海老旨し

個性的なトッピングたち

ということで、初めて食べるのが総集編ってのもなんですが、皿の形と同じくらい個性的なプレートに大満足です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

タカリバンチャ[10]/大森

何度も通うタカリバンチャ

【過去の訪問】
  タカリバンチャ[1]/大森「タカリランチセット(14年7月)」
  タカリバンチャ[2]/大森「夜のタカリ料理(14年12月)」
  タカリバンチャ[3]/大森「再びのタカリランチ(15年1月)」
  タカリバンチャ[4]/大森「新ランチ トゥクパ&ビリヤニ(15年12月)」
  タカリバンチャ[5]/大森「期間限定・アルンクー&マラクー等(16年1月)」
  タカリバンチャ[6]/大森「トゥクパ再び(16年5月)」<
  タカリバンチャ[7]/大森「トゥクパ再び(17年1月)」
  タカリバンチャ[8]/大森「タカリランチ=ダルバート(17年7月)」
  タカリバンチャ[9]/大森「シーフードビリヤニ(17年10月)」


本日は7月以来のダルバート

オーナーがフロアにいる時は、前は問答無用でマトンだったんですが、「マトンとチキンとどちらにしますか」としっかりした日本語で聞かれ、想定してなかったのでちょっと戸惑いました
結局はマトンなんですが

味は変わらず旨いです


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

ダルバート/大塚

行きたいと思っていた大塚のダルバートに初訪問

店名にもなっているネパールの定食ダルバート
マトンでお願いしました

骨つきのマトンがしっかりマトン味で旨いです
そして本日のスペシャルタルカリは「アルカレラ」
ジャガイモと干しカラスウリの炒め
カラスウリの歯応えがなんともいえないです

ダルの豆は日替わりらしく、本日はマスール
これがシャバシャバで滋味あふれる味で好み

冬のメニュー「カレースープチャウミン」

これが絶品でした
ネパールから取り寄せた麺(シンケチャウチャウ)も旨いし、山椒ががっつり効いたスープもめちゃくちゃ好みの味でした

これはまた来なきゃいけないです


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

Kalpasi(カルパシ)[10]/千歳船橋

毎週違うメニューで楽しませてくれるカルパシ

【過去の訪問】
  カルパシ[1]/千歳船橋「初訪問はスリランカプレート(16年11月)」
  カルパシ[2]/千歳船橋「ベンガル・ターリ(16年12月)」
  カルパシ[3]/千歳船橋「驚きのジャパニーズ・ターリ(16年12月)」
  カルパシ[4]/千歳船橋「ノンベジ・ケララ・ミールス(17年1月)」
  カルパシ[5]/千歳船橋「West−Indian−Thali(17年3月)」
  カルパシ[6]/千歳船橋「Tamil Nadu Veg Meals(17年5月)」
  カルパシ[7]/千歳船橋「初ランチはスリランカ(17年7月)」
  カルパシ[8]/千歳船橋「秋のJapanese Thali(17年9月)」
  カルパシ[9]/千歳船橋「Andhara Pradesh Non-Veg Meals(17年12月)」


スターターはパニールバターマサラ

パニール好きなので最初からたまらん一品

今週はHome style North Indian Thaali
北インドの素朴な家庭料理

・フィッシュドピアザ フライドとスライスの2種の玉ねぎを使ったフィッシュカレー
・ヤクニ 羊肉をヨーグルトで煮込んだカシミール料理
・アルーベイガン ジャガイモと揚げ茄子の炒め蒸し
・ダールショルバ 豆と野菜のスープ
・チャナマサラ ひよこ豆のドライマサラ
・サブジ(青菜) 青菜の炒め蒸し
・アチャール 人参と赤カブのお漬物 
・プーリー 全粒粉の生地を使った揚げパン
・ボイルドライス 湯取りで炊いたバスマティライス

kalpasiでプーリというか、パン的なもの食べるの初めて

好きなんすよ、プーリ

全て旨かったですが、中でもヤクニはどストライク

ヒツジスキーにはたまらないカレーです

それにしても尖ったスパイス使いを見せながら、こういう優しい家庭料理という引き出しもある店主の懐の深さときたら!

最後の苺のジェラート

苺の粒に見えるのが黒胡椒で、これがピリッと味を引き締める傑作

もうたまらんです
今年、何度も通ったお店ですが、来年も通いますのでよろしくお願いします


posted by 三吉 at 00:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする