2018年12月23日

河金/入谷

今年はカツカレー誕生から100年!

カツカレーの発祥というと元野球選手の千葉茂さんが注文したという銀座・グリルスイスの話が有名ですが、それより早く1918年に創業した浅草・河金でカツにカレーを合わせた河金丼が元祖ということで、そこから百年目が今年ということになります。
(河金は名前の通り丼で、さらに盛った現在のカツカレーの形にしたのはグリルスイスが元祖のようです)

浅草の河金は既に存在しないのですが、創業者のお孫さん(?)のお店が入谷と千束にあります
どちらも広い意味では浅草エリアですね

本日は入谷のお店に行ってきました

路地にある渋い佇まい

では日本のカツカレーの原点である河金丼を頼んでみましょう
トンカツは、注文が入ってから肉を切って叩き衣をつけて揚げます
カレーも注文の分だけ小鍋で温めます

揚げたてのカツの香ばしさと、やや塩気強めのもったりしたカレーとが絡まって旨いっす
丼飯とカツの間には千切りキャベツをはさみさっぱりと、量も控えめでするっと入るカツカレーです

ちなみに提供時に丼に刺さっているのはスプーンではなくフォーク
丼には大きく「洋食河金」と書かれていて、昭和の、いや大正時代の洋食を感じさせます

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: