2016年12月21日

ナイルレストラン/東銀座

東銀座駅といえば?
歌舞伎座
一般的には歌舞伎座を連想するのでしょう。改装されて駅直結になったし。

でもカレー好きは歌舞伎座より、日本最初のインド料理店の最寄り駅という認識をしていると思います。
ナイルレストラン
ナイルレストラン。なんと私がブログを始めてから初訪問。自分でもびっくり。

実は私の記憶に残っている最初にお店で食べたカレーがこのお店なんです。
もっとも歴史や由緒(?)を知っていたわけではなく、「ナイルレストラン」という名前すら憶えていませんでしたが。
父に連れられていった店で、目の前でカレーを「もっとまじぇて!」とぐちゃぐちゃにされたことを覚えてます。今思うと、『あれはナイルレストランだったんだなあ』という感じです。

本日は開店前から並んで入店。
店員が「はい。みんな定番のムルギーランチでいいね? 大盛にする? 普通でいい?」と聞いていきます。
ナイルでムルギーランチ以外が頼めるようになれば一人前という諺もあります。今、作ったけど。
他のメニューも実は色々あるのですが、まあ一番忙しい時間ですし、ムルギーランチを普通盛で。
ムルギー1
運ばれてきた時はこの状態ですが、これはほんの一瞬。
ムルギー2
店員さんがすごい手際よく骨を外して、骨は下げていきます。
ただこのまま食べていると「もっと全体をまじぇて食べる」と指導が入ります。
ライスとカレー、チキン、キャベツ、マッシュポテトが混然一体となった状態で食べるのが、昔から変わらないナイルの楽しみ方。

久々に来ましたが、ほとんど変わっていないんじゃないかと思いました。
しかもそれが「懐かしの味」という範疇ではなく、今なお「旨いカレー」であり続けるという、表現力不足でなんといっていいのかわかりませんが、とにかく「すげー店」だなあ。


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック