2016年02月20日

ライジン[3]/喜多見

最近気に入っているお店の一つ。
ライジン
入口の階段は狭いけど、若い店主夫妻がとても感じのいい店。

【過去の訪問】
  雷神[1]/喜多見「チキンとポークのミックス(15年6月)」
  ライジン[2]/喜多見「ライジンカレー(15年12月)」


前回はチキンカレーのアレンジバージョン「ライジンカレー」を食べましたが、さらに加わった新メニューはポークカレーのアレンジバージョン「黒ポークカレー」。
黒ポーク
ポークカレーにコクを加えたのだとか。
豚
豚のコクがあって、スパイス感もあります。
シナモンが突出した感のあるポークカレーも好きだけど、よりバランスが整った感じのこちらも旨いです。

このお店は壁に貼ってあるものが来るたびに代わっているんだけど、今回はなぜか新宿中村屋と関係の深いラス・ビハリ・ボースの言葉が貼ってありました。
「カラければカレーと思っているらしいのは大変間違い。(中略)舌ざわりカラくなくて、食べたあとカラ味の舌に湧いてくるものでなくてはダメね」


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434067932
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック