2015年11月20日

カレーNADO/福岡

福岡でもう一軒。
NADO
主張のある店構えの「カレーNADO」。

このお店にはメニューが一つしかありません。
「乳(NEW)おっぱいカレー」

おっぱい(ライス)の大きさによってS・M・Lと3サイズ、全て900円とのこと。
何事も中庸が吉。ということでMをオーダー。

大きな銀皿でおっぱいが運ばれてきました。
注文毎にホールスパイスをすり鉢で潰して小鍋に投入しているので、香りが良いです。
newOPPAI
ライスのおっぱいに梅干しが乗る独特の姿。

皿の2/3くらいを占めるのはチキンカレー。
chicken
これはスパイシーだけど、ベースのカレーソースに旨みもある日本人が好きなチキンカレー。もちろん私も好き。

そして豆とキノコのカレーが、合い盛りになってます。
bean
豆のカレーのレシピはスリランカで教わったのだそうで、「スリランカの影響」「合い盛り」「店主の個性」あたりが関西スパイスカレー的雰囲気です。

ヨーグルトに和えられた紫の葉っぱは何かと思ったら、梅干しの紫蘇!梅紫蘇のヨーグルト和えですよ。これが絶妙にカレーに合うんだなあ。
「梅干を大量に使うので、紫蘇長者みたいに紫蘇があったので、和えてみたら美味しかったので。いつもはリンゴなんですけど」とのこと。

個性があり、スパイス感が高く、私は大変気に入りました。大好きな味。

さらに、気さくで話しやすい店主で、「なぜかマレーシアの人に、『このカレーはマレーシアのカレーだ』と言われた」とか、「東京でカレーを食べて自信喪失気味。東京のカレー旨いですねえ」とか、「河童橋で選んだ木べらが最高」とか、色々楽しい話を聞かせてもらいました。
drink
最後のヨーグルトドリンクを飲みながら。

福岡で美味しいカレー屋も紹介してもらいましたが、それよりも最後にオススメされた近所の居酒屋にたまらなく行きたくなりましたが、お店を出て東京に帰らなければならず、残念極まりない。
福岡に行って昼に自由に動ける時間があれば、確実に再訪します。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック