2015年01月25日

[週末カレーウォーク#7] 歴史を巡る 本郷〜湯島 & デリー/湯島

あまりの寒さに最近さぼっていたウォーキング&カレーですが、久々に歩いてみました。
今回は都会の真ん中を。

出発は飯田橋駅。
本郷01エレキング
ウルトラマンスタンプラリー的にはエレキングな駅です。
どの駅にどのキャラクターにするかは、駅の希望を基に抽選で決めたそうです。

飯田橋駅をでて1kmもしないうちに小石川後楽園です。
本郷02後楽園
ここは元の水戸徳川家の江戸上屋敷(元は中屋敷)の庭園。あの光圀が完成させたらしいです。
かつては現在の皇居から少し離れた周辺部には大名屋敷が多くあり、それぞれに庭園を持っていたはずなのですが、現在残されて普通に見ることができるのは、ここくらいかもしれません。
本郷03寝覚めの滝
日本各地の景観を摸しているのか、小さな山や川に、各地の名前がついていて、これは木曽川に注ぐ寝覚めの滝。
本郷04枝垂桜
東京ドームをバックに枝垂桜・・・は、さすがにまだ咲いてませんね。
植物も豊かで、2月には梅、3月・4月は桜、5月にはカキツバタ、6月にはスイレンと名物も多いです。
本郷05梅林
光圀も好きだったという梅林。まだ、少ししか花は咲いてないですね。
梅の時期にはちょっと早かったようですが、少し咲き始めている白梅、名前は「光圀」。
本郷06赤門
ちなみに小石川後楽園内は色々なところで改修中で、これも改修中の赤門。
大名屋敷の赤門ってのは、正式には御守殿門といい、将軍家の息女が降嫁するときに作ったもの。

今日は本郷周辺を歩こうと思ったのは、先日「ケララの風」でもらったチラシがきっかけ。
本郷にある樋口一葉ゆかりの建物が壊される可能性があるとのこと。本当は今夜大森のギャラリーで開催される朗読会的なイベントに行きたかったんですが、スケジュールが合わず、実際の建物を見たいと思ってきたんです。

で、こちらが樋口一葉の旧居。
本郷07一葉旧居
すごいわかりにくい路地に、井戸があり雰囲気のある建物があります。
ちょっと当時の面影を残すたたずまい。来てよかったなあ。

そして、取り壊される可能性がある伊勢屋質店。
本郷08伊勢屋
一葉がこの質屋に通って家計をやりくりしたのだとか。
外側は塗りなおされているが、内部は当時のままで一葉の命日に公開されているのだとか。
こんな一等地に土蔵が残ってるって素敵だと思うけど、個人で維持するのは大変だろうとは思う。なんとか残せないものだろうか。

せっかくここまできたので東大まで行ってみました。
本郷09東大赤門
後楽園で水戸様の赤門が改修中だったので、加賀様の赤門を撮ってみた。

ここから春日通を行くと目的地に出るのですが、それではカロリー消費が少し足りないので、御茶ノ水駅の方に降りてみます。
本郷10ジラース
御茶ノ水駅のスタンプはジラース。ゴジラの着ぐるみにエリマキをつけたことで有名な怪獣です。

ここからは駆け足だけど見所がたくさん。
本郷11湯島聖堂
湯島聖堂。

本郷12神田明神
神田明神

本郷13湯島天神
湯島天神。受験シーズンなので合格祈願の人がたくさん。

そして、デリー上野店。
本郷14デリー
そう広くないお店なので行列ができています。

本日のオーダーはカシミールとナスのピクルスとラッシー。
本郷15セット
私はカシミール派かコルマ派かと問われれば、コルマ派だと思っているのですが、でもカシミールも中毒性があって食べたくなりますよね。
本郷16カシミール
脳にくるような辛さ。そしてチキンの中に潜むじゃがいもの安らぎ。
本郷17茄子
ナスのピクルスの酸味と、ラッシーの甘みとのバランスもちょうど良いです。

日本のカレー界に多大なる影響を与え、昨年のJapaneseCurryAwardsでは名誉賞に輝いたデリー。
絶品です。コルマも食べたくなりました。

デリーからは御徒町駅に出て本日のウォークは終了。
本郷18ゼットン
御徒町駅のスタンプはゼットン。
人気怪獣だからか、日曜の午後だからかわかりませんが、他の駅ではなかった大行列。
デリーで並ぶより、ゼットンに並ぶ方が時間がかかってしまうという本末転倒っぷり。

というわかで、今回は約7km(小石川後楽園内1km含む)2時間のウォーキングでした。

<店の情報>
デリー上野店
文京区湯島3-42-2/03-3831-7311
無休/11:50-21:30

<今回のメニュー>
カシミールカレー 950円
茄子のピクルス  200円
ラッシー     400円
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413188460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック