2014年09月08日

タイスマイルキッチン[4]/大森

超久々に大森のタイスマイルキッチンに。

【過去の訪問】
  タイスマイルキッチン[1]/大森「シーフードパッポンカレー(09年1月)」
  大森タイ料理店ランチ比較(09年9月)
  タイスマイルキッチン[2]/大森「ランチメニュー色々(09年12月)」
  大森タイ料理店ランチ比較「グリーンカレー(10年2月)」
  大森タイ料理店ランチ比較「カオマンガイ(11年2月)」
  タイスマイルキッチン[3]/大森「グリーンカレー(12年1月)」


超久々だったのでメニューが多少変わってました。
日替わり(たぶん)の850円メニュー6品は前と同じ。
この日はカーオガイバットバイガパオ(鶏ミンチのバジル炒め)、カーオパットプー(ほぐした蟹チャーハン)、ゲーンキョワーンガイ(鶏肉の入ったグリーンカレー)、クイッティオパットシーユームー(あっさりした焼ききしめん)、クイッティオナムガイ(豚肉の入ったスープライスヌードル)、クイッティオトムヤムクンシーフード(シーフードの入ったトムヤムクンスープライスヌードル)だそうです。

そこに950円の新メニューは2つの料理の組み合わせ。
・カオパットバイガパオ、ゲーンハンレー(ガパオ炒飯とチェンマイカレー)
・ゲーンハンレー、クイッティオトムヤムシーフード(チェンマイカレーとトムヤムシーフードヌードル)
私が頻繁に行っていたころには「ゲーンハンレー」なんて見たことがないので、シェフが変わったのかもしれませんね。

そんなわけでカオパットバイガパオ、ゲーンハンレー
set
スープと生春巻き(半分)がセットです。

見た目は皿の半分にご飯の上に揚げ焼きの卵がかぶせられ、残りの半分にカレー。
set2
卵をめくると、下にチャーハン。
set3
そんなにタイ料理に詳しいわけではないですが、これってあんまり見ない形式だと思うんだけど、タイでは一般的なのかなあ。

ゲーンハンレーは豚肉がしっかり煮込まれたカレー。
set4
ココナツミルクがちなグリーンカレーやレッドカレーとは違い、生姜味でやや甘みのあるスパイシーな角煮風って感じかなあ。日本人になじみのある味で美味しいです。
チャーハンと一緒じゃなくてもいいなあ。と思ったりもしましたが、久々の訪問で満足です。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック