2010年06月13日

グルガオン/銀座一丁目

今日は相方と銀座へ、私の師匠も参加している展示会に行ってきました。
すげー。と感心するばかり。

ということで銀座まで来たので、銀座でカレーを。ただこのあたりのお店って日曜日休みのお店が多いんですよね。

ということで、一丁目の「グルガオン」へ。
こちらは八重洲の南インド料理「ダバインディア」、やはり一丁目にありタンドリー料理に特化した「カイバル」と姉妹店。
この2軒は行ったことがあり(カイバルはブログ開始前)いつかはグルガオンにも行きたいと思っていたのです。
グルガオン 皿
席に着くとセットされているお皿やナプキンがしゃれた色使い。こちらのグループ店は本当にこういうところに対する気の使い方がしっかりしていて、近隣のOLさんに大人気というのもうなずけます。

グループ店の中で、グルガオンは北インド料理に特化しています。姉妹店を展開するにあたって、こうやって特色を出すのは良いですよね。

メニューは単品もあるのですが、ホリデーランチがオトクそうなので、それにしました。2,100円の内容は
  ・グルガオンサラダ
  ・タンドリーチキン or チーズクルチャ
  ・お好みのカレー
  ・ナン or イエローライス
  ・ドリンク
お好みのカレーが3〜4種類ではなく、単品の値段に関係なく18種類のカレー全てが選べるのが嬉しいですね。

2人なので、チキンとクルチャは1つずつ。ナンとライスも1つずつでお願いしました。

サラダ ラッシー
まずはサラダ(2人分)とラッシー。
サラダはリーフレタスにトマト、ラディッシュ、パニール。スライスアーモンドが散らしてあります。パニールはちょっとだけなので、もうちょっとあると嬉しかった。
ラッシーは美味しいけど、私の好みとしてはちょっと甘い。

ふっくらしチーズクルチャ。17〜8cmくらいの小さめサイズで2人分。
チーズクルチャ とろーん 
カイバルでも食べたのですが、チーズがたっぷりで絶品です。とろーんと出てくるチーズがたまりません。とろーん系チーズ料理の中で私のベスト3に入ると思います。

タンドリーチキン.JPG
タンドリーチキン(2人分)は赤いのと黄色いのと2種類の味つけ。
ミントチャツネもついていて、思いの外さっぱり食べられます。
いやここまででカレーが来る前からかなりお腹はふくれますが。

カレー
どかーんと来ました。前菜を食べるペースを見ながら出してくれるし、取り皿もカレーを出す前に温め皿と取り替えてくれます。ランチでこのサービス。さすが銀座だなあ。

焼きトマトとパニール
「焼きトマトとパニールのクリーミーカレー」
これが思った以上にクリーミー。全然嫌な感じじゃないのですが、コクのあるリッチなカレーです。それでいて結構スパイシー。
こういうカレーって辛みが抑えめのものが多いと思うんですが、それなりに辛いです。うまい。
小ぶりのトマトが2つ、焼き目がつくまでタンドリーで焼いて入っています。中はフレッシュでジューシー、そとはこんがり。こってりしたカレーソースと合います。
パニールはしっかりと固め。ざく切りのシシトウがアクセントになってこれは本当にうまいです。ナンにもライスにも合います。

コリアンダーマトン
「コリアンダーマトン」
コリアンダーと青唐辛子のフレッシュなマサラらしいです。これも美味しいです。
マトンカレーで、マトンの旨味もしっかりソースに出ているけどマトンマトンしていない感じ。フレッシュトマトがアクセントになっています。うめー。

本当に満足感の高いホリデーランチでした。決して安くはないですが、コストパフォーマンスも良いんじゃないでしょうか。
最近南インドのサッパリしたタイプが日本人には合うのではないかと思っていましたが、こうやって食べると北のリッチなカレーも美味しいですよね。

<店の情報>
グルガオン (GURGAON)
中央区銀座1-6-13 銀座106ビル B1F/03-3563-0623
無休/平日11:30-14:30 17:00-22:00 土日祝 12:00-21:00
http://www.dhabaindia.com/gurgaon/index.html

<今回のメニュー>
ホリデーランチ 2,100円×2
タグ:インド料理
posted by 三吉 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153205927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック