2009年09月14日

[OLCM]番外編・タイ料理店ランチ比較

さて50店以上のカレーを紹介してきた[OLCM](大森ランチカレーマップ)ですが纏めに入る前にちょっと番外編として、大森のタイ料理店・3店を「ランチ」という観点のみでちょっと比較してみました。

ということで、今日はテキストボリュームが多めなので、追記スタイルにしてみましたよ。
大森のランチ・カレーですが、残念なながらインド系のお店は「ケララの風」を除いて、あまり個性のあるランチを提供できていないのが現状です。
わずかに「DOKO」がネパール色を出そうとしていますが、夜のメニューの強ネパール色なのに、ランチでは微ネパール色って感じなので、もうひとひねり欲しいし。

水野仁輔が何かの本に「インド系のシェフは出身地も経歴も得意料理も違うのに、決められた料理を淡々と作っているので、日本のインド料理店のオーナーはもっとシェフに自由に活躍できる場を与えて欲しい」というような事を書いていましたが、実際大森でも同じような状況だと思います。

ここまでが、前置き。

既に紹介しているように、大森には3軒のタイ料理屋さんがあります。
この3軒はそれぞれ特徴があって面白いんです。

●タイスマイルキッチン−【多様性】
まずは大森で一番新しいタイ料理屋さんです。

ランチメニューは6種類。日によって変わる物と変わらない物があるけど、規則性が全くわからんのです。
店員さんに聞いたら、たどたどしい日本語で「4種類は同じで2種類が変わります」と言われたんだけど、明らかに違うメニューのことがあります。

[ランチメニュー(ある日のメニュー)]
 ・カーオシーフード パッポンカリー(シーフードのカレー炒めご飯)
 ・タイ風タイスキ
 ・クイッティオ トムヤムクン(トムヤムクンスープ ライスヌードル)
 ・クイッティオ ガイ(蒸し鶏の入ったライスヌードル)
 ・カオパットプー(蟹チャーハン)
 ・カーオガイ パットガイガパオ(鶏肉ミンチバジル炒め)
  (全品スープorライスとデザート付き)

でもガパオとトムヤムクンヌードルは大体あるように思います。
パッポンカレーやカオマンガイは他の2店では食べられませんが、このお店では日によっては食べられます。

OLCM-TSC-KG
カオマンガイはこんな感じ。

OLCM-TSC-M
メニュー名は忘れましたが、幅広麺の炒めたヤツ。こんなのがランチメニューに入ってくるのが楽しいです。

[他の2店との比較]
 ・ランチセットにデザートが付く
 ・メニューが固定ではない(日替わりがある)
 ・店員さんがイケメン
 ・<弱点>従業員少なく待たされる事あり/月曜に休み

[基準メニュー ガパオ&カオパット]
OLCM-TSC-G
OLCM-TSC-K
ガパオはシンプルです。バジルの量は日によってばらつきます。この日は多めですがゼロに近かったこともあり…。
カオパットは有る日と無い日があり、具も日によりますがこれは蟹。
味は両方とも普通に美味しい。

[ランチでの紹介]


●タニキッチン−【家庭的】
かなり場所は分かりにくいのですが、雑誌に登場することもある名店です。

お気に入りの店で、夜にも来たことがあります。
既にレポートしていますが、6月にランチメニューを変更。値段が安くなったのは嬉しいのですが、メニュー数が減少(9→6)し、サラダとデザートも無くなったのはちょっと寂しいです。

[ランチメニュー]
 1.クィティアオ・トムヤム(トムヤムヌードル)
 2.カーオ・パット・バイ・ガパオ(鶏肉のバジル炒めご飯)
 3.クィティアオ・パッタイ(焼きビーフン)
 4.カーオ・パット(炒飯)
 5.ゲーン・キョウワン・ガイ(鶏肉のグリーンカレー)
 6.ゲーン・ペッ・ガイ(鶏肉のレッドカレー)
   (ご飯物にはスープ付き)

[他の2店との比較]
 ・味/盛り付けなどが現地に近い(らしい)
 ・家庭的かつ隠れ家な雰囲気
 ・値段が最も安い
 ・<弱点>メニュー数が少ない/繁華街から遠い
現地に近いかどうかは私は現地に行ったことがないのでよくわからんが、タイ好きな同僚がそういっていたので、そうなんだと思う。

[基準メニュー ガパオ&カオパット]
OLCM-TNK-G
OLCM-TNK-K
ガパオはこちらもシンプル。バジルの量はやや少ないです。
カオパットは最もパラッとしてる気がします。
味は3軒の中では最も好みです。うまいです。

[ランチでの紹介]


●メーサイ−【安定営業】
まずは大森で最も定着して長いお店です。

たぶん私にとって通算で行った回数が最も多いタイ料理屋さんかもしれません。
タニキッチンが出来るまでは、1回/週で行ってましたから。

[ランチメニュー(ある日のメニュー)]
 ・レッドカリー 鶏肉とタケノコ
 ・イエローカリー 骨付き鶏肉とじゃがいも 大辛
 ・グリーンカリー 豚肉と茄子
 ・ポークカリー 豚肉とじゃがいもの欧風カリー
 ・ナタンムー 豚挽肉のカリー ココナツミルクとピーナツの風味
 ・ゲーンノムガイ 鶏挽肉のカリー ほんのり干しエビの香り
 ・カレー2種類のスペシャルセット
 ・カオパット
 ・ムーバイガパオ

[他の2店との比較]
 ・ドリンクセットが可能
 ・メニューが多く、カレー2種類セットも可能
 ・店が広く、禁煙/喫煙が分けられている
 ・<弱点>メニューが独特/米が唯一日本米
とにかくメニュー数が多く広いので、使い勝手が圧倒的に良いです。
ランチのピークタイムでも入れないことはほぼありません。

[基準メニュー ガパオ&カオパット]
OLCM-MSI-G
OLCM-MSI-K
ガパオとにかく不思議。ご飯別かつ貝割れが大量に乗ってます。そしてバジルは少なめ。
ただバジルどうこう言う前に他の店とは別のメニューですね。
カオパットは普通に美味しいっす。

[ランチでの紹介]

タグ:大森
posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画もの:OLCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック