2008年12月06日

LION SHARE(ライオンシェア)/南新宿

今日行ったお店はブログを始めてからは初めて行くけど、元々お気に入りのお店です。
昼と夜とで微妙に違う顔のある感じがするお店なのですが今日は夜バージョンで。

小田急線で新宿の隣の駅・南新宿駅から歩いていきます。
各停しか止まらない一駅目ですが、笹塚・代官山のようなおしゃれテイストはなくて、神泉に近いうらぶれ感があります。
駅前が車の入りにくい小道だし。
まあ南新宿駅自体が、代々木駅からも近いので、代々木からも行けるんですけどね。

駅前の小道は右に進み、突き当たったら代々木駅と逆方向(北側)に進みます。
小田急のガード下をくぐったところに「ライオンシェア」があります。
LIONSHARE外観.JPG

昼は明るく爽やかなカフェ風ですが、夜は照明が落とされ、大人のムードです。

ということで、我々もワインをまずは飲みながら。
LIONSHAREキュウリ.JPG LIONSHAREカリフラ.JPG
きゅうりのナンプラー漬けは、たたききゅうりにしているからか、シャクシャクの歯ごたえは残っているのに味が良く染みてます。
ピリ辛。

カリフラワーのスパイス炒めの方も、歯ごたえが最高です。
カリフラワーは火が入りすぎると、もそもそして美味しくないですからね。
スパイスが後を惹くので、箸が止まらないっす。


さてカレーですが、今日は2人とも秋冬の季節限定カレーにしました。
LIONSHARECURRY.JPG
(照明が落としてあるので、この写真だけフラッシュを焚かせてもらいました)

奥が相方の頼んだ「きのこと茄子のカリー」中辛です。
トマトベースのカレーで、5種類の茄子ときのこがたっぷり入っています。
「たっぷり」と言いながら「本当にたっぷりか?」と問いただしたくなる店もありますが、こちらのキノコは本当にたっぷりです。
舞茸なんかはカレーのスパイスの中にあっても薫り高く、美味しいです。

カレーのベースは粘度が低く、スープ状。中辛でもそれなりに辛め。

相方は「きのことチキンのカリー」にも惹かれていましたが、骨付きチキンベースは辛口しかないので、こちらにしたのですが中辛でも辛かったようです。(ちなみに野菜ベースはマイルドもあります。)
ただ辛さはすっきりした感じの辛さで、トマトの酸味や野菜の甘みもあり美味しいです。
具にトマトの水煮が入っているのも、アクセントになってます。


私の方は手前の「牡蠣のカリー」辛口のキーマカリーセットで。

セットにするとキーマカリーとスープがセットになって+300円です。
LIONSHAREKEEMA.JPG
キーマカレーはごはんの半分を覆うようによそわれて出てきます。
ごはんは3分づきの玄米。アチャールと生姜がのっているのは、単品で注文したときのごはんと一緒。
ちなみにライスのおかわり・大盛りは無料です。

キーマは、店主が修行したという松本の「シュプラ」直伝らしいです。
鶏挽肉で、水気がなくパラパラに炒められているので、スパイシーそぼろごはんって感じです。
これが玄米とアチャールと一緒に食べるとスパイシーで美味しいんです。

更にカレーをかけて混ぜるとこれがまた旨いんですよ。

LIONSHARE牡蠣.JPG
牡蠣は広島産。かなり大粒のが5つ入ってました。贅沢。
(写真手前は全てのカレーにたぶん入っているトマト水煮)

牡蠣は身そのものもプリッとして美味しいですが、カレーソースの方には旨味が出ていて、じんわり旨いです。
辛口ですが、辛みはすっきりしているので、するすると食べられます。

味や雰囲気はもちろん、サービスも丁寧で、落ち着くお店です。
値段は安くはないですけどね。

ちなみに昼はセットメニューなんですが、きざみ野菜をキーマの下に引くことが出来ます。
これが食感と爽やかさがアップしてまた旨いんですよ。
おすすめのお店です。

あとHPの「不定期コラム」
すごく面白いんですが、不定期っちゅうか・・・。
修行編の続きを待ってます!

<店の情報>
LION SHARE(ライオンシェア)
渋谷区代々木 3-1-7/03-3320-9020
日曜祝日休/11:30〜14:00・18:30〜22:00
http://www.lionshare.jp/index.html

<今回のメニュー>
きのこと茄子のカリー   1,400円
牡蠣のカリー       1,400円
 +キーマカリーセット    300円

ワイン(白)ハーフボトル  1,500円
きゅうりのナンプラー漬け   400円
カリフラワーのスパイス炒め  700円
posted by 三吉 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック