2018年04月30日

縁卓/南浦和

南浦和の古い納屋を改装した雰囲気あるお店

陽だまりの庭を眺める縁側的な席に座ります

セルフでルイボス茶

ゆったりした気分で料理を待ちます

こちらは「縁卓カレープレート」というメニューのみ。
この日は海老、マトン、骨付きチキン、バタークリーンチキンの4種類
カレーとごはんの他におかず、青菜炒め、大豆サラダ、酢物がのったプレートで、食後に口直しがつきます

縁卓カレープレート(マトンカレー)

玄米とおかずのバランスが美しいです

マトンは羊の旨味がしっかり
これはかなり好きなカレー

縁卓カレープレート(バタークリーンチキンカレー)

チキンはクリーミーですがサラサラ
そしてスパイスオイルが表面に浮くほどスパイシー
クリーミーとスパイシーが両立してさらに旨いってなかなかないと思う。旨い

口直し

抹茶のババロア

ゆったりと庭を眺めて旨いカレー

ただただ最高っす

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

「生成とindigo」・・・竹林Cafe[10]/武蔵五日市

真木テキスタイルで開催中の「生成とindigo」

もう武蔵五日市に来るのも10回目です

竹林の家 雰囲気があります

ここの展示はいつもいいなあと思います


今回はindigoに振り切ったせいかブルー統一感があります

もちろん展示だけではなく、ラケッシュ君の料理も楽しみです

マサラドーサ(南インド菜食)
・ワダ、サンバル、きゅうりのたちきサラダ

これ素朴なようでいて、スパイス感があって大好きな味

サンバルうまいなあ

4種のチャトニ
(コリアンダー、トマト、ココナツ、タマリンド)

カラフルでしかも旨い

あいかわらずラケッシュの料理は私のツボです
また来たいと思います

【過去の訪問】
  竹林Cafe[1]/武蔵五日市「竹林の中でゆったりとチャパティでカレー(09年6月)」
  竹林Cafe[2]/武蔵五日市「maki+gangaの5月展でヒマラヤの山里料理(11年5月)」
  竹林Cafe[3]/武蔵五日市「手の5月展でマサラドーサ(13年5月)」
  竹林Cafe[4]/武蔵五日市「カディ+マンガルギリ展でインドの寺院フード(13年7月)」
  竹林Cafe[5]/武蔵五日市「2月のお楽しみ展で豆のカレーとライス(16年2月)」
  竹林Cafe[6]/武蔵五日市「春の空羽衣展でラジマ豆のカレー(16年4月)」
  竹林Cafe[7]/武蔵五日市「夏の布・展でマサラドーサ(16年7月)」
  竹林Cafe[8]/武蔵五日市「夏のコットン カディ 葦&竹(17年7月)」
  竹林Cafe[9]/武蔵五日市「ヒマラヤの暮らし(17年11月)」


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

KING LION[3]/溝の口

溝の口のスリランカ料理店

【過去の訪問】
  KING LION[1]/溝の口「スリランカプレート・鯵のスパイス揚げなど(17年6月)」
  KING LION[2]/溝の口「スリランカプレート(鯛)など(17年7月)」


最初にポルロティを頼んだら「これでも味は同じだから」と違うものを提供される

なのでメニュー名は不明
美味しいから問題なし

鰆のスパイス焼き

真っ黒だけど焦げてるのは表面のスパイスだけで魚はふっくら
ここの魚はいつも激旨

アラック各種

古酒的なものと、二度蒸留したのを飲んだ
お酒が充実しているのはすらさ時代と変わった良い面

マトンステーキ

北海道産マトンのブロック肉が燃えながらでてきました
肉質に絶対の自信があるのでシンプルに焼いていると店主
シンプルで噛むほどに旨さがっ!

野菜カレー盛合せ

「これはホントはカレーじゃないよ」と店主
おつまみにも使える野菜料理
手前から茄子、エリンギ、ピーマン、竹の子

サルシッチャ

なぜスリランカ料理なのにサルシッチャ?と思うが、店主(スリランカ出身)は元イタリアンの料理人

オリジナルチャイ

本当はスリランカにチャイ(スパイス入りのミルクティー)はないとのこと
注文が入ってからホールスパイスをすりつぶし、じっくり混ぜながら作る店主のオリジナルチャイ
香り高く甘くて幸せになります

ということで満足感の高いお店です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

CoCo壱番屋ハラール/秋葉原

みんな大好きココイチ

色が違うお店があります

2020年に向けてハラール対応のお店なんです

チキンキーマ+チキンソーセージカレー(ライス小)

ソーセージには砂肝的な部分が入っていて、粗挽き風の歯ごたえがあり、チキンソーセージにありがちな物足りなさなし。よく出来てますよ!

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

PIVO/御徒町

近年カレー激戦区となってきた御徒町

おしゃれ系のお店です

2種盛り(スパイシーチキン、キーマカレー)+黄身のせ

玉子トッピングは、おんたま/黄身のせ/ふわたま/オムのせ/チーズオムといろいろ選べて楽しいっす

玉ねぎたっぷりのチキンカレーは少し草枕を思わせる味


粗挽き豚のキーマは挽肉の粒の主張がある感じ


副菜も合わせて全体として旨いです


気に入ったのでまた行きます

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

香噴噴/木場

担々麺の人気店

シャオペンペンと読むのですが、いかにも香りが強そうな店名

成都担担麺

いわゆる汁無し担々麺

混ぜていくとぶわーっと香りが立ってきます
これは旨いなあ
干した茸のようなものが歯応えも良くていいんです

ミニ咖哩飯(カーリーファン)

ライスがジャスミンライスで、中華なスパイスが効いたカレーとの相性良く、かなりいけるっす

セットでの相性も良いです

ここはいい店だなあ、また来よう

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

AirSpice24 スープキーマカレー

毎月届くレシピ付きスパイスセット

今週は豚鶏ミックスのスープタイプのキーマカレー

旬の竹の子のマスタードオイル炒めを添えてみた

満足度高いっす

【今までのAirSpice】
  AirSpice00 基本のチキンカレー
  AirSpice06 真鯛のカレー
  AirSpice08 マトンカレー
  AirSpice09 サグカレー
  AirSpice10 バターチキンカレー
  AirSpice11 カリフラワーとポテトのカレー
  AirSpice12 あさりのカレー
  AirSpice13 ドライキーマカレー
  AirSpice14 ミックスベジタブルカレー
  AirSpice15 オニオンチキンカレー
  AirSpice16 海老とオクラのカレー
  AirSpice17 バターチキンカレー
  AirSpice18 野菜の宝石カレー
  AirSpice19 フルーティサーモンカレー
  AirSpice20 ビーフとキノコのカレー
  AirSpice21 ポテトのグリーンカレー
  AirSpice22 レモンチキンカレー
  AirSpice23 豚バラ肉と大根のカレー
  AirSpice24 スープキーマカレー
  AirSpice25 鶏手羽元の赤いカレー
  AirSpice SPECIAL 2 ターメリック香るフィッシュカレー
  AirSpice SPECIAL 3 ファイナルポークカレー


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

カレー食堂リトルスパイス[2]/吉祥寺

7年ぶりのリトルスパイス

このお店は変わらないなぁ

【過去の訪問】
  カレー食堂リトルスパイス[1]/吉祥寺「キーマとマトン(11年1月)」


本日のカレー「バングラデシュのホームメイドカレー」

シンプルなチキンカレー
手羽元とタマネギ(とグリンピース)のみ

ブナ


ブナは鶏レバー、砂肝、ポークのドライタイプのカレーで、インドの屋台料理

ちょっと甘めのライタとの相性が抜群

ライタ


もうちょっと間を空けずに来たい

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

柳屋/笹塚

笹塚の人気立ち蕎麦

天ぷらが豊富で朝から繁盛しています

キーマカレーそば+人参天

カレーはレトルトのようだけど、立ちそばらしい真っ黒なつゆと不思議に合うかも
天ぷらは多種あって悩むけど、人参かなり旨いっす

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:麺カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

おいしいカレー工房ひつじや/飯田橋

飯田橋のひつじや
飯田橋のお店は初訪問です
まあひつじやそのものも久しぶりです

ひつじの薄切りレアステーキ

以前は「羊のたたき」といっていたここの名物の一つだと思います

チュニジアのぎょうざ・ブリック

これも名物です

切ると中の卵黄がとろっと出てきます

ひつじの胃袋のカレー

カレーはこれにしてみました
胃袋の食感が面白いです


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

カレー寺 vol.3 「獲る、採る、創る。」

Japanese Curry Awards主催イベントカレー寺の3回目

場所はいつもの本名院

お寺でカレー、いいもんです

今回のテーマは「獲る、採る、創る。」

自らハンターとして動物を「獲る」beet eat 竹林久仁子シェフと、最近農業を初めて野菜と「採る」カッチャルバッチャル 田村修司シェフ

本日のメニューは
beet eat 竹林久仁子シェフ
・イノシシと蝦夷鹿の富士酢ビンダルー
・イノシシの山椒キーマ
・蝦夷鹿のロースト
カッチャルバッチャル 田村修司シェフ
・竹の子とフキ味噌マサラのグリル
・ミニトマトと海老と小柱のハーブマリネ
・チェブラタンコルマ
自然農法の祖 福岡正信氏の米「ハッピーヒル」

全てが旨い!
素材を活かした味が、打合せもしていないのに絶妙!

更にトークショーでも話も興味深く、両シェフに感服です

お手伝い中の食べられずに待ってる時間は辛いのですが

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

凡亭[2]/喜多見

2回目の訪問

細い階段を上がっていきます

【過去の訪問】
  凡亭[1]/喜多見「鶏と茄子のあいがけ(17年12月)」


前回訪問時は基本のメニューが3種類(鶏、茄子、甘口)でしたが、さらに2種類増えていました

その増えていた2種類のあいがけで頼みました

Wソースカレー(牛、豚バラきゃべつ)

豚の方は基本のカレーソースにトッピングした形
牛は煮込まれた別ソースです

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

MATOO[11]/大森

サラダカレーセット

名前はサラダだけど、ライスの上にカレー、チーズ、リーフレタスとたまねき、サルサソース的トマトとアボカド、という構成で、タコライス的なカレーです

コールスローとラッシー付き

テイクアウトのお客さんも多く、今や大森界隈一番人気のインド料理店かもしれません

【過去の訪問】
  マトゥ[1]/大森「開店早々の海老と豆(10年9月)」
  マトゥ[2]/大森「シーフード&カバブ(11年11月)」
  マトゥ[3]/大森「冷たいキーマカレー(12年7月)」
  マトゥ[4]/大森「サラダカレー・アボカド入り(12年7月)」
  マトゥ[5]/大森「冬限定・丸ごとパンプキンカレー(13年1月)」
  マトゥ[6]/大森「冷たいキーマカレー再び(13年6月)」
  マトゥ[7]/大森「冷たいキーマカレーみたび(14年8月)」
  マトゥ[8]/大森「ポーク&豆(16年2月)」
  マトゥ[9]/大森「野菜たっぷりスパイシースープカレー(17年2月)」
  マトゥ[10]/大森「カバブ&MATOOチキン(17年10月)」


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

A・Raj/池袋

すぐ近所、ちょっと裏手に移転したお店

移転後初訪問です

本日のノンベジミールス

おすすめは豚モツカレー
あんまりインド料理店では見ないメニューですが、店員さんによると「うちのオーナー、気にせずなんでも食べちゃうんですよね。厳しいインドの方には出せないですけど」とのこと

満足です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

カレーつけ麺。壬生/池袋

「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか?」「カレーは飲み物。」の壬生の新業態

4/1オープンらしいです

「カレーつけ麺」と「ヤサイちゃんぽん」の二本立てのメニュー構成
それぞれにエビ天、とんかつ、タンドリー唐揚げのトッピングが可能

タンドリー唐揚げカレーつけ麺


つけ汁

濃厚なカレー汁の上から粉チーズ、刻み紫玉ねぎ、生クリーム(エスプーマ)

麺と唐揚げ

麺にはゴマ、ネギ、刻み海苔
唐揚げはタンドリーチキン風味でスパイシーかつやや酸味もあり、ジャンクに旨いっす

麺をつける

太く硬いちぢれ麺はカレーがよく絡みます

追い飯(ハーフ)

小さめのソースポットに入ってるのは良い遊び心
パセリとフライドオニオンがのり、粉チーズと一緒に出てくるので、チーズカレーリゾット状にして食べる
沈んでいた刻み玉ねぎも回収できて良い歯ごたえです。追い飯必須

壬生はかなりチャレンジングで面白いです

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:麺カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

ストン/戸越銀座

戸越銀座の新店


まずはアチャール盛り合わせ(砂肝・鰯・セロリ)

これはお酒が進みます

ビール(RED MY LIPS)とホットラムチャイ

チャナ豆カレー


チキンカレー


マトンキーマが食べたかったが売切れてて残念

でもスパイシーで好きなタイプのカレー
また来ますよ

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

涅槃/下北沢

下北沢・般°若移転後跡地の話題の新店

涅槃スペシャル(和風黒キーマカレー、チキンニハリ)

カレーもライスもうず玉も2色
美しくて旨くて、これは人気になるでしょう

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

牛八大森店/大森

大井町駅前の牛八が先月末に大森に2号店を出店


スペシャルカレー(辛口・小)+生卵

牛丼とスタミナ丼(豚)とカレーの合い盛り

小サイズでもそれなりのボリューム感があります

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

パピー/元住吉

大人になってもお子様ランチって時々食べたくなりません?
もちろん大人になって覚えた味、酒の肴も大好きですが、おこちゃまっぽい味のものを無性に欲するときがあります
そんなときにおすすめなのが元住吉のカレー専門店パピーです

カレー専門店と言いながら、スパゲッティも豊富だし、それと洋食的メニューとの合い盛りもできるのです

そんなお店で最もお子様ランチ的メニューと思っているのが「セット5」です

カレー!
ハンバーグ!
スパゲティ―ナポリタン!
もう最強でしょ

子供の時からお子様ランチにトマトもいらないし、旗なんか立てなくていいし、子供だましのおもちゃなんかいらん!と思っていた私です
こんなの好きに決まってるじゃないですか


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

LOVE INDIA 2018

毎年恒例のLOVE INDIA

今年は開催見送りになったんですが「なんらかの形では…」と言っていたのが、早々と池袋東武の「Natural & Organic FES」で実現

昨日までがプレートAで今日からプレートBになりました

ワクワクするシェフたちのコラボです

アマトリチャーナカレー(たんどーる塚本シェフ)

パスタでは食べたことあったけど、バスマティライスにも合います

ベイガンキーマ(アンジュナ藤井シェフ)

カルダモンがばっちり

人参とチャナ豆のサブジ(スパイスカフェ伊藤シェフ)

ココナツ風味が良い

エリンギの鶏油アチャール(ヘンドリクス若林シェフ)
ヒングとベイチのぬか漬けアチャール(シバ柴崎シェフ)

エリンギは食感がたまらん
ぬかの方はちゃんとぬか漬けなんですが、アチャールでもあるという不思議な旨さ

カチュンバ/ライス(デリー田中シェフ)

全体を纏める絶妙さ

LOVE INDIAは前売チケット買うのが面倒だったりするんで、デパートの催事はお手軽で、これもありじゃないでしょうか

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | イベントカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする