2016年03月31日

ロイラ/蒲田

昨年蒲田にオープンしたインド・ネパール料理店。
国旗
ビルのベランダにネパール国旗。
ROILA
3階に上がると、内装的にはカラオケパブの居ぬき丸出しなお店です。

ランチはナンとカレーのよくあるインド料理店メニューが主体ながら、ミックスチャウミン(ネパール風焼きそば)やネパールターリセットという名前のダルバートもあります。

ネパールターリセット。
tali
マトンまたはチキンカレー、ダル(豆)スープカレー、ライス、ほうれん草炒め、漬物。
muton
カレーは私はマトン。細かい骨付き。顎が鍛えられる硬さだけど旨いです。羊はこれくらいのも好き。
dal
ダルはスープカレーとメニューにあるが、やや粘度のあるタイプ。
achar
ムラコアチャールも山椒の味が効いていて旨いです。
salad
サラダとソフトドリンクもセット。

総じて感じの良いネパール料理店だと思います。ちょっと内装のカラオケパブ感は強いが。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

SRi LaNKa KiCHEN/金沢

金沢でカレーといったら金沢カレー!
食器
ということで定番のステンレスの皿と先割れスプーンのセットには心ひかれましたが、一度も金沢カレーは食べませんでした。
ちなみにこの皿を売っていたのはここ。
八百萬
「八百萬本舗」は金物屋だった町家をリノベーションして作ったショップ。
味があります。

もう一つ金沢カレートピックス。
お土産にも人気の加賀麩の有名店・不室屋の「おやつ麩」
麩
オリジナルのメープル味に加えてチーズ味とカレー味がありました。
普段ならカレー味に飛びついて買ってしまう私ですが、試食した結果、味は良いのですが、苦手な「口の中の水分持っていかれる系」だったので買いませんでした。

そんな金沢で行ったのは「島のスパイス&カレー スリランカキッチン」
SRILANKA
人気の南インド料理店「スパイスボックス」の姉妹店なのだとか。
現在は、昼はスリランカキッチン、夜はスパイスボックスが営業しているらしいです。

なかなかランチメニューが豊富で、カレーランチ、炭焼きランチ、スリランカバナナリーフランチ、ドーサランチ、ランプライスとあります。
ランプライスはバナナの葉に包まれた炊き込みご飯のことで、現地ではお弁当になったりしているみたい。
これはぜひ!と思ったんですが品切れでございました。

そんな訳でバナナリーフランチ。
カレーは種類が選べます。
banana1
私は選べるときはマトンを選んでしまうのは仕方ないのです。
mutton
マトンカレーは今までに食べたスリランカカレーの中ではかなり粘度があり、そして辛いです。
辛いのは大丈夫とは言いましたが、「普通」で頼んだはずなのに辛い。いや、旨いのは文句なく旨いです。
豆のカレーも辛味が強いです。かなり辛い。
salad
カツレツや生野菜が嬉しいからさ。

相方はフィッシュカレー。
banana2
こちらは辛さを抑えてくれと頼んだのですが、それでも割と辛い。
fish
ちょっと辛さの感覚が金沢感覚なのかスリランカ感覚なのか不明です。旨いんだけど。

ちょっと米が柔らかすぎるのがマイナスポイントでしたが、本格的なスリランカカレーの店が日本海側にもあるなんて素晴らしいことですよね。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

金澤こっぺ/金沢

私はカレーも好きですが、パンも好きなので、地方に行くとパン屋にも行きたくなります。
パン屋は朝早い店が多いので、それも嬉しいところ。

そんな訳で泊まっていたホテルから徒歩で50分ほど、金沢中央卸売市場の前にあるパン屋さんへ。
金澤こっぺ
金澤こっぺは最近流行りのコッペパンに色々は様うタイプのお店。

甘いのはあんこから、カスタード、ジャム、ピーナツクリーム、チョコフレーク等々。
おかず系はソーセージ、たまご、ポテサラ、焼きそば、ハムカツ等々。

その中にカレーもあるのが変わってます。
金澤こっぺパン
たまごカレーにハムトッピング。
あんマーガリンにはホイップクリームをトッピング。
そぼろレンコン と3つを買いました。

カレーは水気の少ないキーマカレーとかかと思ったら、なんと普通のカレー。
なので食べてるとだらだら流れてきて食べにくいっす。

重みずっしりのコッペパン、選ぶのも楽しくて良いですよね。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カレー周辺商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

フルオブビーンズ/金沢

別ブログでも書きましたが、相方と金沢に行ってきました。
今回のメインは21世紀美術館。良かったですよ。

野外の恒久展示作品、オラファー・エリアソン「カラー・アクティヴィティ・ハウス」
color
三原色(シアン・マゼンダ・イエロー)のガラス壁が渦巻き状になっている作品。
見る場所によって色が変わって見えます。
color
color
日没後は真ん中の光源が灯ってまた違う趣になるんだと思います。

こちらはフローリアン・クラール「アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3」
number
美術館の建屋周囲の芝生からはえたラッパ。これが12本あって、2個ずつペアでつながっていて、どことつながっているかはわからないという仕様。
どこにいるかわからない誰かと会話ができるかもしれないという作品ですね。

お昼ご飯は美術館に近い町家を改装した古民家カフェ。
FULLOF
雰囲気があります。
内装
靴を脱いで上がる店内は女性が多いですなあ。

金沢にはB級グルメとして有名な「ハントンライス」というのがあります。
ケチャップライスに薄焼きの卵をのせてオムライス風にした上に白身魚のフライやエビフライなどの揚げ物をトッピングして、タルタルソースを掛けたもの、のようです。
有名店はかなりがっつりメニューですが、このお店ではカフェらしくしゃれたアレンジメニューになっています。
ということで相方は「野菜タルタルのハントンライス」
hanton
バターライスに薄焼き卵。エビフライを2本のせてデミグラスソースとタルタルソースがかかってます。
デミグラスは軽めで、さっぱり食べられる感じ。
salad
しっかりした加賀野菜メインのサラダもついています。

私はもう一つの気になるメニュー「鴨ロースと加賀野菜のスープカレー」
curryplate
サラダもたっぷりのったワンプレートです。
soup
スープカレーは、せっかく良質な加賀野菜と鴨を使っているのに、なんだか平板な味でちょっと残念。
とはいえ野菜たっぷりで健康的なランチが食べられるのは観光中はちょっと嬉しかったりします。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:スープカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

香味亭 尾和/新橋

ニュー新橋ビルの4階にあるお店。
尾和
別の場所にある「正味亭 尾和」の支店のようです。

ランチには激辛のナスカレーがウリ。
オリジナルは激辛なのですが、中辛・小辛もできるし、激辛の上・ヤバ辛もできます。
激辛カレーを使ったカレーそばや、カレーミートソースフェットチーネ、焼きカレーもできます。

激辛が怖いので、オリジナルに生卵をつけてみました。
セット
サラダとらっきょが付いています。
ナスカレー
激辛、というほどでもないような気もしますが、辛味がしっかりあって茄子はトロトロ。
これはファンが多いのもうなずける味。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

田毎/秋葉原

カレー激戦区・アキバで仕事でしたが、ゆっくりお昼を食べる時間がなく、駅構内の立ち食いそばへ。
田毎
総武線のホームから乗り換える途中にあります。

そのの外の張り紙。
張り紙
上の「話題のポテそば始めました」も気になるけど、サービスのステーキカレーの食券を購入。
「ステーキ一丁!」の掛け声が通ります。
カレー
しっかりしたステーキですよ。豪華! 690円!
ステーキ
ミディアムレアくらいの焼き加減も良し。
ロケーション
あわただしく行きかう人を見ながらいただきました。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

鯱乃家カレーうどん(ゆで)

名古屋のカレーうどんを自宅でも。
鯱乃家
ということで、買ったのは近所ですけどね。

豚肉と油揚げと玉子を入れて作ってみましたよ。
鯱乃家
とろっと濃厚なカレーと、太くて歯応えのあるうどん。
悪くないですが、相方は古奈屋の方が好きみたい。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カレー周辺商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

ピヨ[2]/川崎

川崎アゼリア・リニューアルシリーズ第3弾。
新規オープンではなく、改装前からあったカレースタンド・ピヨ。
ピヨ
なんとシンプルでおしゃれな店風。ピヨなのに・・・。

【過去の訪問】
  ピヨ[1]/川崎「マレーシアカレー(11年10月)」


店員さんも、シンプルだけどしゃれた制服の真面目そうな方が多く、かつてはいかにもな金に近い茶髪の川崎ヤンキー上がりの姉御店員ではなくなってました。

内装や店員は変わっても、カレーは変わってない様子。
このお店の定番ともいえるマレーシアカレー。
マレーシア
上のリンクのカレーとほぼ変わっていないのがわかります。素晴らしい。

もう一つピヨらしいメニューということで「ナスビカレー」にツナトッピング。
ナスビ
なぜ「茄子挽肉」とか「茄子キーマ」とか言わずに「ナスビ」にこだわるのか。
茄子と挽肉のカレーなんて旨いに決まってますよね。
ツナはキュウリを混ぜたサンドイッチの具にする状態でライスオン。この独特のツナカレーも健在でした。

ということで、表面的には変わったけど、中身はまったく従来通りのピヨでありました。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

カレーうどん千吉/川崎

改装グランドオープンした川崎アゼリア、第2弾。
こちらも新規オープンのカレーうどん千吉。川崎市初出店だとか。
千吉
千吉は元々、吉野家のグループ企業だったわけですが、今ははなまる系。

れぎゅーらーメニューにカレーうどんだけで5種類。
スタンダードな「千吉カレーうどん」はミルク+和風だし。ピリ辛の「辛吉カレーうどん」、コクとスパイシーさを加えた「黒カレーうどん」、ココナツミルクテイストの「赤カレーうどん」、女性に人気のパスタ感覚の「トマトテイストカレーうどん」。

「黒」にしました。
黒
他と比較しないと黒いかどうかよくわかりませんね。
汁はコクがあって旨いです。
具は豚肉と玉葱が思った以上にたっぷり。そしてネギ。ネギはもっと多いと嬉しい。
あと、個人的に汁が多めの方が好きだなあ。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:麺カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

SOLAH SPICES TOKYO/川崎

本日3/16、かねてより改装中だった川崎の地下街・アゼリアが全面的にリニューアルし、グランドオープン。

レストラン街も改装前から残る店あり、新規オープンの店あり。
初日とあって各店舗とも行列ができる状態でした。

そんなわけで新規オープンの一軒がインド料理系のお店だったので、早速入ってみました。
SOLAH
SOLAH SPICES TOKYO。
どこかの支店という雰囲気でもないのですが、川崎なのにTOKYO。謎。
ちなみにSOLAHはヒンディー語で「16」という意味だそうですよ。

こだわりぬいた16のスパイスを使ったカレーとタンドリー料理が自慢、かつビールが開店サービス価格ということで、まずはビールとタンドリー盛り合わせ。
beer
ビールはともかく、タンドリー料理が「串焼き」と呼ばれている謎。
竹串でタンドール釜に入れるって無理があるなあと思ったら、どうやら顧客提供用に竹串を打ち直している模様。謎。
tandori
左からチキンティッカ、フィッシュティッカ、チキンカバブ。
メニュー上も「カジキマグロの串焼き」だったり「フィッシュティッカ」だったり統一しきれず。
メニューには「ジューシー鶏つくねの串焼き」とあっても「チキンカバブです」と説明があったり。
真ん中に鉄串を通した穴があるのに、横にカットして竹串で刺すという、今までに見たことのない提供スタイル!
焼き物は焼いたまま出して、そのまま食べるのが一番ジューシーで美味しいと思うんだ。

カレーはグランドメニューに7種類。
「マイルドバターチキンカレー」「なすと挽肉のキーマカレー」「シェフ特製チキンカレー」「16野菜のそーらベジタブル」「ほうれん草チキンカレー」「ほうれん草のシュリンプカレー」「ぷりぷり小エビのシュリンプカレー」。
全て「ソーラ(16種類)のスパイスで仕上げた」らしいです。カレーによるスパイスの使い分けはないのか?謎。
ナンの中に「全粒粉のヘルシーナン」というのがあり、よく見るとローマ字で小さく「Roti」とあったので、一緒に注文。ロティをヘルシーナンと呼ぶ店も初めての出会い。
curry
カレーはなんというか普通です。一般的なインド料理店という感じ。
チキンカレーなのに数種類の野菜が入っているのがシェフ特製というあたりでしょうか?
ヘルシーナンはナンとチャパティの中間的な、不思議な感じ。謎。

ということで、謎あふれるお店ですが、少しして営業が安定したらまた様子を見てみようかとは思います。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

じゃがですよ・銀座のカレー味

相方が買ってきてくれたもの。
じゃがですよ
フライドポテト風スナック。
どのへんが「銀座のカレー」なのかは不明ですが、普通にカレー味で美味しいです。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カレー周辺商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

Always SOBA/分倍河原

分倍河原に突如登場したおしゃれ立ち食いソバ。
ALWAYS
手前はガラス張りとかではなく開口部。かがんで入店します。

わたくしが頼んだのはオススメの「温かい鳥そば」と「キーマカレー」
set
鳥そばはつけそばで、温かいのはそばではなくつけ汁。
これは良いですねー。汁はちょい濃い目。そこがまた良し。
葱・海苔・ゴマがこれでもかとたっぷりのっているのがたまらんです。
白髪ねぎ、生卵、揚げ玉は無料で取り放題。それも嬉しい。
curry
キーマカレーもたっぷり。小丼でもよかったとちょっと後悔。
トマトの酸味の効いたシンプルなキーマカレー。

これは外見しゃれているけど、かなりがっつり系の、立ち食いそばです。
分倍河原はすぐそばに牛すじカレーの旨い立ち食いソバ「立来」があるので、どっちに入るか悩んじゃうな。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

台湾カレー 千種店/名古屋

独自の進歩を遂げている名古屋メシ。その最新作?なのが、これ。
看板
「台湾の進化形」っていわれているわけですが、既に台湾とはあまり関係ない感じ。
元々、名古屋メシとして定着していた「台湾ラーメン」というピリ辛の挽肉とニラの入ったラーメンがありました。
それを汁無しの混ぜそばに応用した「台湾まぜそば」が2008年に誕生。麺の上に鷹の爪とニンニクの効いたピリ辛の挽肉と、生のニラ、ネギ、卵黄等をのせたもの。(前に食べたカレー味のやつ
その挽肉を「台湾ミンチ」と呼んで、カレーにかけたのが「台湾カレー」だっ!

と、説明が長くなったけど、上の看板がある千種駅前のお店へ。
台湾カレー
ここは「台湾まぜそば」発祥の店である「麺屋はなび」の系列店。

ラーメン店の系列店らしい食券制。
台湾カレーには、唐揚げ、カツなど揚げ物主体のトッピングが多いけど、揚げ物気分ではなかったのでチーズをトッピングしてみた。
ニンニクのありなしを聞かれたので、「あり」で。
台湾カレーチーズ
台湾ミンチ旨いなあ。カレーも普通に美味しい。けど、粘度の高いザ日本のカレーとミンチがあっているかは微妙。
個人的にはもう少しエスニックなカレーにして、台湾まぜそばのように葱ももっと増やして、薬味をがっつりの方が美味しいんじゃないかなあ、と思いました。

まだ生まれたばかりの料理だし、これから進化して、名古屋メシとして定着していくことに期待しましょう。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

わすれな草/大阪

大阪でもう一軒。
わすれな草
最近はスマホがあることもあって、東京近郊以外であっても行くお店の事前情報を持っていくことがほとんどなのですが、このお店は外観を見て、ナンの事前情報もなくふらっと入っちゃいました。
看板
だってこの看板とか、年季入っててめちゃうまそうじゃないですか。
赤文字が消えちゃって読みにくいので保管すると「水を一滴も使わないトマトヨーグルトの本格インドカレー

店内に入ると、基本は立ち飲み屋であることがわかります。
メニュー黒板を見ると夜は和な感じでそれはそれでうまそう。カレーリゾットもメニューにあります。

で、ランチタイムはカレーの並盛か大盛かを注文するのみ。
カレー
並盛。
酸味の効いたチキンカレー。これは私が家で作りたいタイプのカレー。旨し。

やっぱり大阪は懐が深い。こんな店もあるんだなあ。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

カルータラ/大阪

大阪出張に合わせて、JapaneseCurryAwards2015表彰店に。
KALUTARA
関西のスリランカカレー・スパイスカレーのお店のほぼすべてに少なからぬ影響を与えているというカルータラ。
なんと18年も前からスリランカカレーを出しているんですね。

そんなカルータラのランチメニューは日替わりのカレーにチキンかビーフのカレーをセットにしたもの、あるいはチキン、ビーフそれぞれのカレーが選べるようです。

ということで、日替わりとチキン。本日の日替わりは豆のカレー。
curry
チキンカレーはスリランカレーらしくダシが効いていてスパイシー。
豆のカレーも優しい味というよりは、しっかりした味があって、それぞれで食べても、混ぜて食べても美味しいタイプ。このカレーは好きだなあ。
ヨーグルト
ランチタイムにはキトゥルヨーグルトが付きます。

こちらのお店は基本、昼のみの営業で、夜は予約のあった時だけ営業らしいです。
ランチだけでも、なるほどとうならせるカレーだったので、いずれは本領発揮の「ヨルータラ」にもお邪魔してみたいものです。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

Uo[2]/大森

大森の魚介イタリアンバル「UO」。
UO
開店直後以来の訪問。

【過去の訪問】
  Uo[1]/大森「夏野菜のカレー&ブッフェ(13年7月)」


前はメインディッシュ以外のおかず系はブッフェ形式だったのですが、それはなくなったみたい。

ランチメニューは「生パスタDEラザーニャ」「魚介たっぷりトマトソースパスタ」「じっくり煮込んだビーフカレー」の3種類。当然私はカレーですが。

最初にサラダ、スープ、パンが運ばれてきます。
salad
サラダは皿が既にテーブルにセットされた、店員さんがボウルをもってきてトングでよそってくれます。

そしてメインのカレー。
curry.jpg
普通に欧風のビーフカレー。割とあっさり。

最後のコーヒーとデザートは何故かセルフ。一種類しかないのにブッフェ形式が何故か残ってます。
coffee
店員さんはいるので、デザートを取りに行ってる間に食べ終わった皿が下げられてます。
だったらデザートを持ってくればいいのに。なんか労力のかけ方が間違ってる感じ。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

薬師の大番/新井薬師前

新井薬師前駅、徒歩1分のラーメン屋。
大番
この地で30年になるお店なのだとか。

カレーラーメン「カレ丸」
カレ丸
お店のメニューにも「カレーを入れただけ?そう感じたあなた!その通り!でもやられちゃいます」とのこと。
麺
優しい豚骨ベースのスープに、ニッポンのカレー。
カレーのベースにもラーメンの豚骨スープを使っているとのことで合わないわけはないですよね。

ちょっと辛味が足りないと思ったら、自家製の調味料「辛味紅椿」を入れると味が変わります。
普通といえば普通の安心感のあるカレーラーメン。私は好きだなあ。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

CURRY UP/原宿

原宿にあった「GHEE」の遺伝子を引くカレー
CURRYUP
かつてGHEEでアルバイトをしていたというクリエイティブディレクターのNIGOがトータルプロデュースするお店です。

【過去の訪問】
  ロイヤルキチン[1]/大森「ビーフ&やさい(11年10月)」


ここは2種類のカレーの合い盛り「コンビ」が良いですね。
set1
相方は牛すじとバターチキンのコンビ。
suji
牛すじは思ったよりさっぱりしていますが、コクはあって旨いです。
butter
バターチキンって最近色々なところで出てきて食傷気味で頼むことが減っていたのですが、ちゃんとしたバターチキンはやっぱり旨いですね。
set2
私はビーフカレー(辛口)と茄子のカレーのコンビ。
eggplant
茄子のカレーは日本のカレーではなく、サブジとかそっちよりだけど、スパイスは控えめの優しい味。
beef
GHEE系のビーフカレーはきりっと辛くてたまらんですな。

やっぱり全般的にスタイリッシュ。
原宿らしいお店でございます。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

YAMITUKIカリー[2]/飯田橋

二度目の訪問。
YAMITUKI
人気店ですが、時間をずらしたので今回は少し楽に入れました。

【過去の訪問】
  YAMITUKIカリー[1]/飯田橋「5種のキノコと合挽肉の森盛カレー(15年12月)」


前回はココナツ風味に合いそうなカレーを選んだので、今回は一番味が想像できない「とろーりトロすじと豆富のカリー」にしてみました。
set
ココナツミルクは入っているのだけど、タイカレーともちょっと違う独特のカレー。
curry
豆腐は思いの外このカレーに合います。
が、牛すじの脂の甘みは旨みでもあるけど、ちょっとココナツには過剰な感じ。

次回は焼きチーズのカレーにしてみようかな。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

もつ真路/大森

今日も大森でランチ。
もつ真路
前からある店が新装したのかな。

牛ホルモンと馬刺しがウリの精肉所直営店らしいです。
ランチメニューも肉々しい感じですが、ワンコイン500円の馬すじカレーを。
ウマすじカレー
煮込まれた馬すじとカレーを合わせていただきます。
馬すじは甘過ぎカレーとも調和しているかな。
まあ、ほぼ見た目からわかる通り、期待通りの味 という感じですね。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする