2015年11月30日

タイガーカレー/札幌

札幌4軒目にして完全に初めて行くお店へ。
TIGER
タイガーカレー。
元・美容師さんが始めたお店らしいです。

こちらのお店ではスープが、サラサラであっさりの「裏虎のスープ」、サラサラだけどコクがある「龍のスープ」、とろみがあってスパイシーな「虎のスープ」、虎のスープにニンニク・しょうがを足した濃厚な「虎のスープ<スタミナタイプ>」の4種類があります。

せっかくなのでスタミナタイプ行ってみたいな、と思っていたら、11月のマンスリーは「ぶたスペアリブのカレー」。
これは絶対スタミナタイプが合うでしょ、ということであまり悩まず注文。
set
蓋つきの土鍋で運ばれてくるので、蓋を開けたとたんにスパイスとニンニク・しょうがの香りが!
スープはかなりとろみアリでスパイシー。
curry
肉に個性があるせいか、野菜は基本に忠実でうまい。変わってるのは白い板。何かと思ったら生の長芋でした。
lib
肉は柔らかく、自然と骨から剥がれ落ちるほどのほろほろ具合。
まさしく豚っ!という味わいあり。

他の月のマンスリーやレギュラーメニューも食べてみたいお店。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:スープカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

ZORA[2]/札幌

札幌のスープカレー3軒目。

本当は別の店に行こうと思っていたら雨が降ってきて、適当に喫茶店で雨宿りでも・・・と思っていたら、かつて訪問したZORAを発見。
ZORA
そこそこ近いけど地下の店から移転していたんですね。

【過去の訪問】
  ZORA[2]/札幌「ジャークチキン/なめらかマッシュポテト(12年2月)」


メニューはスープカレーの他に熟成カレー(ルウカレー)と海老油そばがあります。

まあスープカレーは頼むのですが、前回食べたジャークチキンやマッシュポテトも忘れがたいし、羊も食べたい。さらにピリ辛タコと豆腐のスープカレーとか謎のメニューもあり迷ってしまいました。
迷った挙句、前回と同じメニュー+αで。

「なめらかマッシュポテトとベーコンのカレー」にトッピングで炙りラムを。
set
野菜もたっぷりですしボリュームがあります。
curry
トッピングの炙りラムは明らかに本来の主役のベーコンより存在感アリ。
ram
炙りというだけあって香ばしさがあって旨いです。火の通し方も絶妙。

でも、もう一人の主役・マッシュポテトはラムにも負けぬ存在感。
mash
トマトの中にきたあかりのマッシュが詰められているのですが、スープが染みた状態も良ければ、スープに少し溶けだしていくのもまた良し。

やっぱりここも好きなお店だなあ。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:スープカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

ベンベラ・ネットワークカンパニー[2]/札幌

札幌2軒めは4年ぶりの訪問となる雑居ビルの突当り。
BENBERA
ベンベラネットワークカンパニー。
入口
好きなお店の一軒です。

【過去の訪問】
  ベンベラネットワークカンパニー[1]/札幌「牛すじ煮込みベジタブル(11年6月)」


このお店はスープが6種類あって本日のスープはエピローグ。
そして本日のオススメから「アサリベジタブル岩のり添え」。
set
ベンベラではライスの上に半熟の目玉焼きがのります。
curry
スープはあっさり味ですが、アサリの出汁と岩のりの香りで海!って感じ。
滋味あふれるスープが旨いですね。
russi
オススメのレモネードラッシーと一緒に頂きました。
やっぱりここは好きなお店だなあ。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:スープカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

奥芝商店 駅前創成寺/札幌

大阪に続いて札幌へ。

札幌1軒めは時間もないので駅近くでランチ。
ということで、奥芝商店の駅前店。
奥芝創成
奥芝の支店は、店ごとに特色があります。
鉄板
こちらのお店では、この鉄板。
この鉄板で焼くハンバーグのスープカレーはなんと5種類。
「みんな大好き牛100%ハンバーグカリー」「奥芝なんだから海老おくしバーグカリー」「ここでしか食べられない希少な豚肉・黒朱白豚100%ハンバーグカリー」「梅じそと鶏肉は間違いない・しばしバーグカリー」「北海道だからこそラムバーグカリー」

ちなみにスープは、エビの「おくおく」、チキンの「しばしば」、さらにスープを燻製にした「もくおく」「もくしば」があります。

ヒツジスキーの私はラムバーグカリーをもくしばスープで。
セット
がっつりしたラムバーグは迫力十分。
バーグ
このお店では注文ごとに小鍋に大量のキャベツとベースのスープを入れて一気に仕上げ、トッピングを合わせる作り方で、待ち時間も少な目。

時間があまりなくても美味しいスープカレーが食べられて満足です。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:スープカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

[カップ麺]カレーの極み チキンカレーヌードル

日清食品のローソン限定商品。
カレーの極み
特設サイトによると、「謎のローソン部カップ麺プロジェクト」が開発した10/21発売の商品の模様。
しかし、「謎のローソン部」の活動自体は9/30に終了しているという、本当に謎の状況。

カップ麺自体はかなりの辛口で、スープにとろみのあるカレー味。悪くないです。
posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カレー周辺商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

旬彩堂/大阪

本日は大阪出張。
本当は近年の流行りである関西スパイスカレーを食べ歩きたいところですが、今回は一泊&夜9時新大阪着だったので、営業時間の短い店の多い大阪のカレーは無理でした。

しかたなく空腹をどこかで埋めようとホテルの近くの北新地あたりを目的地もなくふらふらしていると、客引きに合いました。
「ラーメンどうですか?」
うーん、ラーメンねえ。ちょっと気分と違うかなあ、と通り過ぎようしたら、
「うちはカレーラーメン専門店なんですけど」
それは聞き捨てなりませんな。

ということで、雑居ビルの奥へ。
旬彩堂
この左側にあるお店。
扉
本当にカレーラーメン専門店ですよ。

初めての人にオススメという「ポークカレーラーメン」を注文。
ちなみに他にも「ビーフ」「シーフード」「梅」「豚キムチ」があり、それぞれにラーメンとつけ麺があります。
ポークカレーラーメン
たっぷりの青ネギとコーン、豚は煮込みではなく薄切りのしゃぶしゃぶ。
カレーはスパイシーというよりも思いの外やさしい味。ラーメンでいうところのベジポタ系なんでしょうか。
麺
お店としては「〆の新定番」をうたっていますが、確かに脂少な目で胃にもたれない感じは飲んだ後に良いんじゃないでしょうか?

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:麺カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

デリー東京ミッドタウン店/六本木

今日は国立新美術館へ。
niki
ニキ・ド・サンファル展。良かったですよー。
budha
写真撮影可の作品「ブッダ」

六本木まで来たのでミッドタウンのデリーへ。
DELHI
ここに入るのは初めてです。

ミッドタウンランチはサラダ2種とタンドリーチキンのついたセット。
set
カレーはコルマ。
corma
チキンの旨みがしっかりしてます。やっぱりコルマ好きだなあ。
chicken
そしてデリー独特のタンドリーチキンはライスとも相性良し。
tandori
六本木でランチならここは手軽で良いですな。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

ハブモアカレー/表参道

話題のお店・ハブモアカレーに初訪問。
HAVEMORE
地下に続く看板には「野菜とスパイスとインド飯」。

店内はコの字型のカウンターですが、机も椅子も広々していて落ち着く空間です。

さて、こちらのメニューは基本「本日のカレープレート」のみ。
カレー2種類に付け合わせ1種とターメリックライスの基本プレートに、数種類の付け合わせから2種を選びます。追加料金で3種類以上選ぶことも可能。
すべてに特徴ある野菜が使われているのも魅力的です。

さて、本日の基本プレートは、「空芯菜とチキンキーマカレー」「薄紫大根とラディッキオロッソのダル」「ターメリックライス」「ふじ化粧カブとハーブのアチャール風」。
選んだ付け合わせは「ターサイとカブの葉の東南アジア風スパイス炒め」「ビーツデトロイトとパープルニンジンのトーレン」「スイートハラペーニョと青大豆のドライカレー」の3種類(追加料金)。
plate
どうですか、このカラフルさ。しかもそれぞれの野菜のヘルシーな色。これはすごいプレートだ!

左下から時計回りで行きましょう。
「ターサイとカブの葉の東南アジア風スパイス炒め」
国産の中国野菜ターサイ。そしてカブの葉を東南アジア風のスパイス炒めに(メニューより)
taasai
最近、近所のスーパーでもよく見るターサイです。スパイスは抑えめで野菜の味が前面に出ていますが、しっかり東南アジア風。

「ビーツデトロイトとパープルニンジンのトーレン」
中まで赤いタイプのビーツと紫色の人参のトーレン(南インドのスパイス炒め)。ビーツと人参の甘さが引き立ちます。
tohren
ビーツって甘い野菜なんだなあ、と痛感する味。

「スイートハラペーニョと青大豆のドライカレー」
辛みがなく、豊かな風味だけが残るハラペーニョと、食味が良い青大豆をドライカレーに
dry
これはメニューの通り。青大豆の食感が素晴らしいのに加えてハラペーニョの風味が絶品。これは大好きだあ。

「空芯菜とチキンキーマカレー」
強い旨みを持つ空芯菜。ベトナムなどでは生で食べます。エキゾチックなチキンキーマ
keema
生の空芯菜って初めて食べましたが、食感も香りも良くてクセになる味。

「薄紫大根とラディッキオロッソのダル」
根菜の季節。紫色の大根のダル(レンズ豆を使ったカレー)。甘みがのってきた大根。ラディッキオロッソをガーニッシュに添えて
dal
トロっとしたダルにほっくりの大根、そしてやや苦味のあるチコリの仲間ラディッキオ。バランスが良いです。

「ふじ化粧カブとハーブのアチャール風」
今日はふじ化粧カブをローズマリーなどのハーブとスパイスで漬け込みました
achar
浅漬けって感じ。爽やか。

で、ライスにのせるとこんな感じ。
curry
混ぜるのがもったいないようなカラフルさですが、混ぜ混ぜしていただきます。
それぞれのカレーの、というかそれぞれの野菜の味の違いがしっかりしていて、それぞれで食べても、混ぜても旨いです。

表参道でカラフルでヘルシー。いかにも女性うけしそうなお店でありながら、しっかりしたインド料理がベースにあるのが見える、侮れん店です。
季節毎に訪れたい!

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

ハムザレストラン/富山(射水市)

さて、金沢からの帰りにせっかくなので富山に立ち寄り。
パキスタンから来た人たちのコミュニティがあり、パキスタン料理店が充実しているという射水市へ二度目の訪問。

新幹線開通で人の増えた富山駅から、富山地方鉄道で4駅。越中三郷駅。
越中三郷駅
味のある瓦屋根の駅舎。
駅看板
新幹線を降りて4駅、12分。駅から3分でこの感じ。

ここから30分弱歩いてお店に向かいます。まあ、電車と徒歩で行くような店ではないということですね。
万歳、モータリゼーション!

ということで、田んぼの中を抜け、工業団地の中を横切り、北陸新幹線の下をくぐり・・・。
road
ちなみにお店につくまでトラックを中心とした車はすれ違いましたが、歩行者は私以外に気配なし。

なんとか到着。ハムザレストラン。
HAMZA"
12時前に到着しましたが、半分以上は席が埋まってる感じで、正午には8割がた入っている感じ。

土日のランチはバイキングということで、外に看板が出ています。
board
カレー5種にきまぐれ料理2種、ナンかロティ、サラダ、ドリンクで1300円。
viking
中に入るとカレーはアルキーマ、チキンカラヒ、アンダーチャナ、野菜カレー、カボチャカレーであることが判明。美味しそうじゃないですか。

と思っていたら、店員が「バイキングかコレね」持ってきたメニューが!
special
「カラヒ・コルマ・バローチ スペシャルDAYS」ということで、マトン料理が3つ!
マトンスキーの私に対するサービスなのか?と思うようなハッピーメニュー。
マトンカラヒ、マトンコルマ、マトンバローチがワンプレートに乗り、ナンorロティが2枚とサラダ、ドリンク付きで1500円。もう、間髪入れずにこれを注文しました。

常連さんとおぼしきお客様も大体スペシャルメニュー。バイキングの方は2〜3組って感じ。

ほどなくして「サラダでーす」と持ってきたのが、
salad
うん。半分はサラダだけど、半分は米ですよね。チキンビリヤニです。
嬉しい誤算。旨いです。

そしてマトン3種プレート。
plate
豪快な骨付きぶつ切りのマトンが3色に調理されています。

マトンカラヒ
karahi
ブラックペッパーが効いていて、3種の中ではシンプルな味なのかな? マトンの旨みがしっかり味わえる感じ。

マトンコルマ
korma
色はカラヒと似ているけど全然違う。コクがあるというかリッチでスパイスがっつりなソース。

マトンバローチ
balochi
色が全く違うように味の系列も違って、ヨーグルト系(?)の酸味にクミンやニンニクの香りが良い。

3種とも全然違う味で個性がたっぷり。どれも旨い。
骨までねぶっていただきました。

そしてロティ。
roti
焼き立てが1枚運ばれて、2枚目は自分のタイミングで頼むと持ってくるシステム。素晴らしい。

もう大満足です。近くなくても、もう少し鉄道+徒歩で行けるところにあってほしいものですが、また来たいお店です。

ちなみに帰りも駅まで30分ほど歩いた挙句、越中三郷駅で45分ほど電車待ち。
rail
まあ、なんかそういう時間も楽しむつもりで行くことが大事ですね。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

メルツバウ/金沢

福岡に続いて訪れたのは金沢。
金沢駅って派手ですよね。
金沢駅
北陸新幹線の影響で、まだ観光客はかなり多いです。

しかもこの時期はカニ解禁!
近江町
朝の近江町市場もカニ・蟹・かに。
蟹
観光客増の影響なのか、甲箱蟹は例年より高めだとか。

ということで、朝から近江町市場と兼六園を散策して朝食です。

メルツバウというアートな店名の喫茶店。
メルツバウ
こちらのお店ではトーストのモーニングの他に、「朝カレーセット」「朝ハヤシセット」「朝ミギカレーセット」が全て北陸新幹線開通記念で500円。

ちなみにミギカレーとは、カレーとハヤシの合い盛りなのですが、右側にカレーがあるからミギカレーらしいです。

ということで、朝ミギカレー。
ミギカレー
ミギカレーでヒダリハヤシ。
ああ、なんか懐かしい喫茶店のカレー&ハヤシ。
朝食としてもたれない量ですごくバランスが良い。
これにヨーグルトかゆで卵と美味しいコーヒーがついて500円は大満足です。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

カレーNADO/福岡

福岡でもう一軒。
NADO
主張のある店構えの「カレーNADO」。

このお店にはメニューが一つしかありません。
「乳(NEW)おっぱいカレー」

おっぱい(ライス)の大きさによってS・M・Lと3サイズ、全て900円とのこと。
何事も中庸が吉。ということでMをオーダー。

大きな銀皿でおっぱいが運ばれてきました。
注文毎にホールスパイスをすり鉢で潰して小鍋に投入しているので、香りが良いです。
newOPPAI
ライスのおっぱいに梅干しが乗る独特の姿。

皿の2/3くらいを占めるのはチキンカレー。
chicken
これはスパイシーだけど、ベースのカレーソースに旨みもある日本人が好きなチキンカレー。もちろん私も好き。

そして豆とキノコのカレーが、合い盛りになってます。
bean
豆のカレーのレシピはスリランカで教わったのだそうで、「スリランカの影響」「合い盛り」「店主の個性」あたりが関西スパイスカレー的雰囲気です。

ヨーグルトに和えられた紫の葉っぱは何かと思ったら、梅干しの紫蘇!梅紫蘇のヨーグルト和えですよ。これが絶妙にカレーに合うんだなあ。
「梅干を大量に使うので、紫蘇長者みたいに紫蘇があったので、和えてみたら美味しかったので。いつもはリンゴなんですけど」とのこと。

個性があり、スパイス感が高く、私は大変気に入りました。大好きな味。

さらに、気さくで話しやすい店主で、「なぜかマレーシアの人に、『このカレーはマレーシアのカレーだ』と言われた」とか、「東京でカレーを食べて自信喪失気味。東京のカレー旨いですねえ」とか、「河童橋で選んだ木べらが最高」とか、色々楽しい話を聞かせてもらいました。
drink
最後のヨーグルトドリンクを飲みながら。

福岡で美味しいカレー屋も紹介してもらいましたが、それよりも最後にオススメされた近所の居酒屋にたまらなく行きたくなりましたが、お店を出て東京に帰らなければならず、残念極まりない。
福岡に行って昼に自由に動ける時間があれば、確実に再訪します。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

AFTERGLOW/福岡

夜の博多もう一軒。
こちらも夜はバー営業のお店
ATERGLOW外観.jpg
回が落ち着いた大人の店なのに対し、だいぶ遊び心のある感じ。

頭から多肉植物。
カルダモン梅酒
手前はカルダモン梅酒。香りが良いですよ。

カレーは定番が4種類。「アフターグロウカレー」はマイルドなチキンカレーらしいです。
その他は「豆腐入り山椒キーマカレー」(通称マーボーカレー)、「煮干しカシミールカレー」、「薬膳黒チョップカレー」と個性的。

黒板に日替わりがあるのですが、カエルの足がスケキヨな犬神家カレーや、DIR EN GREY カレー(ハチノス、レバー、ラムミンチ、イカゲソ等)など、凄いメニューが。

さすがに一見でスケキヨはないよな、ということで、ラムキーマ。
ラッサムの小を一緒に。
rassam
ラッサムは豆の形が残るタイプ。酸味が丁度いい。

ラムキーマにはぶつ切りのセロリ。
curry
カレーにすりおろして入れたりするけど、ここまであからさまなセロリは珍しくない?
粗挽きのラムキーマはかなりスパイシーで、セロリとの相性は抜群です。

そのうちスケキヨを頼んでみたい。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

回/福岡

翌日の朝からの仕事のために夜着の飛行機で博多へ。
遅めの時間ですが、明日に備えてカレー分を補給しないと。

そんな訳で夜でもカレーが食べられる「回」というお店へ。
回
小洒落たカフェ的な雰囲気ですが、しっかり外にスパイシーな香りが漂ってます。

夜はワンドリンク頼むのがルールらしいです。
NEST
ネストビールのバイツェン。まぁルール無くてビールは頼むけどね。

カレープレートはカレーに塩工事ドレッシングのサラダ、ピクルス、サブジがついていて、ご飯の量が選べます。
カレーはレギュラーメニューの「スパイシーチキンカリー」「根菜と豆のキーマカリー」「スパイシーキーマカリー」の他に日替わりのカレーがあり、選ぶことができます。
カレープレート(S)日替わりのは「チキンとヤーコンのカリー」
プレート
かなりスパイシーで旨いです。
チキンはホロホロの繊維になって旨味を出し、ヤーコンは独特の食感。
サブジもそれぞれの野菜がしっかりしてて旨いなあ。

他のメニューも食べてみたい。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

すらさ[14]/武蔵溝ノ口

大好きな店、すらさ。
実は先週も来たのだけど、店主スリランカでのイベントのため、お休みでした。
最近色々なお店で「イベント出店で臨時休業」ってありますが、母国で踊ってるって理由もなかなかないです。

まずはいつもの玉子ロティ。
玉子ロティ
このスパイス感とビールが超合います。超です。つま楊枝で食べるチープさもたまらんです。

続いてはフライドリーキ。青ネギの炒め物。
ねぎ
くたくたのネギとたっぷりの煮干し。しっかりスパイス。旨し。

鯖のカレー。
鯖
ノンベジ復活して、個人的に一番嬉しいのはすらさの鯖カレーがまた食べられること。
青魚大好きなのですが、私は青魚のカレーはここが一番好き。迫るのは町田のアッチャくらいかな。

そしていつものココナツサンボル。
サンボル
これはまだベジ仕様なのかな?トマトの酸味が効いた爽やかタイプ。

まぜまぜしていただきます。
混ぜ
大満足!

〆はミルクティー。
ティー
スリランカ帰りの時は時々甘味のおまけがつきます。

蜂蜜の蒸菓子だそうです。
甘味
素朴な羊羹ってかんじ。

やっぱり、私はすらさが大好きだ、と来るたびに再認識するお店。

【過去の訪問】
  すらさ[1]/武蔵溝ノ口「骨付きラム&オクラのカレー(08年9月)」
  すらさ[2]/武蔵溝ノ口「秋刀魚&大根のカレー(09年2月)」
  すらさ[3]/武蔵溝ノ口「鮪&大根のカレー(09年10月)」
  すらさ[4]/武蔵溝ノ口「鰯&ポテトのカレー(10年1月)」
  すらさ[5]/武蔵溝ノ口「ランチセット(10年2月)」
  すらさ[6]/武蔵溝ノ口「鯖&パリプ豆のカレー(10年6月)」
  すらさ[7]/武蔵溝ノ口「秋刀魚&かぼちゃのカレー(10年9月)」
  すらさ[8]/武蔵溝ノ口「チキン&大根のカレー(11年9月)」
  すらさ[9]/武蔵溝ノ口「鰹&大根のカレー(12年5月)」
  すらさ[10]/武蔵溝ノ口「ランチのチキン&ポテトのカレー(12年7月)」
  すらさ[11]/武蔵溝ノ口「鯖&豚のカレー(13年4月)」
  すらさ[12]/武蔵溝ノ口「ベジレストランに変身!(14年8月)」
  すらさ[13]/武蔵溝ノ口「ノンベジ復活!(15年6月)」

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

エリックサウス[8]/東京

今日はエリックサウス。
東京駅に仕事で行くことはそれなりにあって、前は色々なお店に行っていたのですが、このお店ができてから手軽なのでついつい引き込まれてしまいます。

【過去の訪問】
  エリックサウス[1]/東京「MEALS READY(11年11月)」
  エリックサウス[2]/東京「ビリヤニプレート(11年11月)」
  エリックサウス[3]/東京「ビンダループレート(12年8月)」
  エリックサウス[4]/東京「鰹のスパイシースープカレー(13年6月)」
  エリックサウス[5]/東京「久々ミールス(14年8月)」
  エリックサウス[6]/東京「サバと焼きネギのアチャーリーフィッシュ(15年2月)」
  エリックサウス[7]/東京「ビリヤニ&鰹のスープカレー(15年8月)」



ということで、本日のベジミールス。
meals
いつも量がちょっと多いのでターメリックライスは抜いてもらいました。

本日の菜食カレーその1.長芋とロビア豆のココナツカレー。
coco
長芋のやわめの食感に対し、豆はやや硬め。良い感じ。

本日の菜食カレーその2・大根とセロリのトーレン。
thoren
シンプルな味ですが、マスタードシードとセロリがすごく合います。これは好きだ。

定番の野菜カレー、サンバル、ラッサムにワダもついてこの満足感。

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする