2018年11月12日

カレーのチャンピオン野々市本店/石川

ブログの更新が少し滞っておりますが、これだけは書いておかないと。

金沢(野々市は正しくは別の市ですが)まで行ってきました。
JapaneseCurryAwards2017受賞店「カレーのチャンピオン」へ

カレーをいただくだけでなく、社長から色々とお話を伺うという貴重な体験をさせてもらいました
もうチャンカレのファンになっちゃいましたね

まずはいただいたカレー
Mカツカレー+ウィンナーのミニサイズ

金沢カレーには漠然としたイメージしかなかったのですが、思ったよりスパイシーかつ旨みがしっかりあるのがチャンカレの特徴
カツが旨いのはもちろんなんですが、社長オススメトッピングのウィンナーが抜群に旨いです
世の中に揚げるためのウィンナーはないので特注で、味の濃いカレーに合わせるために鶏ひき肉がはいっているのだとか
一つ一つがしっかり考えられた完成度の高いカレーだと痛感しました

さて、本当に色々なお話を聞くことができたんですが、ここには書きにくい話もあり、特に心に残ったことを書き留めておきます

洋食屋の延長としてのカレー専門店
元々は洋食屋としてスタートしたお店
この辺の歴史はチャンカレのサイトに詳しいですが、厨房の中の感じがカレー専門店というよりも洋食屋という感じなんですよね

10年以上使い続けているとは思えない思えないピカピカに磨かれた厨房と調理器具はさすがの一言

合理化と職人技の両立
メニューを絞って安く手早く提供できる専門店にする という合理化
一方で働く人はやることが少ない分、練度が高まり職人技が極まっていくという両方の動きがあるんです

しかもメダルをお渡した本店店長や工場長といった主力は30代半ばという若手にして業歴20年近いベテランでもある
さらに金沢カレー黎明期から働く本物のベテランもいらっしゃっるんですけどね

レシピの公開も
カレーに限らずですが、私がすごいと思う料理人はレシピを隠さず公開しちゃう人が多いんです
それは過去からつながれてきたレシピを将来につなげていこうという大局的な視点と、レシピを真似しても同じ味は作れないという矜持があると思うんです
チャンカレの社長もレシピはオープンにしても良いとおしゃってました
金沢カレーといわれるものの元祖として、その発祥やレシピの流れをはっきさせたいという大局的な話と、「レシピを公開したとしても同じ味は作れない」という企業努力や優秀な従業員に対する自信を感じました

ということで、チャンカレは本当にJapaneseCurryAwardsにふさわしいお店だと痛感しました
なかなか行くのが難し場所ですが、機会があれば是非本店にいってみてください
素敵なお店です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

VIVA GOA INDIAN CAFE/原宿

単なるインド料理屋さんではなく、ゴア料理をうたうお店

今回はランチタイムの訪問

ランチメニューは普通のインド料理屋と同じような(ナンとバターチキンとか)メニューがほとんど

唯一「ゴア」とあったメニューを頼んでみました

VIVA GOA SPECIAL THALI SET
・ゴアスペシャルカレー
・ドライグラヴァー
・魚ターバフライ
・ライス
・パパド
・ソルカディ
・サラダ

エビのカレーと魚のフライが旨いです
でもやっぱり夜に来たいお店ですね


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

COSMOS/下北沢

下北沢にまたもスープカレーの新店ができていました

無添加とか薬膳とかうたってます

「20種野菜とキノコのスープカレー」

かなり具だくさんで嬉しいです

ただゴボウが驚くほど固くて…
薄いチップスにするか、なんか工夫してほしいなあ


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:スープカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

ポニピリカ[6]/下北沢

開店直後に入ったつもりなのにほぼ満席

あっという間に階段に待っている人がいるという人気スープカレー店

【過去の訪問】
  ポニピリカ[1]/下北沢「きのこ・和風スープ(14年5月)」
  ポニピリカ[2]/下北沢「北海道産エゾシカ肉ハンバーグ(14年6月)」
  ポニピリカ[3]/下北沢「キノコのカレーと冷やし海老ラーメン(14年8月)」
  ポニピリカ[4]/下北沢「フィッシュフライ&豚しゃぶ・きのこ(15年12月)」
  ポニピリカ[5]/下北沢「ラムタンとキャベツ(17年7月)」


今までに食べたことのないものにしようと思い「シーフードカレー」に

牡蠣・アサリ・鱈の入った豪華な感じ

このお店はスープは選べるのですが、シーフードは魚介のダシを活かすために和風のみ
スープがやっぱり旨いです
東京一のスープカレータウン下北沢の中でも好きなお店です



posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:スープカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

Beef Bank/川崎

川崎駅から京急川崎駅に乗り換えのために歩く途中に行列のできる店があって気になっていました

赤身の塊肉を低温調理で焼き上げるステーキのお店のようです

ランチメニューは「ビーフバンク丼」というお店の名前を冠したステーキ丼がウリです
ビーフバンク丼は肉の量が100g(XS)〜700g(KING)まで選べます
それに自慢のビーフを長時間煮込んだ特製カレーを合わせることもできて、こちらも肉の量は100g〜300gまで選べます

「牛カレー&ビーフバンク丼(150g)」+牛の旨いやつ激辛

カレーもうまそうですが、やっぱり肉に目が行きますよね

低温調理でしっとりしていて食べ応えがあります
味は控えめなので、卓上のソースや、トッピングの激辛とか、カレーとかと合わせてまた旨いです
カレーはいわゆるおうち系のトロトロのですが、牛肉は想像以上にたっぷり

どうやら川崎発で渋谷や新宿にも出店しているらしいですよ

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

ホンカトリー[6]/湯島

最近一番気に入っているお店

湯島のホンカトリー

【過去の訪問】
  ホンカトリー[1]/湯島「脱力のサンマカレー(17年9月)」
  ホンカトリー[2]/湯島「牡蠣(デカプリオ)のカレー(18年1月)」
  ホンカトリー[3]/湯島「鯖燻製のカレー(18年2月)」
  ホンカトリー[4]/湯島「うるめイワシタマリンドのカレー(18年6月)」
  ホンカトリー[5]/湯島「塩豚のカレー(18年7月)」


本日のメニューは「カツオ」と「塩豚」

カツオのカレーをいただきました

相変わらず美しい盛り付け

カツオは薄切りがたっぷり入ってます

店主とのお話も含めて楽しい時間の味わえるお店です

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

カツカレーサンド/神戸屋キッチン

パンの神戸屋は今年で100周年

その記念商品
「100周年記念サンドウヰッチ物語(大阪万博カツカレーサンド)」

昭和45年の万博で出していたものを現代版にして復刻したものらしいですよ

ボリューミーでしっかりした味

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | カレーパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

[家カレー] 鯖缶カレー

dancyuカレーパン特集のレシピから2つめの挑戦(一つ目はスペアリブのビンダルー

今回はエリックサウスのイナダシュンスケさんレシピ

魚のほぐし身を使ったインド料理「ミーンプットゥ」を手軽に作れるように鯖缶でアレンジ

これ、本当に手軽でしっかり旨いカレーなんですよ
夏野菜のアチャールとの相性もばっちり

しかもこのカレー、もう一つの楽しみ方があります

モール(塩味のヨーグルト)をかけて冷や汁のようにして食べるんです
これがまたサラサラいけて絶品

この元となるメニューの「鯵ごはん」を実は直前にエリックサウスマサラダイナーで食べています

お店のはコースの〆でもあり、量も味も上品な仕上がりなのに対し、家のは鯖缶ということもあってやや下品でがつがついける感じ
どっちもありで、どっちも旨いです


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | 家カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

旧ヤム邸シモキタ荘[4]/下北沢

東京進出から1年を過ぎ、もはや下北沢に定着した感のある旧ヤム邸

【過去の訪問】
  旧ヤム邸シモキタ荘[1]/下北沢「祝東京進出のぜんぶがけ(17年7月)」
  旧ヤム邸シモキタ荘[2]/下北沢「あいがけ×2(17年8月)」
  旧ヤム邸シモキタ荘[2]/下北沢「ぜんがけ(17年12月)」


関西に行ったときに買ったmeetsでも「大ちゃん、東京はどう?」って記事になってました

大阪でも駅ビルにも出店して好調ですが、東京も好調な感じで何よりです

そんなわけで8月のカレー「ぜんがけ」+赤辛

・キャベツの胡麻味噌ココナツ炒めのせ砂ズリとキュウリのマスタード鶏キーマ
・タコのアジアンマリネと食べるグリーンカレーな夏ポークキーマ
・モロヘイヤとオクラのさっぱりとろネバがけローズマリー香るトマトとカボチャの牛豚キーマ
(ヤムカレースーブ付き)

もう安定感のある3種類のキーマ、それぞれの上に異なるトッピングというスタイル
それぞれががっつりスパイシーでしっかりした味なのに、混ぜてもいける不思議

辛さは季節ごとに調整しているそうで、8月のカレーは東京進出後一番辛いらしいです
たしかにかなり辛かったので赤辛なくてもよかったかな

一度、平日夜のアラカルトメニューを、とは思っております

posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

オカスバカレー[2]/お花茶屋

お花茶屋のテイクアウト専門店

前回の訪問時はもうほとんど売り切れた状態でしたが、今回は事前に電話で予約

こちらの一番人気「バナナの葉っぱ包カレー」をゲットしました

見た目は普通のお弁当屋さんだけど、スリランカ家庭の味を提供する不思議なお店
到着すると、中に招き入れられて、ご夫婦とお子さんのアットホームな雰囲気に癒されます

「じゃあ包む前に写真撮影しましょう」ということになってこれです

メインはチキンカレーでビーツやキャベツといった野菜のおかずもたっぷり
「これが評判良いんですよ」というパイナップルのサラダや、私の好物のポルサンボルも、「これで包み切れるの?」と思うほどたっぷりのせて、数枚のバナナの葉っぱでつつんでくれました
ずっしり重いカレーをもって帰り家でいただきます

最近はスリランカ料理のお店も増えたけどたいていはレストランの味で、こちらは完全に家庭の味だという説明
チキンカレー、かなり辛いですが旨いっす
パイナップルの酸味も合います

自宅からは遠いので行くのも大変だし、帰りも空腹なのにスパイシーな香りをかがされて我慢するのもつらいのですが、絶対にまた行くお店です


posted by 三吉 at 23:00 | Comment(0) | レポート:カレー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする